ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

水素水って本当に効果があるの?

drops-of-water-578897_960_720

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

水素水の効能については、既に、様々な議論がありますよね。

私としても、公認ホリスティック・ヘルスコーチを名乗っている以上、自分自身の見解をまとめてみることとしました。

難しいことは、おいておいて

水素水は、私達の体内で発生する活性酸素
過酸化水素から放出される酸化物質)を
中和し無害なものにしてくれる」

ということが、水素水が私達の健康に良いとする主な主張です。

酸化物質を中和してくれるので、細胞の酸化によって引き起こされる様々な病気予防に効果があるというわけです。

  • 心臓疾患
  • 糖尿病
  • 神経疾患
  • 認知症

といった、深刻な病気予防だけでなく、

単純に、アンチエイジング老化防止)として人気が高まっているように思います。

この主張が本物かどうかということを考えてみる前に、体内で発生する過酸化水素の仕組みについて整理してみようと思います。

過酸化水素

私達の細胞は、常に、過酸化水素を発生させています。私達が生きている以上、これは止められません。

過酸化水素は、文字通り、酸素が普通よりも多く結びついた(酸素過多の)水素のことです。構造のバランスが悪いので、とても不安定な物質です。そのため、余分な酸素を放出して安定した状態に戻ろうとします。その時放出される酸素が活性酸素です。細胞を酸化させてしまいます。中でも非常に強力な酸化力を持つヒドロキシラジカルと呼ばれる物質になることがあるため、過酸化水素は、発生したら素早く中和しないと危険な物質です。

水素水は、このヒドロキシラジカルのみをターゲットとしているとの主張です。

過酸化水素は細胞の中だけでなく、身近な商品としても存在している

オキシドールオキシフル)です。

怪我をした時などの殺菌剤として使いますよね。傷口につけると、シュワシュワっと泡が出てきますが、その泡が活性酸素です。活性酸素が悪い菌を殺してくれているのです。

活性酸素は免疫機能の一部

上述したように、私達の通常の細胞内で発生した過酸化水素は、ただちに中和されないと危険です。

でも、白血球(免疫細胞)内で発生する過酸化水素は、悪い菌やウィルスを退治する役割があり、重要不可欠な私達の免疫機能の一部なんです。

ですから、むやみに、体内の過酸化水素を全部中和してしまえば良いというものでもないのです。

最近の水素水の中には、体内で発生するこの2種類の過酸化水素を区別して、通常細胞内の過酸化水素だけを無毒化できると謳っているものがあるようですね。本当でしょうか。。

過酸化水素を人工的に中和するのは逆効果

放っておけば、細胞を酸化させてしまう危険な物質ですから、もちろん私達の体は、何もせずに放っておくことはしません。

私達の体内には、ちゃんと、過酸化水素を直ちに中和する仕組みが備わっています。「グルタチオン-アスコルビン酸回路」と呼ばれる仕組みです。

体は「グルタチオン-アスコルビン酸回路」を通して、過酸化水素を中和する

そのため、運動直後に、過酸化水素を中和するものを飲食して、過酸化水を中和してしまうと、体は自ら「グルタチオン-アスコルビン酸回路」を使って中和しなくても良くなります。

それは、「グルタチオン-アスコルビン酸回路」が働く過程で生じる、体内の酸化物質が造られなくなり、結果として、体の酸化力も向上しないことを意味します。そして、「グルタチオン-アスコルビン酸回路は、刺激されればされるほど、体内の酸化物質が増えることも判っています。

つまり、もし水素水の中和効果が本物だとしたら、運動の直後に飲むのは逆効果になります。偽物なら単なる水分補給ですから構いませんけど(笑

科学的には、筋トレなど、過酸化水素を多く発生させる活動をした直後には、「グルタチオン-アスコルビン酸回路」に任せ何もしない方が、錆びない体を作るためには重要だということになります。

グルタチオン-アスコルビン酸回路の仕組み

グルタチオン-アスコルビン酸回路」という名前から察すると、グルタチオン(抗酸化物質)とビタミンCアスコルビン酸)が関わっているということが判ります。

ビタミンCとグルタチオンの他にも、NADH(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチ)とカタラーゼ等の抗酸化物質も関与しています。

カタラーゼは私達の唾液の中にも豊富に含まれています。昔よく、軽い擦り傷なんかは「唾をつけとけば治る」と言われていましたよね。これは、本当のことなんです。私達の唾液は、オキシドールと同じ働きをしてくれます。

グルタチオン-アスコルビン酸回路」は、かなり複雑な仕組みなので、詳細に踏み込むことはしませんが、簡単に言うと..

