食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

【速報】肉を食べ続けても病気にはならない!?という衝撃ニュースの裏側

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

本日(2019年10月1日)発表された米国内科学会年報the Annals of Internal Medicine)に掲載された論文『Unprocessed Red Meat and Processed Meat Consumption: Dietary Guideline Recommendations From the Nutritional Recommendations (NutriRECS) Consortium』が大きな問題となっています。

米国の内科学会年報は、非常に権威の高い会報誌です。

そこに掲載された論文が、結論として、

「赤肉(四つ足動物の肉)と加工肉(ソーセージやハムなど)を今まで通りに食べ続けても病気にならないから大丈夫」

と、していることが議論を呼んでいるのです。

この結論を読んで、喜んだ人もいるかもしれませんね。

しかしWHOは肉を発がん性物質に分類している

2015年にWHO(世界保健機構)は、赤肉と加工肉を発がん性物質と認定しています。 (参考:『赤肉と加工肉が発がん性物質だという意味は?お肉は食べたらいけないの?WHOによる発表をわかりやすく解説します。』)

その記憶もまだ新しいのに、いったいどういうことなのか、 PCRM責任ある医療を目指す医師の会)の会長ニール・バーナード医師が、その論文の真の(裏の)目的について解説していますので、ご紹介します。

人心を惑わす不誠実な情報として、連邦取引委員会に申し立て

ニール・バーナード医師(冒頭の写真) は、その論文が、購読者数を伸ばすためだけの悪徳商法に基づいて書かれた論文であるとして、米国連邦取引委員会(FTC、日本の公正取引委員会のようなところ)に申し立てを既に行ったと報告しています。

ちなみにニール・バーナード医師は、私が資格を取得したNYCの学校(IIN)の講師で、とても紳士的気で人気も高い先生です。

先生は自ら今回の一連の騒動についてお話になっていますので、先生のお話を直接お聴きになりたい方は、以下のリンクからどうぞ。

  • フェイスブックにアカウントがある方は、こちら でビデオがご覧いただけます。
  • ポッドキャストで聴きたい方は、こちら からお聴きいただけます。

ご覧になっていただければ分ると思いますが、先生はとても穏やかに、この不愉快な出来事に際してお話をされています。声を荒げたり、相手をひどく批判することもせず、ただ、客観的な事実をにこやかに説明されているのです。

ますます好きになりました(笑)

ただ、ビデオ/ポッドキャストの時間は36分で、全て字幕なしの英語なので、英語が苦手という方のために、下に骨子をご参考までまとめておきます。

申し立て理由と内容の骨子

  • この論文は、独自にデータを収集し調査分析したもの、つまり新しい発見について報告しているものではなく、過去に発表された研究論文を集約し整理したものである。
  • そのため、論文の本文においては、肉食の量を減らすことで、糖尿病を含む生活習慣病を改善・予防できるとするデータが紹介されている。
  • しかし、なぜか、結論の箇所においてのみ、「従来通り肉を食べ続けても問題はない」となっている。
  • 内科学会年報がこのような論文をなぜ掲載したのか不思議でならない。
  • この論文の最後には、「この結論に疑義のある人は、NutriRECS に購読登録することで意見を投稿できます」とされている。
  • つまり、炎上ネタを提供することで、購読登録者数を伸ばすことだけを目的とした、センセーショナルな結論をむりやりつけているだけなのではないかと思われる。
  • また、多くの人は論文の内容を読むことはせず、タイトルだけを見て情報を気軽にシェアしてしまう傾向にあることを悪用し、購読者数を伸ばすための拡散目的でセンセーショナルなタイトルをつけていると思われる。
  • 確かに、多くのメディアがセンセーショナルに取り上げてしまっている。
  • FTC(米国連邦取引委員会=日本の公正取引委員会のような役所)に不誠実な情報提供源、人心を惑わす詐欺行為として、既に申し立てを行った。

と、のことです。

センセーショナルな情報に惑わされずに賢く選択

皆さんも、今後、「肉をいくら食べても病気にならない」というような、この論文を基にしたニュースや記事を目にすることになると思います。

今日公開になった論文ですから、日本で話題になるのはこれからだと思います。

その際には、このブログを思い出しでいただければ幸いです。

なお、この問題についてSNSに投稿する際には、ハッシュタグ #CancerCausingClickbait を付けて欲しいとのことです。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.