ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

胎盤から大気汚染ナノ物質発見で、心配になるお部屋のフレグランスや柔軟剤

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

ネイチャーコミュニケーションズに発表されたベルギーのハッセルト大学(Hasselt University)の科学者による研究です。

(裏付けとなる論文は最後に参考文献として一覧にしています)

妊娠中の女性が吸い込んだ大気汚染ナノ粒子が、肺を通って、胎児がいる側の胎盤に侵入していたことを示した報告書です。

出産時の母親から寄贈された胎盤から発見したのです。

今まで、胎児は胎盤に守られ、子宮内の無菌環境で成長していると考えられてきましたが、今回の発見は、胎盤のバリアーを大気汚染物質が貫通していることを示したのです。

これは、胎児が排気ガスなど、大気汚染物質にさらされている可能性を示す証拠となりました。

大気汚染物質と、流産・早産・未熟児出産との関係は、因果関係

ニュージャージー州とペンシルヴァニア州が、高速道路の料金所をETCに変更した後、ETCの半径1マイル(1.6km)内で、早産と未熟児出産率が激減し、マッカーサー基金の調査によれば、結果として、4億4千万ドル(約440億円)の医療費削減になったという報告があります。

そのことから、大気汚染と好ましくない出産結果との間に関係があることは既に明白だったのですが、

その因果関係を証明することは、今回、胎盤から大気汚染物質が発見されるまで困難でした。

今回の研究では、出産10分前の胎盤を分析しているため、胎児が大気汚染物質を実際に吸い込んでいたということまでは証明していないのですが、

胎盤の内側から大気汚染物質が発見されたということは、胎児が大気汚染物質に直接曝されていることを示す重大な証拠となりました

プリンストン大学の健康経済学者であるジャネット・キュリー博士は

「これは、スモーキングガンだ」と述べています。

(※スモーキングガンとは、煙の出ている銃口、つまり、言い逃れのできない証拠、現行犯証拠という意味)

母親が大気汚染物質を多く吸い込んでいればいるほど、胎盤からも多くの大気汚染物質が発見されています。

特に、バス通りに面したところに暮らしている母親からは、大通りに面していないところで暮らしている母親と比べて、約2倍の大気汚染物質、1立方センチメートルに平均して20,000ナノ粒子、が発見されたということです。

PM2.5などのナノ粒子を含む大気汚染物質は、幅広い発生源から起こります。

  • ディーゼルエンジン
  • 発電所
  • 炭火グリル
  • 石油ランプ

だけでなく、

  • 黄砂として舞ってくるものもありますよね。
  • 副流煙も含め、タバコだってそうです。
  • また、柔軟剤お部屋のフレグランス製品などに使われているナノ化された香料だって化学物質ですし
  • ナノ化粧品だってそうです。

母親が吸い込むナノ化された化学物質は、全て、胎盤を通り抜けて、胎児に届く可能性があることを今回の研究は証明したのです。

胎児の時に、そうした大気汚染物質によってダメージを受ければ、一生消えない精神的・身体的な健康問題となりえます。

ハッセルト大学の第一筆者である、ティム・ナウロット博士も「全ての臓器が成長段階にある時期ですから、人生で最もダメージを受けやすい危険な時期です。」と述べています。

研究対象となった被験胎盤は25名分と、少ないものの、胎盤から見つかったということ自体が重要なんだと、胎盤分野で最先端を行く専門家で、ピッツバーグ大学医療センターのヨール・サドヴスキー博士は述べています。

「次の段階は、どれくらいの量の大気汚染物質が胎盤に吸収されると、胎児にダメージが起こるのかを判明させることになるでしょう。」

胎盤を食べる時は、気をつけて

意識の高い女性達の間で、出産後の自分の胎盤をカプセルにしてもらって、サプリメントのように食べるという行為が5年ほど前から日本でも行われており、海外ではもっと前から行われています。

そうした志向の女性は、たぶん、タバコは吸わないでしょうし、化学系の香料の入ったものは使わないと思いますのでその辺は心配しません。

が、黄砂の多い地域あるいはバス通りに面したところに住んでいる方は、あるいは、アウトドア系でBBQが好きという場合は、要注意ですね。

ちなみに、自分の胎盤を食べるという行為は、人間以外の動物では自然に行われている行為です。そのことで、出産後の様々な心身の健康問題を回避・予防することができると考えられています。例えば、人間の場合、産後うつが予防できるなど。ただし、科学的な裏付けは今のところありません

ご関心のある方は、胎盤をカプセルに入れてサプリメントにしてくれる専門の業者に依頼することになりますので、調べてみてくださいね。

参考:

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.