ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

歯肉炎とプラークに効くと言われている自然療法は本当に効くのか。本当に効くマウスウォッシュの作り方

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

約95%の人が一生のうち一回は、何かしら歯周の病気を経験すると言われています。テレビでも30代から歯肉炎が増えると宣伝しているくらい、とてもポピュラーな病気です。

歯肉炎の特徴

こんな症状ありませんか?

日本臨床歯周病学会によるセルフチェック項目をここに記載します。

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

こうした症状を放置して、歯肉炎が長期化すると歯周病(歯槽膿漏)になってしまいます。

虫歯は、歯そのものが壊される病気、歯周病(歯槽膿漏)は…?

歯周病は、歯肉炎よりも深刻です。むし歯は、歯そのものが壊されていく病気ですが、歯周病は、歯を支えている歯肉(はぐき)や骨が壊されていく病気です。最後には歯が抜け落ちてしまいます。

なんと、40歳以上の日本人の約8割がこの病気に罹っているんだそうです。

歯肉炎の原因は、歯の隙間に住むバクテリア(細菌)

歯周病が怖いのは、歯が抜けるからではなく、歯周病菌が動脈硬化や糖尿病、心臓病、脳卒中やがん、早産や流産に関与していることが近年の研究によって判明しているからです。

ほとんどの人が、テレビCMなどでプラークとかバイオフィルムという言葉を聞いたことがあると思います。が、この2つ、どう違うか分かりますか?

プラークとバイオフィルムの違い

実は、この2つ同じものなのです。

プラークは、歯垢とも呼ばれますが、バクテリアの塊です。虫歯菌や歯周病菌もそうですが、私達の口のなかに住んでいる共生菌も含まれます。ネバネバした物質で、歯を覆うように存在しているため、バイオフィルムなんて呼ばれたりします。つまりプラークとバイオフィルムは同じものなのです。

私達が食べるものを栄養として、食後8時間くらいでプラークは形成されると言われています。このバクテリアの塊が増えると口臭の原因になったり、虫歯や歯周病の原因となったりします。

ちなみに、歯石は、プラークが石灰化して歯の表面にくっついたものです。この時既に菌は死んでいるので歯石は直接的には歯周病の原因にはなりませんが、歯の表面を凸凹にしてしまうので、プラークがたまりやすくなります。プラークを溜まりやすくさせることで、間接的に歯周病の原因になっているのです。

歯石は歯ブラシでは取れないので、歯医者さんでクリーニングしてもらう必要があります。

プラークの効果的な落とし方

歯石にさせないように、こまめにプラークを洗い流すことが大切ですが、プラークは水やマウスウォッシュでうがいしただけでは落ちないことが判っています。ちゃんと歯ブラシを使って歯磨きしないといけません。

効果的な歯磨きの方法

効果的な歯磨きの方法を調べた研究がたくさんあり、ほぼみな同様の結論に達していました。

  • 歯ブラシで磨くだけよりも、マウスウォッシュと一緒に磨いた方がよりプラークを除去できる
  • アルコール系と無アルコール系のマウスウォッシュの効果に差はない
  • 精油を使ったマウスウォッシュは、市販のマウスウォッシュの殺菌成分(塩化セチルピリジニウムなど)と同等にプラーク除去と歯肉炎を緩和できる

最後の一文については、

  • 市販の殺菌成分入りのマウスウォッシュほどではないが、有意に効果があったとするもの
  • 市販の殺菌成分入りのマウスウォッシュよりも効果があったとするもの

など、報告には幅がありましたが、総じて、精油には十分効果があるということでした。

まとめると

歯磨きをした後、マウスウォッシュはした方が良い。
その時、エッセンシャルオイル(精油)で作ったマウスウォッシュを使っても、十分プラーク除去と歯肉炎改善になる

と、いうことです。

ただ不思議なことに、「Essential Oil」と書かれているどの論文も、複数、本文を確認しましたが、なぜか全て、何の精油を使ったのかの記載がありませんでした。科学論文上、Essential Oilは何か特定の意味をもつのかについても調べてみましたが、特にそういうわけではなさそうです。

じゃぁ、精油ならなんの精油でもいいのか?

そういうわけにもいかないだろうし、私自身もなんだか気持ち悪いので、従来から歯肉炎に効果があると言われてきた、自然療法で歯肉炎の改善に使われている食品やハーブに絞って、ひとつひとつ、歯肉炎やプラーク除去について書かれた論文を調べていくことにしました。

ただ、全てを調べていないので調べた分だけ報告します。今回調べた食品/精油はこちらです。

  • クローブとミント
  • セージ
  • シナモン
  • アロエベラ
  • ハチミツ
  • ニンニク
  • ココナッツオイル
  • ティーツリー
  • レモングラス

従来の期待通りの結果が報告されているものもあれば、実は効果が無かったと報告されているものもあります。ひとつひとつ以下にご紹介していきます。

(裏付けとなる研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています)

クローブとミント

昔から、歯の痛みには、クローブと言われてきましたが、残念なことに、クローブ、あるいはクローブ精油のみを用いてプラークや歯肉炎の改善を検証した研究論文を見つけることができませんでした

クローブを用いたヒトを対象とする研究がないことは、『クローブの効能、あなたは信じる?信じない?』でも触れている通りです。

また、ミントフレーバーのデンタル商品が多いものの、ハーブとしてのミントやミントオイルのみを用いての研究を見つけることができませんでした

(ミントのその他のエビデンスベースの効能については『放射線療法から体を守ってくれるかもしれない、清涼感だけじゃなかったミントの力』をご覧ください)

どちらかが1成分として配合されている市販のデンタル商品の効果を検証したものはありましたが、様々他の成分も入ってしまっている商品ですから、参考にはなりませんので、ここには紹介しません。

セージ

2013年に発表された試験管試験を行った研究論文では、セージ精油の揮発性成分が有意に歯周病菌を抑制したことが報告されています。

しかし、2020年1月に発表されたヒトを対象とする研究は、セージの精油で作ったマウスウォッシュとアルコールベースのマウスウォッシュを6週間使用した効果を比較しています。残念なことに、

  • 炎症の改善とプラーク除去の両方において、セージ精油には効果がなかったと報告しています。

従来の自然療法では、沸騰したお湯にセージの葉を数枚入れ、10分ほど煮だした液を冷ましてマウスウォッシュとして歯肉炎の治療に用いられています。この方法による検証が行われていないのでなんとも言えませんが、歯肉炎の改善のためには、セージは精油を用いるよりも、従来通り、葉を煮だして使う方が良いのかもしれませんね。

(セージのエビデンスベースの効能については『米国の薬局方にも載っているマルチなメディカルハーブ、セージの効能は本物。だから危険になる人も』をご覧ください)

シナモン

シナモン精油、またはグルコン酸クロルヘキシジン(市販のマウスウォッシュの殺菌成分)、または浄水で30日間うがいをした効果を比較している研究がありました。

この続きと、更に

  • アロエベラ
  • ハチミツ
  • ニンニク
  • ココナッツオイル
  • ティーツリー
  • レモングラス

そして、マウスウォッシュの作り方については、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録すると読めます。
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.