ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

いっつも疲れている?最近物忘れが多くなった?もしかしたら、そのうちに臓器不全を起こしてしまうかもしれませんよ。

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

慢性疲労は、現代人にとっては馴染みのある不調ですよね。

  • なんとなく朝、疲れが抜けていない。
  • お昼過ぎると疲労感で集中力が激減して仕事にならない。
  • 最近、物忘れが多くなったような気がする。

そんな感覚ありませんか?

慢性疲労で病院に行くと、一般的には、副腎甲状腺の機能の検査が行われます。稀に、血中のビタミンBの値が調べられたりします。副腎疲労や甲状腺機能低下、そしてビタミンB欠乏の全てが慢性疲労と関係しているからです。

甲状腺機能低下症|(1)こんな症状ありませんか?検査の見方と間違えられやすい病気

でも、逆に、それ以上の検査が行われることもあまりありません

もし上記した検査でも慢性疲労の原因がわからなかったら、コリンホスファチジルコリン)の値を調べてみてはいかがでしょうか。

何をしてもとれない慢性的な疲労は、コリンから造られるホスファチジルコリンと呼ばれる脂質の低下あるいは不足が原因していることがあるんです。

今回は、

  • ホスファチジルコリンとは
  • ホスファチジルコリンが不足すると起こる怖いこと
  • ホスファチジルコリンが不足する理由
  • ホスファチジルコリンの効用
  • ホスファチジルコリンを不足させないためには

についてお伝えします。

(裏付けとなっている研究論文は最後に参考文献として一覧にしています)

ホスファチジルコリンとは

体内で脂肪がエネルギーとして利用や貯蔵されるには、脂肪はタンパク質と結びつく必要があります。この時、脂肪とタンパク質を結び付けるのがホスファチジルコリンで、人体に必要な脂肪です。私達の健康な細胞の中にあり、腎臓肝臓に多く存在しています。

体内のホスファチジルコリンが不足すると、細胞膜の正常な働きを保つことができなくなったり、血管にコレステロールがたまったり、疲労免疫力低下不眠動脈硬化糖尿病悪玉コレステロールの沈着など生活習慣病の原因となります。

ホスファチジルコリンなんて聞き慣れない言葉ですし、私達には馴染みのない物質のように感じるかもしれません。でも、ホスファチジルコリンは私達の身近にいます。

例えば、レシチンです。

レシチン

昔は、ホスファチジルコリンとレシチンは同じものとして扱われていたようです。でも今では、レシチンは、たくさんあるホスファチジルコリンのひとつだということが判っています。

ホスファチジルコリンは、親水性の頭部と疎水性の尾部を持っている特殊なリン脂質で、親水部にコリンが、疎水部に2つの脂肪酸が結合しています。

その疎水部に結合する2つの脂肪酸の種類(例えば、パルミチン酸オレイン酸リノール酸など)の組み合わせで、様々な種類のホスファチジルコリンが存在するのです。

ホスファチジルコリンのひとつ、レシチンは卵黄を意味するギリシャ語に由来している名称です。ですから当然、食品では、卵黄に多く含まれています。大豆芥子とうもろこしひまわりの種にも比較的多く含まれています。

コリン

ホスファチジルコリンの元となるコリンは、記憶やエネルギーに関係している神経伝達物質アセチルコリンを造るために必要な材料で、必須栄養素です。

コリンは水溶性栄養素で、ビタミンB群と関連して考えられることの多い栄養素ですが、正式にはまだビタミンBとして認識されてはいません。

コリンは、牛肉牛乳大豆などに多く含まれています。ちなみに卵には大豆の約3倍弱のコリンが含まれているそうです。

コリン不足が続くと、42日以内に臓器機能不全に

コリンが十分に含まれていない食事をしている人は、臓器機能不全を発症する可能性があることが報告されています。57人の被験者に、低コリン食を与え続けた実験では、最大42日間で、臓器機能不全が起こったことが報告されています。1か月ちょっとコリンが不足しただけで、怖いですね。