  1. 余分な酸素カタラーゼアスコルビン酸ビタミンC)が除去し、過酸化水素は、直ちに水に還元される。
  2. アスコルビン酸が引き受けた余分な酸素は、グルタチオンに引き継がれる。
  3. グルタチオンが受け取った酸素は、NADHによって還元される。

という仕組みです。本当はもっと複雑なんですが、ムリヤリ簡単にするとこんな風になります。

気がつきましたか?

この回路に「水素」は出てきません

厳密にはNADHに水素イオンが存在しているのですが、体は、直接的な水素分子を必要としない方法で、過酸化水素を無毒化しているのです。

高校化学では

「化学だなんて、ヤメてぇ~!」と、いう悲鳴がどこからか聞こえてきそうですけれど、図を観たらそれほど難しい話じゃないってわかると思いますので、図の「H(水素原子)」と「O(酸素原子)」の数を数えながらみてくださいね。矢印(⇒)の右と左で数が同じになっていることを確認してください。

では、あらためて、高校化学では、過酸化水素を安定化するために

1. 2H2O2 ⇒ 2H2O + O2  過酸化水素は、酸素を放出して、水となって安定する

化学式1
過酸化水素は、水と酸素に分解される

ここで放出される酸素(活性酸素)の中に、ヒドロキシラジカルという酸化力の高い活性酸素になってしまうものがあり、水素水は、そのヒドロキシラジカルだけをターゲットにできるという理屈ですね。

次に

2. O+2H2 ⇒ 2H2O  放出された酸素は、水素と結びついて水になる

化学式2
放出された酸素は、水素と結びついて、水になる

という化学式が成り立ちます。

この化学式を観る限り、過酸化水素から放出された酸素の中和には、水素を取りこむことが効果的なことが判ります。

だから、体は、NADHの水素イオンを使っているわけですし、最近では、水素水を飲むと良いという理屈になるわけですよね。

こうした仕組みの中で、水素水が無差別ではなく、ヒドロキシラジカルとなった活性酸素だけをターゲットにできるということに不思議を感じます。試験管の中では可能であろうと想像できますが、生体内で果たして本当に可能なのか疑問が生じます。

私達の遺伝子が選択した方法は・・

実験室でみるような、水素を直接使う簡単で効率的な方法ではなく、ビタミンC、グルタチオン、NADHとカタラーゼという物質を使う複雑な方法を私達の体は選択しています。

なぜ、私達の遺伝子は、進化の過程で、簡単で効率的な方法を採用せずに、複雑な方法を選んだのでしょうか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチとしての私の見解

市販の水素水には様々なものがあるようですから、百歩譲って、もしかしたら、体内の自然な「グルタチオン-アスコルビン酸回路」をぶっ飛ばかして、放出された酸素を細胞内で直接水素と結合させることができる状態のものがあるのかもしれません。腸から水素が吸収され、それがそのままの形で、細胞へ届き、酸素と結合するルートが私達の体内のどこかにあるのかもしれません。

ですから、水素水の全てを否定するつもりはありません。

体は合理的にできている

体に備わった自然治癒力を信じるホリスティック・ヘルスコーチとしては、私達の遺伝子が、水素そのものではなく、「グルタチオン-アスコルビン酸回路」を、過酸化水素の無毒化に選んだのには、それでなければならない理由、別の方法ではダメな理由があるに違いないと思わざるを得ません。

だって、遺伝子の目的は生き残ることですから、無駄なエネルギーを消費せずに簡単に体を守ることができるのであれば、その仕組みを採用したはずです。効果が同じなら、わざわざエネルギー消費の大きい複雑な仕組みを選ぶ理由はありません。

