ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

サプリメントからは得られないお肌を老化させずに若々しく保つ成分と最強食品

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

誰だって若々しくいたい

若々しいお肌をいつまでも保ちたいと思うは、誰しも同じだと思います。

だからプチ整形などが人気になるのですよね。

私はあまり無理をせず、歳を重ねることにあまり抵抗せず、人工的なものにも頼ることなく、歳相応に年齢を重ねていけたらいいなと、思っています。

とはいえ、年齢不相応に老けてしまうのは嫌です。

基本は内側を整えること

私達は食べたものでできています。お肌も食べたもので造られています。

ですから、外側からケアすることも大切ですが、一番重要なことは、基本の基本の内側からお肌を整えることです。

そこで、今回は、お肌の若々しさを保つ食事について、コラーゲンのサプリメントには大した効果がない科学的な理由だけでなく、効果のある意外なものについて、お伝えします。

裏付けとなる研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています。

老化は体内の炎症

老化は細胞の酸化によって起こります。

よく、体内が錆(さび)ると表現されますが、まさしく、細胞がさびてしまうのが老化です。

老化は体内で起こっているマイルドな、でも慢性的な炎症が原因だと考えられています。ある年齢を超えると増え始める生活習慣病も体内炎症が原因です。

酸化が原因なら体内の酸化を中和/還元してしまえば良いのです。

だからと言って、運動後の水素水や果物は逆効果になります。その詳しい理由は『水素水って本当に効果があるの?』をご確認ください。また『野菜と果物はあなたを殺そうとしている』もご参照ください。きっと驚きますよ。

細胞を酸化から守るには

1. 肝臓を元気に保つ

酸化還元酵素を造っているのは肝臓です。

体内で細胞の酸化を中和/還元する酵素を造ってくれているのは、主に肝臓です。肝臓が造るグルタチオンという酵素は非常に強力な抗酸化力をもっています。がんの卵まで殺してくれます。

そして、私達が口に入れるもの全てが肝臓を通ります。

食べ物だけでなく、食品添加物、アルコール、薬やサプリメントなども肝臓で、体にとって必要なものかどうか選別され、不要なものは排出されます。肝臓のこのデトックス機能が弱くなると、体にとって不要あるいは有害な物質が体内に蓄積され、炎症が起こり、老化が早まります

体全体の老化を予防する、老化を遅らせるためには、肝臓に負担をかける有害なものはできるだけ口にしないこと、そして、肝機能を健康に保つ食事をすることが、お肌老化だけでなく、全身の老化の予防にとって重要です。

肝臓の詳しい機能については『口の苦味は肝臓の病気かも?病気の兆候と肝臓を健康に保つ食べ物』を、肝臓に良い食品やハーブについては『ミルクシスル』と『サルサパリラ』をご確認ください。

2. 果物・野菜そしてナッツ・シーズを食べる

これらの食品に多く含まれているビタミンAとビタミンEは、抗酸化ビタミンです。ここではミクロ栄養素(ビタミン)の話をしますが、サプリメントではなく、こうしたビタミンを含む食品を食べてくださいね。

ビタミンE

ビタミンEは、お肌に塗ることもできます。

お肌に塗ることで、傷跡を修復する働きがありますが、食べることで、お肌の内側からダメージを予防・修復してくれます。

ビタミンEはナッツとシーズに多く含まれています。それぞれのナッツとシーズの詳しい個性については『ナッツ』『シーズ』をご参照ください。

しかし、ビタミンEのサプリメントは完全体ではないので摂っても効果が無いことを多くの研究が報告しています

簡単に言えば、

  • サプリメントのビタミンEは、ビタミンEの一部しか含まれていない
  • ビタミンEは、完全体で摂らなければ効果は得られない
  • 完全体のビタミンEは、食品からしか得られない

詳しいことは『ビタミンE』をご確認ください。上記したフルーツ以外のビタミンEを多く含む食品についてもご紹介しています。

特にビタミンEは、食べ物から摂らなくては意味がないビタミンです。

ビタミンA

お肌に塗るビタミンAが皮膚がんの発症リスクを高めることを示唆する研究報告があります。(詳しくは『パルミチン酸レチニル』をご確認ください)

そのため、やはりビタミンAもサプリメントやスキンクリームからではなく、食品を食べることが最も安全で安心です。ビタミンAの多い食品については『ビタミンA』をご確認ください。

お肌に必要な特殊なコラーゲンを増やす

多くの人がご存知の通り、コラーゲンはお肌のハリの成分です。

しかし、悲しいかな年齢と共に失われていきます。結果、皮膚が薄くなり、弾力性が無くなり、お肌のシワやたるみが起こります。だから、コラーゲンのサプリメントがよく売れるのですよね。

コラーゲンとお肌老化が起こる詳しい仕組みを2019年に発見した日本人研究者がいらっしゃいます。東京医科歯科大学の西村栄美教授等です。

お肌老化予防・改善に必要なのは17型コラーゲン

2019年に発表した論文の中では、お肌老化が起こるメカニズムが明らかにされています。

  • お肌の幹細胞間でXVII型コラーゲン(COL17A1)が多いとお肌が若々しく保たれる
  • 17型コラーゲン(COL17A1)は、加齢、酸化、紫外線などのストレスによって少なくなる
  • その結果、お肌老化が起こる

そして、17型コラーゲンの量を維持するためには、「Y27632」と「アポシニン」という成分が必要であることが特定されています。

コラーゲンのサプリメントは1型コラーゲン

サプリメントで使用されているコラーゲンのほとんどは、I型(1型)コラーゲンです。

たまにIII型(3型)コラーゲンを混ぜているものがある他、関節痛のためにII型(2型)コラーゲンのサプリメントもあります。しかし、17型コラーゲンのサプリメントは見たことがありません。西村教授も、

