ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

虹色のジュースとスムージーそれぞれの色のもつ意味

color3

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

カラフルに食べることは、私達の健康や美容にとって最適です。

カラフルな色素の基になっているファイトニュートリエントは、体の様々な機能を向上させるだけでなく、病気の予防にもなります。まずは、色の持つ意味を知って、健康や体調の調整に役立てましょう。

私がヘルスコーチの資格を取得したニューヨークにある米国最大の統合栄養専門学校のインスティテュート・フォア・インテグラティブ・ニュートリッション(IINTMと略します)では、5色のジュースとスムージーのレシピを公開しています。

ここでは、日本で手に入る材料でもできるレシピを、その中から選んで、ご紹介します。全て、IINTMの卒業生から寄せられたオリジナルなものばかりですよ!各色のタイトルをクリックしてくださいね。

赤色は心臓の健康の色

自然の赤色は、リコピンアントシアニンが豊富な証拠です。血圧を安定させ、循環器の機能を向上させる働きのあるファイトニュートリエントです。

>>『赤色のスムージー|心臓の健康の色』へ

オレンジ色はがん予防の色

オレンジ色はβカロテンが豊富な食べ物です。免疫力を高め、がん心疾患感染症予防に役立ちます。

>>『オレンジ色のスムージー|がん予防の色』へ

黄色は胃の健康とお肌の美しさの色

黄色の食べ物には、ビタミンCが豊富です。肌トラブルを防ぎ、健康的なお肌を維持してくれます。また、胃腸を強くして臓器炎症アレルギーの軽減にも役立ちます。

>>『黄色のスムージー|胃の健康とお肌の美しさの色』へ

緑色は肝臓とデトックの色

緑色はクロロフィルの色です。天然の血液浄化剤です。赤血球数を増やし、肝臓腎臓毒素を排出する働きを助けます。

>>『緑色のスムージー|肝臓とデトックスの色』へ

紫色はアンチエイジング・長寿の色

青色と紫色は、他の色よりも一番抗酸化物質が多いことを表しています。アンチエイジング老化防止、免疫力をアップして様々な病気を予防する長生きの色です。

>>『紫色のスムージー|長寿/アンチエイジングの色』へ

参考:

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.