いつもの食事が美味しく感じられなくなったら疑うべき病気と薬

2024/04/23/

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

ある日突然、今まで美味しく食べていたものが、全部同じ味に感じられたらどうしますか?

全部、ぼやっとした味に感じられたり、みんなが美味しいと言っているのに、あなたにはとても不味く感じられたり、食べたものから金属の味がしたらどうしますか?

マッシュポテトが錆びた釘のような味がしたり、普通の水から金属の味がしたり、みなが美味しそうに食べているヨーグルトから悪臭を感じたり、味がしないはずの水がものずごく不味く感じたり・・・。

これ全部、味覚障害/味覚低下の特徴的な症状です。味覚障害が起こると、味がまったく感じられなくなったり、とても薄く感じられたり、口の中に金属のような苦味が感じられたりします。

こんなことが突然起きたら、誰でも不安になりますね。

そんな時は、慌てずに周囲の人、例えばご家族やお友だちに同じものを飲食してもらって、その食品が本当に不味いのか、あなたの味覚に問題があるのかを客観的に確認してみましょう。

本当に不味いのかもしれませんからね(笑)

食事が美味しくなければ、食べる気力や食欲が失われます。そんな状態が続けば栄養不良にもなるし、体重が減って免疫力や体力も減退します。それだけでなく、軽度のうつを発症してしまう人もいます。

不味いものを食べたいと思う人は、いませんからね・・。

味覚障害/味覚低下が起こる原因には、次のようなさまざまな疾患が関係しています。

  • 急性ウイルス性疾患
  • 亜鉛欠乏症
  • 甲状腺機能低下症
  • 外傷性脳損傷
  • 肝疾患
  • アレルギー性鼻炎
  • 医薬品

などです。

急性ウイルス性疾患では、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中、感染した多くの人が嗅覚と味覚を失ったことが記憶に新しいですね。

回復後においても数か月にわたって、味覚や嗅覚が戻らなかった人や、今でも味覚が回復しないままの人もいらっしゃるようです。ただ幸いなことに、多くの人の味覚と嗅覚は、病気の快復と共に正常に戻っています。

急性ウイルス性疾患回復後においても味覚が戻らない原因のひとつとして、亜鉛欠乏が部分的に関係しているのではないかと考えられています。

亜鉛と味覚との間に関連性があることが多くの研究によって明らかにされています。亜鉛は、味と匂いの知覚に関与する重要な微量栄養素です。

そのため、亜鉛が欠乏すると、味覚の受容体が正常に機能しなくなり、その結果、味覚が歪むことがあります。

亜鉛の詳しい機能については『亜鉛』をご確認ください。

甲状腺の機能低下で起こる甲状腺機能低下症は、味覚に大きな影響を及ぼし、甘い食べ物や塩辛い食べ物を「変な味」と認識するようになることが知られています。

理由は、甲状腺ホルモンのひとつT3の活性が低くなると、味覚と嗅覚に異常や減退が起こるからです。また、甲状腺ホルモンの活性には、亜鉛も関与しているため、甲状腺機能低下症で味覚異常が起こることには、亜鉛不足が関係している可能性が指摘されています

幸いなことに、この味覚障害も一時的なもので、甲状腺ホルモンの数値が正常に戻れば自然に治ります。

ただし、甲状腺ホルモン薬を服用している場合には、ホルモン値が正常になっても、薬の影響によって味覚異常が残ることがあります。

実は、甲状腺機能低下症と味覚異常について、私はかなり以前から経験的な観察によって知っていました。プライベートヘルスコーチングプログラムを受けてくださるクライアントさんの多くに、腸内環境の改善や免疫力向上のために、ご家庭で作って食べていただくことをお勧めしている食品があるのですが、甲状腺機能低下症のクライアントさんたちだけは、いつもこう言うのです。

「作ったけれども不味くて食べられない」

初めて甲状腺機能低下症のクライアントさんを担当した時には、甲状腺機能低下症で味覚異常が起こることを知りませんでしたから、かなり困惑しました。一般的にはかなり美味しい食べ物で、私自身も毎日食べているものだからです。

それを「不味くて食べられない」というのは、いつも決まって甲状腺機能低下症のクライアントさんだと気づいた時に、病気と味覚に関係性があることを確信しました。

その後は、この食べ物を食べた時の感想によって、甲状腺機能低下の兆候を判別できるのではないかと考えるようになり、その食品を「不味い」という講座の生徒さんやお友だちには、もれなく甲状腺の検査を勧めています。

その後、甲状腺機能低下症で実際に味覚異常が起こることを知り、観察からの自らの演繹力の正しさにちょっと嬉しくなると共に、深く納得した次第です。

・・・・・

・・・・・

続きをご覧になるには、ニュースレターへのご登録が必要です

下のフォームにご入力されたメールアドレスに「限定公開記事」へのリンクがついた
Welcomeメールをお送りします。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

多くの人にとって、味覚障害は、一時的な症状で、ベースとなる疾患が治れば、味覚障害も正常に戻ります。

ですから、味覚に変化が生じた時には放置せずに、病気の可能性を考慮してお医者様に相談して検査を受けるか、何かしらの医薬品を服用している人は、まずは、薬剤師さんなどに相談してくださいね。

もしおひとりで取り組むことに不安や難しさを感じるのでしたら、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

共著『運命は小さな一歩で変えられる』のご購入は下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング