ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

帰省中の家族ストレスを解決する方法

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

できれば会いたくない家族や親族がいますか?

家族や親族が集まるのが年末年始。

久しぶりに家族に会えることが楽しみな反面、できれば会いたくない家族・親族メンバーがいませんか?

私にはいました。

その当時の私が出した結論は「彼女に遭遇しないスケジュールを組むこと」でした。

それでも実家は同じですから遭遇してしまうこともあります。実家に着いた途端の彼女の刃物の様な言葉にいたたまれず、1時間後には実家を後にして自宅へ逃げ帰ったなんてことも何度もありました。片道3時間の往復です(笑)

楽しみな気分が半分、でも家族/親族ストレスで憂うつな気分が半分になりがちな年末年始の休暇を、単に生き延びるだけでなく、楽しく過ごすための心の整え方について、アーユルヴェーダのスピリチュアルリーダーでもあるディーパック・チョプラ医師が書かれていましたので、和訳要約してお伝えします。

こうした家族ストレスってユニバーサルなんですね。

チョプラ先生は、私が公認ヘルスコーチの資格を取得した学校(IIN)の講師でもあるんですよ。

また、日照時間が短い冬は、ただでさえも憂うつな気分になりやすい季節ですが、特に年末年始の休暇は、うつの患者を更にうつにし、依存症の患者の依存を更に悪化させると言います。

心の整え方、大事ですね。

自分をわくわくさせる

年末年始の休暇は、1年のうちで最もわくわくする季節になるべきものです。外の世界が眠り、内面の世界が花開く理想的な季節です。

年末年始の休暇をわくわくしたものにするための秘訣は、実はとても簡単だとチョプラ先生は言います。

「自分をわくわくさせればいいんです。」

家族・親族の態度を変えたければ、あなた自身が変わればいいのだと、おっしゃいます。

でも、どう変わったらいいのでしょうか。

家族との休暇を楽しく過ごす心の整え方

1. いままで効果がなかったことはやらない

年末年始の休暇を通して、私達は、濃いーーぃ家族/親族エキスを大量摂取します。私達は、それを望みつつも、同時に、恐れてもいます。

その「恐れ」は、過去に裏切られた期待から生じています。

いつまでも変わらない、あるいは変わることを拒絶している家族/親族が元凶です。

そうした人達に対して、あなたは毎年どう対処していますか?

たぶん、同じ期待を繰り返し持っているのではありませんか?

例えば、いつも飲み過ぎて親族に恥かしい思いをさせる叔父様からお酒を遠ざけたら今年こそは普通にしていてくれるかもしれないとか、いつも説教じみた話ばかりする父親は、ちゃかしてはぐらかしてしまえば、もうそういう話はしなくなるかもしれないとか。

効果ないですよね?なかったですよね?

同じ期待をしても、同じ失望が毎年繰り返されるだけです。

彼等をなだめても効果はありません。優しくするのも効果ありません。辛辣な親戚に贈物をしても効果はありません。彼等に感謝の気持ちが欠如していることに腹を立てても効果はありません。

だったら止めましょう。

彼等に期待することを止めて、彼等に好きなようにやらせておくことにしたら、あなたのフラストレーションはかなり減るはずです。

最初のルールは、「今まで効果のなかった方法は繰り返さない」です。

2. 家族/親族が望むものを与える

家族/親族が本当に望んでいるものをあげましょう。別に家族を心理分析しろと言っているのではありません。

大抵の人は、シンプルなものを欲しがっています。

例えば

  • 正当な評価
  • 感謝
  • 承認
  • 愛情
  • 話しを聴いてくれる人

面倒くさいと思っても、しゃくに障ると思ったとしても、あなたが意識して、こうしたものを与えてあげたら、魔法が起こるかもしれませんよ。

3. 隠れた気持ちを爆発させない

時限爆弾が好きな人は誰もいません。

なのに多くの人が、隠れた感情の時限爆弾を抱えて休暇に入ります。昨年の休暇が終わった時からずっと膨張しつづけている感情が、今にも爆発しそうな状態で家族/親族に会います。

爆発させたい衝動に抵抗してください。

例え、隠れた怒りや、批判や復讐心がうっ積していたとしてもです。

あなたがすべきことは、こうした感情を建設的な方法で解消することであって、誰かに向けて爆発させることではありません。

例え、そうした感情を抱く正当な理由があなたにあったとしても、有害な感情で誰かを傷つける前に、問題の家族や親族と会う前に、どこか別の場所で別の方法で解消しておきましょう

そうした感情を安全に昇華できたなら、家族/親族との休暇で最悪な気分に堕ちらずに済みます。

4. 家族につけたレッテルをはがす

家族に会うと、過去の記憶や思い出がよみがえります。

子供時代の記憶に基づいたイメージを、私達は、子供や両親や兄弟や友達や親族に対して持っています。

そうしたお互いに対するイメージはなかなか変わりません。

だから、家族は、いつまでもあなたを昔のイメージのまま扱ってしまいます。あなたは、彼等が今のあなたを認めようとしないと感じてしまいます。

でも、きっとあなたも彼等に対してそうなのではないですか?