コリン不足はこんな病気も引き起こします。ご参考まで以前『IN YOU』に提供した記事をリンクしておきます。『その立ちくらみの原因、高い死亡率も認められる「起立性頻脈症候群」かもしれません。食事からできるPOTS(起立性頻脈症候群)の改善方法とは。

コリンは、肝臓でPEMT (Phosphatidylethanolamine N–Methyltransferase:ホスファチジルエタノールアミン-N-メチル基転移酵素)という酵素を介してホスファチジルコリンになります。

肝臓でPEMT酵素がちゃんと働くことに、PEMT遺伝子が関係していることも判っています。もちろん、この遺伝子だけが関与しているわけではありませんが、重要な役割を担っています。

PEMT遺伝子のSNP (スニップ)

このPEMT遺伝子にSNP (スニップ)があると、コリンが脳に到達できないケースや、ホスファチジルコリンの産生が遅くなるケースなどあり、細胞膜の修復が遅れることでエネルギーレベルに影響が現れます。慢性疲労や認知症の原因がSNPだと気づかれないまま、誤診され、何年も誤った治療が行われてしまうケースもあるようです。

SNP(スニップ)とは、DNAの塩基配列(A、T、G、Cの4種類の並び)のうち、1個の塩基が他の塩基に置き換わっているものを指します。ヒトの塩基配列は99.9%同じですが、0.1%に差異が存在していて、この差異が私達一人一人の姿形や能力の違いとなって表れます。このうち1塩基の違いが、疾患へのかかりやすさや、薬への応答性に関係していることが分かってきています。

ホスファチジルコリンには、慢性疲労の改善だけでなく、その他にも様々な効用があることが報告されています。

ホスファチジルコリンの効用

乳化作用

ホスファチジルコリンには、乳化作用があります。乳化というのは、水と油を結合させることですよね。

乳化作用を利用している身近なものと言えば、洗剤です。

肉料理をした後の脂でギトギトになったフライパンに少し水を注いで、そこに洗剤を1-2滴垂らすと、脂がすーーーと、洗剤から遠のいていくように見えます。洗剤は、水と脂を結合させて、乳白色の泡となって綺麗に脂を洗い流してくれます。

ホスファチジルコリン(レシチン)の作用も洗剤と同じです。

美容整形では、ホスファチジルコリンを基にした脂肪溶解剤を使用して、皮下脂肪を除去する施術が行われています。「注入脂肪分解・リポリーシス」と呼ばれる方法で、体の特定部位の脂肪にホスファチジルコリンを注射することで、そこの脂肪を溶かして消すのです。

卵黄に含まれているレシチンは「卵黄レシチン」、大豆のは「大豆レシチン」と呼ばれて、食品添加物しとして使用されているのを見たことがあるのではないでしょうか。

添加物としてのレシチンは、油と液体を分離させないための乳化剤として使用されています。アイスクリームサラダドレッシングマヨネーズなどによく使われていますよね。

最近では、和菓子の大福などに用いられているのをよく見かけます。お餅に油と乳化剤を混ぜることで、固くなってしまうことを防ぎ、柔らかい状態を長持ちさせるためではないかと思います。

余談ですが、マヨネーズはそもそも卵黄を使って作るのですから、わざわざ更に乳化剤を添加しなくてもいいのにと、統合食養のヘルスコーチとしては思わずにはいられませんね。。

コレステロール値の正常化

ホスファチジルコリンは、血液中のコレステロール値を正常化すると考えられています。

中性脂肪値を安定化させたという報告もあります。

ホスファチジルコリンが皮下脂肪を溶かすということを考えたら、高脂血症(血液中の高いコレステロール値)を改善するというのにも納得がいきますね。

高コレステロール食とホスファチジルコリンを摂取した場合、

  • 動脈硬化と関係していると考えられているアポリポタンパク質A
  • アルツハイマー病との関係が示唆されているアポリポタンパク質E

は増加せず、

  • 免疫機能と関係していると考えられているアポリポタンパク質Bに変化が見られなかった

ことが報告されており、また、善玉と悪玉コレステロールの割合にも変化が見られなかったとのことです。

記憶力の改善

ホスファチジルコリンのコリンが、アセチルコリンを造るために使われます。

アセチルコリンは、細胞膜の外側を潤滑にし、細胞間・シナップス間の神経伝達物質の移動をスムーズにします。脳内のアセチルコリンが異常に不足すると、記憶喪失につながると言われています。

