ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

満月は魂の成長の機会|中秋の名月のパワーで夢を叶える

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

2021年9月21日は、中秋の名月、旧暦の8月15日です。

中医学(東洋医学)の満月

陰陽説

陰陽説に基づけば、満月は強い「陽」のエネルギーで満ちています

そのため、締め付けられるような頭痛などが起こりやすく、気持ちも攻撃的になりやすい時期と考えられています。

満月の時には栄養や水を吸収しやすくなるため、ムクミなどが起こりやすい時期とも考えられています。

満月の時に食べるお饅頭は、そうした意味からも、理に適っています。

お饅頭の餡に使う小豆には、利水作用があり、お砂糖は「陰」のエネルギーをもっていますから、強い満月の「陽」のエネルギーを中和してくれます。

五行説

また、五行説に沿って、月の周期も五臓(肝・心・脾・肺・腎)に照らすことができます。

満月期と呼ばれる満月の3日前から3日後までは、「肺」と関係していると言われています。

そのため、呼吸器に関係する不調、例えば、咳、鼻水、喘息など、そして、皮膚に関係する不調、例えば、肌荒れ、アトピー、湿疹などの皮膚炎が起こりやすい時期と考えられています。

お饅頭以外にも中秋の名月のお供えするものには、サトイモやブドウや栗がありますが、これらは、どれも呼吸器や皮膚、そしてムクミに関係している「腎」に良いと言われているものです。

満月は全てのエネルギーを増幅する

満月のエネルギーによる影響は、とても大きいものです。満月の間、海の満ち引きは大きくなり、「大潮」と呼ばれる現象が起きます。それだけでなく、私達の心や体の中で起きている全てをも増幅すると風水では考えられています。

情緒が大きく乱されることもあります。

愛のエネルギーが増幅するのと同時に、狂気のエネルギーも増幅します。

そのため、私達は平常心で満月と向き合わなければなりません。

例えば、心に怒りがある時、満月のエネルギーによって更に怒りを感じてしまいます。しかし、もし幸せなら、その幸福感は更に大きくなるでしょう。

満月のエネルギーをポジティブに活用する5つの秘訣

満月のエネルギーの性質を正しく理解さえすれば、今夜の満月を、あなたがポジティブな何かを与る機会とすることができます。

満月の強力なエネルギーをポジティブな方向に向けることが大切です。そのことで、満月は、私達の精神と魂の成長にとても良い機会となります。

風水の考え方に基づいて満月のエネルギーを上手に活用する秘訣をご紹介します。

満月期(満月の3日前から3日後まで)のあいだ有効です。

1.怒りの感情をやり過ごす

満月の前後は、平常心で過ごすことが大切な期間となります。

些細なことは流してしまいましょう。深呼吸して、困難な状況を乗り越え、他者の過ちを赦しましょう。

満月の期間に争いごとを始めるのは、火に油を注ぐようなものです。

もし、ある出来事を流すことができず、対峙しなくてはならないと感じたら、せめて、満月の4日後まで待ちましょう。それまでの間に行動を起こしてしまうと、大事に発展してしまうかもしれません。

エネルギーをできるだけ、明るい楽しい前向きなもの、こと、ひと、へ向けるようにしましょう。

2.日々の恵みに意識を向ける

誰だって、ポジティブな気持ちを持ち続けることが良いことは知っています。

でも、満月の時は、特に、心と気持ちを前向きに維持することが重要です。あなたのポジティブなエネルギーを増幅させるために必要です。

例えば、朝目が覚めた時の5分間、あるいは、お布団に入ってからの5分間、ポジティブなことを考えるだけでエネルギーを好ましい方向へ増幅されることができます。

  • 「ありがとう日記」をつける
  • その日にあった「恵み」を思い出す
  • 鏡に映った自分を誉める
  • 日常の美しいものごとを探す

など

そうした心と意識から発せられたポジティブなエネルギーは、満月と共に輝き、どんどん大きくなっていきます。

3.実現したい夢を描く

満月は、「実現する力」を得るパーフェクトなタイミングです。

目標を描き、それを文章にしてノートに書き留めたり、「ビジョンボード」を作る良い機会です。

あなたの目標のイメージとなる写真を貼ったり、言葉を大きく書くのです。

毎日見える場所に貼って、満月の期間、その夢のイメージに集中する時間を作りましょう。

4.瞑想する

満月から強いエネルギーが降り注ぐこの時期におこなう瞑想は、私達に心の静けさを与えてくれます。特に、満月のエネルギーで気持ちが不安定になっていることに気がついたら、静かな場所に行き目を閉じ、ご自分の呼吸に意識を向けて、ただ座ってみましょう。

満月の時期には、多くの瞑想やヨガのグループがグループ瞑想のイベントを企画していますので、探してみても良いかもしれません。

5.他者の幸せを祈る

満月の力は、あなただけに向けられているわけではありません。あなたが友達、家族、同僚、そして見知らぬ人にも、愛情や優しさや癒しのエネルギーを送ることで、そのエネルギーを増幅させることができます。

今、新型コロナウイルスや、貧困や戦争、災害などで苦しんでいる世界中の人達に平和の祈りのエネルギーを送りましょう。そのエネルギーが増幅されてあなたに返ってきます。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.