健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングするソフィアウッズ・インスティテュート

アメリカ最新栄養学のホリスティックヘルスコーチによる情報サイト

見ためが美しいだけじゃなくて、美味しいお花10種の食べ方

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

お花を食べたことがありますか?

日本人の私達は、たぶん、桜の花びらの塩漬けを使ったお料理を1度は口にしたことがあるのではないでしょうか。婚約の時や結婚式、入学の時や成人式などで、桜湯として頂いたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

また、秋には菊のお花のお浸し菊のりなどを召し上がる人もいますよね。

でも、お花を食べることに少し躊躇してしまうという人、あるいは、多くのお花が食べられることを知らない人もまだ少なくないように思います。

また、お花を食べることに興味はあっても、どうやって食べたらいいのか分からないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もそうでした。

もう数年以上前になりますが、米国でローフード・ヴィーガンの人が増え始めた頃、生のお花を使った美しいお料理をたくさん目にするようになりました。

その頃私は、お花を生で食べることに多少の抵抗感を持っていたのですが、それでも、世の中の流れにも興味がありましたから、どのようにお花を選べばよいのか、どのようにして食べるのが良いのかなど知りたいと思っていました。

そんな折、エディブルフラワー(食べられるお花)のイベントがあり、迷わず参加してみたのです。何事もまず体験ですよね。その時のことは『エディブルフラワーの魅力を伝えるイベントに参加しました』をご覧ください。

そして、ひとつひとつのお花にも、お野菜と同じように、異なる味や風味があることを体験し、お花を食べることへの偏見?がかなり改善されたように思います(笑)

私を含め、まだ多くの人達は、多様なお花をどのようにお料理に使って良いのか知りませんよね。

お花によっては、そのイメージ通りの美しい香と風味を与えてくれるものもあれば、苦味や辛味のあるお花もあります。葉物野菜やハーブと同じです。

例えば、リンゴのお花は、フルーツサラダに良い香りと風味を与えてくれます。

でも、菊には苦味、ベゴニアは青菜っぽいです。

お花を食べる前に注意して欲しいこと

多くのお花には、があります。

例えば、水仙は、吐き気、下痢、かゆみ、痙攣が起こし、量によっては死に至らしめます。日本でも毎年、ニラや行者ニンニクと間違って、水仙を食べて食中毒になる人がいらっしゃいますよね。

食べると有毒な植物については、こちらをご参照ください。

今回は、一般的的に、よく目にするエディブル・フラワーについて、ご紹介します。

エディブルフラワー10種の味と使い方

1.カレンデュラ(マリーゴールド)

カレンデュラには、特徴的な味はありません。どちらかというと、お料理の彩として使用されることが多いようです。花びらの色は、熱を加えても褪せることがないため、サフランの代用品として使用されることもあります。

サラダに散らしたり、チーズケーキやお菓子等にお花の形そのまま利用して用いられます。

下のマフィンには生地にカレンデュラの花びらが練り込まれています。

カレンデュラの精油は、傷の治りを速めてくれる作用もあります。カレンデュラを使ったクリームの作り方は『野外で活動する機会の増える夏、メディカル・フラワーのカレンデュラ(マリゴールド)で作るレメディが便利』をご覧ください。

2.忘れ草/萱草(かんぞう)

ほとんどのユリ科の植物には毒がありますが、忘れ草にはありません。(植物学分類上、忘れ草はユリ科ではないのです)

忘れ草の花は、肉厚で、ジューシーな食感とロメインレタスに似たやや甘い味があります。でも忘れ草は種類によって味の幅が、他の品種のお花よりも広いので、いくつか試食してみることをお勧めします。

花びらを刻んで、サラダに散らしたりして使います。

また、つぼみの中に、ハーブチーズを詰めて、天ぷらにしても美味しいですし、つぼみをオイル漬けや酢漬けにして、サラダに使っても美味しいです。

3.たんぽぽ

タンポポの葉は、とても苦いのですが、サラダやスープに使ったりできます。また根を干した後、コーヒーのように煮だして使うタンポポコーヒーもありますよね。

実はお花も食べられます。カレンデュラの親戚なので、同じような使い方ができます。

お花が開いたばかりの時が一番甘い味がします。

4.エルダーベリーの花

エルダーベリーの花は、ほんのりと蜂蜜のような香りと味がします。

白ワインやシャンパン、レモネードやアイスティー等、夏の飲物のフレーバー付けによく使用されますよね。セルフドクターの修了ランチ会の飲物として、エルダーフラワーのシロップをお出ししたことがあります。

小さなお花をひとつひとつバラバラにして、サラダに散らしても良いし、お花を一塊のまま天ぷらにしても美味しいです。

ただ、エルダーベリーの葉と実は、生の状態では有毒です。そのため、実(ベリー)も葉も加熱してから食べるようにしてください。

エルダーベリー(実)はジャムにするととても美味しいです。

5.ボラジ(ルリヂサ)

ボラジの花の味は、その強烈な見た目とは裏腹に、マイルドでキュウリのような風味があります。

サラダ、飲み物やお料理をワンランク・アップするためのアクセントとして使われます。 エレクトリック・ブルーの色合いは、かなり「映え」ます。

ボラジのオイルは、欧州の代替医療で用いられるほど…

この続きと、残り5つのお花のお話は、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録するだけで読めますよ。
ニュースレター購読者限定のキャンペーンやお得情報も配信しています

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.