「17型コラーゲンの市販品は存在しない」

と述べ、誤解を与えるような宣伝をしている製品に注意するよう呼び掛けています。(なお、コラーゲンの「型」など詳しい機能については『コラーゲン』をご参照ください。)

そうした新しい研究成果を踏まえつつ、サプリメントではなく、食事でお肌のコラーゲンを維持する方法をご紹介します。

1. コラーゲンそのものを食べる

食事からコラーゲンそのものを摂ることによって、お肌のハリが戻ったとする研究報告があります。

コラーゲン、は、動物性のタンパク質に多く含まれています。特に軟骨成分に多いと言われています。

  • お肉類一般
  • 鶏軟骨
  • 豚足
  • スッポン
  • など

お肌のためにコラーゲンを摂るなら、食品から食事を通して摂ることが重要ですね。

2. 体内のコラーゲン生成に必要な成分

ただコラーゲンを多く食べたら、そのまま体内のコラーゲンが増えるわけではありません。

口から入れたコラーゲンは、一旦、胃や腸で消化分解され、再び体内でコラーゲンに造りなおされます。そのため、体内でコラーゲンを増やすためには、次の栄養素が必要になります。

亜鉛、ビタミンB6、ビタミンCについては、以前、詳しい機能とそれぞれを多く含む食品について執筆していますので、リンクを貼っておきましたのでご参照ください。シリカについては、後述します。

フルボ酸は土壌に微量に含まれている成分です。そのため、これを豊富に含む食品というものはありません。サプリメントなどもあるようですが、畑のお野菜などを食べることで自然と摂取できていると考えられます。

亜鉛・ビタミンB6・ビタミンC全てを豊富に含む食品

厚生労働省の食品成分表に基づき、3つの栄養素全てにおいて、各栄養素の1日の必要量を10%以上含んでいる食品を多い順に並べました。(1日の必要量の10%以上を含んでいる時、その栄養素を「豊富」に含んでいると表現できるとするFDA(米国食品医薬品局)の定義に沿って作成しています。)

画像にはトップ15品目しか掲載していませんが、この他にも

  • 枝豆
  • ネギ(あさつき)
  • ピーナッツ
  • ワカメ
  • 自然薯(じねんじょ)
  • ふきのとう
  • アボカド
  • たけのこ

なども、3つの栄養素を全て必要量の10%以上、豊富に含んでいます。

亜鉛、ビタミンB6、ビタミンCをそれぞれ別々の食品から摂っても、もちろん問題ありません。ただ、3つ全てを一緒に豊富に摂れたら簡単で便利だと思いましたのでご活用ください。

タンパク質・亜鉛・ビタミンB6を豊富に含む食品

ビタミンCはほぼ含んでいないものの、タンパク質と亜鉛、ビタミンB6を豊富に含んでいる食品についても表にしました。

ナッツ類からはビタミンEが摂れ、クジラ肉と馬刺しからはビタミンAも摂れます。

これらの食品とビタミンCを多く含むフルーツ等とを一緒に食べれば良いのです。

シリカ/シリコン/ケイ素

シリカは日本語でケイ素と呼ばれる希少ミネラルです。シリコンとも呼ばれます。半導体などに使われるシリコーンとは異なるものですからお間違えなく。

実は、私は「シリコン」と「シリコーン」が異なる物質とは知りませんでした。そのため、昔、缶コーヒーの原材料に「シリコン」と書かれているのを見て怖くなったことがあります(笑)

厚生労働省の食品成分表にシリカ/シリコン/ケイ素の登録がありません。そのため、各食品に含まれている正式な含有量は判りません。

そのため、ソフィアウッズ・インスティテュートは、米国農務省(USDA)が参考にしている食品中のシリカ含有量を調査したベルギーの研究論文を基に、シリカを多く含む食品をリストにしました。

含有量と体内利用率の差がかなり大きい食品があることが判ります。

・・・・・<限定公開記事にて掲載>・・・・・

・・・・・

日本のシリカ/シリコン/ケイ素の情報サイトの情報は信用できない

シリカ含有量について調べていた時、日本語で書かれたシリカに関するネット情報もいくつか目にしました。その多くが、ひえ(稗)、あわ(粟)、ジャガイモ、トウモロコシ、ゴボウ、海藻類にもシリカが多く含まれていると記載しています。どのサイトも内容がほぼ同じなので、たぶん、どこかひとつのサイト情報をコピペして利用していることが窺えす。

しかし、どれもデータ出所の記載がなく、含有量の掲載もありません。ただ「多い」と書かれているだけなので、どれくらい多いのか、また、信用できるのか不明です。

かろうじて2社のサイトには、含有量の記載がありましたが、データ出所の記載がありませんでした。また、ベルギーの研究報告の数値とは一桁くらい相違のある数値が記載されていたため、その2社にデータ出所と量の正確性について問い合わせてみました。すると1社から次のようなお返事をいただきました。

「改めてデータ出所を社内で確認したところ不明でしたので
ホームページでの掲載を取り止めます」

もう1社からは、数か月経った今もお返事をいただけていません。

そのため、日本のシリカに関するサイトの情報は、現状では、いずれも鵜呑みにしない方が賢明でしょう。調査された食品数は少ないものの、上記したベルギーの研究による数値を参考にしていただくことをお勧めします。

コラーゲンの生成を促す最強食品

アポシニンを含む食品

続きは「限定公開記事」でお読みいただけます。

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に、ご登録いただくと
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

あなたも一緒に学びませんか?

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

あるいは、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.