もし過去のイメージで扱われるのが嫌なのであれば、答えはとてもシンプルです。

あなたが、まず、成長した/変化した家族の今の姿を認め、それに相応しく扱うことです。皆、それぞれが、それぞれの人生を歩んでいることを認めることです。

そして、彼等が未来に向かって、どこへ向かっているのか知ることができれば、これから彼等とどのように付き合っていけば良いのかも分かってくることでしょう。

今日を、過去が終わった日ではなく、未来が始まった日と考えてみてはいかがでしょうか。

5. 話を聴く

確かに面倒な家族はいます。

家族だから避けることもできません。

短気、悪い酒癖、他人の言葉をさえぎったり、他者を見下したり、自慢話ばかりしたり・・・

そうした、彼等の無礼な態度には我慢するしかありません。

でも、彼等を変える必要もありません罪人に悔い改めさせるのは、あなたの役目ではありません。彼等を放っておけばいいんです。言い返さず、口論をせず、批判的な態度も示さず。

その代りに簡単なことをやりましょう。

別に、今年の年越し蕎麦の味がどうとか、年始の天気がどうとかと言った話題を放り込めと言っているのではありません。

基本に戻って欲しいのです。

例えば、

  • 相手が興味をもっているような事柄について尋ねてみましょう。
  • 彼等が抱えている問題について共感を示しましょう。でも、その話題に長く留まりすぎないことも忘れずに。
  • 相手が得意だと思っていることを誉めましょう。

言い換えれば、傾聴するのです。

面倒な人の話は聴きたくもないかもしれません。でも、そのことが面倒な人達が面倒を起こし続けるひとつの理由なんです。

もし彼等の気持ちに傾聴したら、絆が築かれる可能性が高くなります。そうしたら、あなたは彼等と何を話しても大丈夫になるでしょう。

6. わくわくすることを何かひとつやる

今のところ、どう対処するかという点について書いてきました。でも、お休みを「単に対処する」ことだけで終わらせては楽しくありません。家族との休暇を単に生き延びたというだけでは、「楽しんだ」とは言えません。

あなた自身がわくわくする必要があります

どうやったら、実現できるのか考えてみてください。

例えば、チョプラ先生のお知り合いに、家族に優しさを表現することが恥かしくて苦手なご子息がいらしたそうです。彼の家族は皆、彼のことを強い少年だと思っていたそうです。しかしある年のクリスマス、その男の子は、母親へ優しい気持ちを込めて詩を書いたそうです。その詩を美しいフォントで印刷し銀のフレームに入れ、クリスマスの朝、家族の前に立ってその詩を朗読し、母親にプレゼントしたそうです。

その瞬間、彼は天使になったでしょうか?兄弟が皆、彼を褒めたたえたでしょうか?

いいえ。母親が感涙した以外は、他の家族からは微妙な反応しか得られませんでした。でも、彼自身には、自分が何かわくわくすることをやったという自覚がありました。

その自覚が重要なのだとチョプラ先生はおっしゃいます。家族のリアクションは家族が勝手にすることだから気にする必要はないと。

あなたの内面を探して、あなたの家族はあなたに期待していないかもしれないけれども、あなたにとって理想的なわくわくする衝動を見つけてみましょう。

あなたを縛っているのは、家族ではなく、あなた自身の中の遠慮であり、恥かしさであり、臆病さではありませんか?

どうしたら家族を楽しませることができるのか考えてみましょう。少しの事前準備があれば、家族を楽しくさせてあげることができるはずです。

そうすることで、今年の年末年始休暇を楽しむことができるかもしれません。

参考文献: “How to avoid holiday distress with your family.” Deepak Chopra MD.

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

実は、このブログ記事を書いたのは2017年12月でした。その頃と比べて、私と私の天敵だった家族との関係は変わりつつあります。もちろん良い方向へです。3歩進んで2歩下がる感じですが(笑)、確実に数年前よりは、普通の会話ができつつあります。

もし今あなたが、この休暇をご家族の誰かと過ごすことに苦痛や不安に感じているとしたら、この記事が少しでもその状況を改善するお役に立てたら嬉しいです。

年末年始の家族ストレスが少しでも軽くなりますよう、祈っています。

なお、家族ストレスとは別に冬に気分が落ち込むことが多い人は『ウィンターブルースはもう歌わない』が役に立つかもしれません。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.