必ず、それでなければならなかった理由があるはずだと思うのです。

ですから、体内の過酸化水素の中和に私なら、水素水ではなく、「グルタチオン-アスコルビン酸回路」を回すために必要なものを飲食することを選びます。

具体的には

  • ビタミンC
  • グルタチオン
  • NADH(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)
  • カタラーゼ

等が豊富に含まれている食品か、これらの物質の材料となる食品です。

グルタチオン-アスコルビン酸回路に必要な食品

野菜と果物

ビタミンCを豊富に含んでいるのは、野菜果物です。

ビタミンCだけでなく、野菜と果物には抗酸化物質(ポリフェノールなど)、つまり、活性酸素を無毒化する物質が多く含まれていることは、既に誰でも知っていることですから、驚くようなことではありませんね。

ビタミンCの多い野菜と果物

ナッツとシーズ

グルタチオン

グルタチオンは、3種類のアミノ酸グルタミン酸シスチングリシン)が結合して体内で造られるトリペプチドと呼ばれる物質です。ですから、これら3つのアミノ酸が豊富に含まれている食品を食べたらいいんです。

ナッツ類が代表的な食品ですが、ナッツに抗酸化作用があることも近年よく知られてきましたよね。

また、硫黄はグルタチオンを増やしますので、硫黄になる成分を多く含む食品もお勧めです。硫黄とグルタチオンになる成分の多い食品は、更に『お肌を修復し、肌荒れの予防と改善に効く野菜と果物』 をご覧ください。

キノコ(舞茸・椎茸)、魚(魚卵・鰹・鮪・鰯)

ナイアシン

NADH(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)は、ナイアシンから造られます。

ナイアシンは食品からも摂れますし、トリプトファン(アミノ酸)を用いて体内で自前で造ることもできます。トリプトファンの1/60がナイアシンになります。

トリプトファンの多い食品は、『幸福ホルモン”セロトニン”を造るアミノ酸 – トリプトファン』 をご覧ください。

アブラナ科の野菜

カタラーゼは、肝臓に多い酵素です。でも酵素は胃酸で分解されてしまうので、カタラーゼを多く含む食品(レバーなど)を食べても、カタラーゼの状態で体内に吸収されることはありません。

アブラナ科のお野菜が体内のカタラーゼを増やすことが動物実験ですが、報告されています。

その他

アムラ(インディアン・グズベリー)や、鉄分セレンアスパラギン酸オキシカインビタミンC などを多く含んでいる食品を積極的に食べると良いと言われていますが、実証研究が少ないので確信的には言えません。

オキシカインは、南フランスのアヴィニョン地方で栽培されているヴォークルシアン種のメロンに含まれていて、グリアジンという小麦由来のタンパク質でコーティングされている物質です。他のメロンには少ないようです。またグリアジンはグルテンの成分なので、シリアック病グルテン不耐症がある人は避けてくださいね。

ちなみに、梅干しを食べると唾液中のカタラーゼは増えますが、細胞内の「グルタチオン-アスコルビン酸回路」に使われるカタラーゼが増えるのかは不明です。

まとめ

果物+菜食+魚+ナッツ類

結局、やっぱり和食が一番かなぁ~っと思えます。

こうしたバランスの良い食をして、「グルタチオン-アスコルビン酸回路」が素早く機能するような生活をおくるよりも、水素水を飲む方が、ずっと簡単だと思う人も多いかもしれませんね。だから、水素水が爆発的に人気があるのでしょう。。

水素水の効能が本物かどうかに依らず、

私には、遺伝子の都合を無視して、錠剤や液体をお手軽・簡単に体に放り込むファストなライフスタイルよりも、体の自然治癒力遺伝子の選択に寄り添うスローで丁寧なライフスタイルの方が魅力的で、理に適っているように思えるのです。

さて、話題の水素水、あなたは、どう付き合いますか?

2016年12月16日追記:

国民生活センターが、水素水として販売されている10銘柄と、発生器9銘柄について、調査し、『容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」-「水素水」には公的な定義等はなく、溶存水素濃度は様々です-』を発表しました。

また、現在、特定保健用食品(トクホ)機能性表示食品として許可されたものはなく、1つも届出すらなされていないとのことです。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.