食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

第32回 順天堂大学 都民公開講座「アンチエイジング」講座 – 婦人科的なアンチエイジング (佐藤雄一先生)

佐藤先生は日本のミスユニバースの栄養指導チームにもご参加されていらっしゃる女性の美と健康のスペシャリストです。

順大2特に印象に残っているお話は、「卵巣年齢」「成人病が胎児の時に既に発症する可能性がある」というお話です。今回は、「卵巣年齢」についてご報告します。

卵巣年齢とは、卵の年齢のことではなく、赤ちゃんとして成長することのできる卵がどのくらいの数、私達の卵巣の中に残っているのかによって決まります。血管年齢が実年齢と異なるように、卵巣年齢も実年齢と乖離していることがあるようです。

他のどの病気にも共通することですが、卵巣年齢は、飲酒や喫煙(受動喫煙も含む)、ストレス、甘い物の食べ過ぎなど、血糖値を必要以上に上昇させるような食事傾向、あるいは加工食品(食品添加物が原因)を好んで食べるような食の嗜好によって、高くなる、つまり、卵巣内の有効卵の数が同年代の人達よりも早く少なくなってしまうということです。言い換えれば、妊娠しにくい体になるだけでなく、人よりも早く閉経するということです。

健康的なライフスタイルと食事は、単に病気をしないためだけでなく、自分の将来の可能性にも影響するということなんですね。

将来、健康な赤ちゃんが欲しいと思っている方、タバコは止めましょう。ご自分が吸わなくても、ご家族のどなたか、あるいは、パートナーが喫煙されている場合には、よく話し合って禁煙してもらうか、どうしても禁煙してもらえそうにないのであれば、家庭内分煙をお願いしてくださいね。

また、体重血中のビタミンDの量が卵巣年齢に影響することも判ってきました。BMI18.5以下の痩せすぎの人血中のビタミンD量が低い人ほど、卵巣年齢は高い、つまり、妊娠しにくく、閉経が早いのだそうです。ビタミンDは、日光浴をすることで、私達の体内で創られる物質ですが、最近、皆、紫外線の害を気にして、日焼け止めを厚く塗って、日傘をさしていますものね。食べ物では、きくらげや干し椎茸、いわしや鮭(サーモン)などに多く含まれているので、あまり陽に当たらない人はそういった食品を多く食べることで卵巣年齢を若く保つことができますよ。。卵巣からのアンチエイジングですね!

ビタミンDの多い食品

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.