ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

制酸剤(プロトンポンプ阻害剤)は服用し続けても大丈夫?|制酸剤との付き合い方と止め方

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

ピロリ菌除菌で増えている逆流性食道炎

2015年に『ピロリ菌は病原菌ではなく共生細菌(1)ピロリ菌を除菌すると食道がんの発症リスクが高まる』を執筆してから、もう7年が経ちましたが、とうとうピロリ菌除菌が胃酸過剰や逆流性食道炎などの発症の原因のひとつとして日本消化器病学会のホームページにも掲載されるようになりましたね。

ピロリ菌を除菌した人が増加するに伴い、胃酸の逆流や逆流性食道炎になる人が増えています。

制酸剤を日常的に飲まれているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ハーバード大学医学部のローレン・ラビノヴィッツ医師が制酸剤のひとつ、プロトンポンプ阻害剤(PPI)について、記事を書かれていましたので、情報シェアの目的で和訳要約してお伝えすることにしました。

プロトンポンプ阻害剤とは

プロトンポンプ阻害剤は制酸剤です。処方薬と市販薬の両方があります。

代表的なプロトンポンプ阻害剤には次のものがあります。

  • オメプラゾール
  • パントプラゾール(プロトニックス等)

消化性潰瘍疾患、食道炎、胃食道逆流症、ピロリ菌感染など、いくつかの胃腸障害の治療に用いられています。

米国消化器病学会の新しいガイドラインは、プロトンポンプ阻害剤を適切に使用しようするよう訴えています。具体的には、次のことがらを強調して推奨しています。

治療を必要とする症状にとって、
最も低用量かつ最も短い期間で使用すること

ラビノヴィッツ医師によれば、プロトンポンプ阻害剤は、必要以上の量を必要以上に長い期間使用されることが頻繁に行われてしまっているとのことです。

プロトンポンプ阻害剤の使用期間を短くできるケース

プロトンポンプ阻害剤の使用が短期間にできるのは、例えば次の様なケースがあります。

  • ピロリ菌感染の治療時に、抗生物質に加えて処方されるケース(通常1~2週間)
  • 胃や小腸に潰瘍がある人、または食道に炎症がある人に処方されるケース(通常4~12週間)
  • 胃酸の逆流や腹痛(消化不良)があるケース
  • 医師が腹痛の原因を特定するための検査を行っている間の症状緩和に処方されるケース

症状が改善したり、治療が完了した場合には、低い用量にしたり、投薬を完全に中止することが可能です。(しかし、後述しますが、リバウンドがあるので急に止めることはできません)

プロトンポンプ阻害剤の使用期間が長くなるケース

次の様な特定の疾患や症状がある場合には、長期にわたってプロトンポンプ阻害剤を使用しなくてはならないことがあります。

  • 重度の食道炎
  • 重度の胃酸逆流
  • 好酸球性食道炎
  • 食道狭窄
  • バレット食道(逆流性食道炎が原因で起こる症状。胃酸の逆流によって食道の扁平上皮がただれて、胃の円柱上皮が食道に上がってきてしまった状態。食道がん予備軍)
  • 特発性肺線維症
  • プロトンポンプ阻害剤を中止すると悪化する消化不良または上気道症状

胃と十二指腸の消化性潰瘍によって、上部消化管出血の病歴がある人は、再発防止のために長期的にプロトンポンプ阻害剤を使用しなくてはならないとのことです。

プロトンポンプ阻害剤の副作用

プロトンポンプ阻害剤によって副作用が起こることは稀です。でも、どんな薬にも副作用が起こる可能性はあります。

プロトンポンプ阻害剤による副作用には次の様なものがあります。

感染症リスクについては、特定の感染症、例えば、肺炎やC・ディフィシル菌感染(難治性大腸炎)などのリスクを増加させることが判明しています。

以前は、プロトンポンプ阻害剤が認知症リスクを高めるという懸念がありましたが、新しい研究によって、この関連性は否定されています。

他の医薬品への影響

プロトンポンプ阻害剤は、次の様な他の薬と薬物相互作用を引き起こすことがあります。

  • クロピドグレル(抗血小板薬)
  • ワルファリン(抗血液凝固剤)
  • 抗てんかん薬
  • HIV薬

などです。

そのため、これらの薬を服用している場合には、投与量の調整が必要になりますので、必ず、医師に伝える必要があります。しかしこれらの薬に限らず、どんな薬であれ、服用している薬や量について変更があった場合には、全て医師に伝えることが重要ですね。

プロトンポンプ阻害剤は急に止められない

現在、既にプロトンポンプ阻害剤を服用している場合には、お薬を減らすにしても中止するにしても、必ず、医師と話し合い、その指示に従う必要があります。

プロトンポンプ阻害剤は、急に止めるとリバウンドを起こしてしまうからです。

急性症状で服用が比較的短期間だった場合

胃潰瘍からの出血を防ぐために、あるいは、重度の胃酸の逆流症状がある場合などの急性症状には、一般的に、1日2回 のプロトンポンプ阻害剤が処方されます。

そして、症状が改善するなどして服用する必要が無くなると、大抵、1日1回に減らすことから始まり、その後、症状を観察しながら毎週半分ずつ、徐々に減らしていくことになります。

急性の症状であっても、症状が改善したからといって、直ぐにお薬を止めて良いわけではないのです。

慢性症状で服用が長期間だった場合

長い期間、プロトンポンプ阻害剤を服用していた場合には、急に服用を止めるとリバウンドが起こることが研究によって報告されています。胃酸の過剰分泌と食道や胃の上部への影響が再開してしまうのです。

リバウンドが起きた際には、プロトンポンプ阻害剤以外の次の様な制酸剤が処方されます。

  • H2ブロッカー(ファモチジン、ガスター等)
  • 炭酸カルシウムを含む制酸薬(沈降炭酸カルシウム等)

などです。

それでもリバウンド症状が2か月以上続いた場合には、再度、プロトンポンプ阻害剤が処方されることになります。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

プロトンポンプ阻害剤を必要としないような生活をおくることが一番に重要なことです。

それには、以前、ソフィアウッズ・インスティテュートが執筆した『逆流性食道炎に記載している食事やライフスタイルが役に立ちます。ご確認くださいね。

予備軍の状態にある人は、お薬を必要とするほど悪化させずに済むかもしれません。

でも、もし、プロトンポンプ阻害剤を飲まなくてはならないような状態になった時には、自己判断で薬を減らしたり止めたりしないでくださいね。

そして、お薬を服用している人も、上でご紹介した症状の改善を後押ししてくれる食事とライフスタイルを取り入れることが重要です。私達はどうせ1日3食食べるのです。どうせ食べるのなら、せめて症状を悪化させないものを食べましょう。

お薬を早く少なくできるかもしれません。

そしてもし、おひとりで取り組むことに不安や困難を感じるのなら、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

現在クリスマスキャンペーン中です

12月5日~18日の間で初回相談日をお選びください。ご予約を11月28日から承っています。

初回のご相談は無料です

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

参考文献

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.