また、アセチルコリンが減少と、アルツハイマー病の関係が示唆されています。

双極性障害の改善

双極性障害の人の脳内で、アセチルコリンが異常に不足すると躁状態が起こることが示唆されています。

被験者が少ない研究ではありますが、1日15mgから30mgのホスファチジルコリンの摂取によって、総状態が発生する頻度を減少させることができたと報告されています。

体内でホスファチジルコリンが不足する理由

もし、副腎疲労や甲状腺機能低下、そしてビタミンB欠乏のいずれも該当しないのにも関わらず、慢性的な疲労感が抜けない、あるいは、物忘れがひどくなったなどの症状がある場合には、ホスファチジルコリンの不足を疑ってみてください。

そして、不足する原因として、下に記載したどれに該当するか考えてみてください。食事を見直す、ただそれだけで、しつこい疲労感をなくせるかもしれませんよ!

  • コリン不足(偏食などによって、コリンが含まれている食品を十分に食べていない)
  • 良質な脂質不足(パルミチン酸、オレイン酸、リノール酸などを十分に摂っていない)
  • 肝機能が弱っている
  • SNPがある

などが考えられます。

ホスファチジルコリンは、それそのものを食べても慢性疲労が改善する

ことが報告されています。

『栄養ジャーナル(the Nutritional Journal)』に掲載された研究で、ホスファチジルコリンのひとつ、大豆レシチンが中年女性の疲労感を改善するかを検証したものです。

疲労感を訴えている閉経後の40歳から60歳の女性96名が被験者です。それぞれのライフスタイル、循環器の状態、精神状態などは異なります。

女性達は、3つのグループに分けられました。

  • グループ1:毎日、1,200mgのホスファチジルコリン入りの錠剤を摂取(32名)
  • グループ2:毎日、600mgのホスファチジルコリン入りの錠剤を摂取(32名)
  • グループ3:毎日、プラセボ(疑似薬)を摂取(32名)

を2か月続けてもらいました。

実験後の疲労感の検証には、運動検査は行われず、質問票に回答する形式が採られています。

サプリメントを飲んだグループは、両方とも、実験開始時と比較して、疲労感が改善していました。容量の多いサプリメントを飲んだグループの結果が最もよく、単に元気になったというだけでなく、下の血圧と心臓足首血管指数が改善していたとのことです。

あなたにSNPがあってもなくても

  • 慢性疲労がある
  • 物忘れが多くなった
  • 甲状腺機能低下ではないかと心配している
  • 副腎疲労ではないかと心配している

のでしたら、もちろん病院でちゃんと検査を受けることが大切です。甲状腺機能低下症や副腎疲労ではないことを確かめることが、まずは重要です。それぞれ異なる食事療法が必要ですからね。

甲状腺機能低下症や副腎疲労ではないのでしたら、日々の食事にバランスよく、良質な油と、大豆や卵などを取り入れてみてください。

ホスファチジルコリン(レシチン)は、サプリメントとしても購入することができますが、サプリメントになっているレシチン(ホスファチジルコリン)は、大豆から抽出したレシチンを使用しているものが多いですが、遺伝子組換えされた大豆を用いているケースがほとんどだと聞きます。

ひまわりの種から抽出したレシチンを使っているものもありますが、どちらにしても遺伝子組換えされていない大豆や種を使っていることを確かめてから購入してくださいね。

また、レシチン(ホスファチジルコリン)の過剰摂取による腸内細菌への悪影響も報告されていますので、むやみにサプリメントで摂取することはやはりお勧めしません。レシチンは、乳化剤であることをお忘れなく。

公認ヘルスコーチとしては、繰り返しになりますが、サプリメントではなく、大豆ひまわりの種牛肉とうもろこしなどを日々の食事に偏りなく加えて欲しいと思います。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.