食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

私の立ちくらみ、貧血、そして朝が超苦手だったのは、低血圧が原因じゃなかった

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

夏、母の退院後の定期検査に付き添いをした際に、受付に置いてあった血圧測定器で測ってみた結果が、上の写真です。

日本では特に低血圧の定義を明確にしていないようですが、上の血圧が100以下・下の血圧が60以下の場合をお医者様が低血圧と診断されるケースが一般的なのだそうです。

上が93で下が56の私は、ヘルスコーチとなった今でも立派な低血圧ということになりますね(笑)

この結果に少なからず私自身驚きました。

子供の頃から血圧は低く、高校生くらいの時は、下が53とかの時もありました。医者からは「血が足りない」つまり貧血だとよく言われていました。

朝は苦手でしたし、朝礼でずっと立ち続けていることもできませんでしたし、立ちくらみはしょっちゅうでした。

こうした症状は、低血圧が原因なのだと思っていました。

しかし、今現在は、まったくありません。

朝起きることも辛くありません。なんなら日の出と共に起きられます。立ちくらみもありませんし、暑い日だってへっちゃらです。めまいがすることもなくなりました。

だから、てっきり私は、統合食養学の実践のお陰で、低血圧が治り、少なくとも正常範囲になったのだと思っていました。

なのに、今回のこの結果です(笑)

つまり、私の

  • 朝が苦手
  • 立ちくらみ
  • めまい

と、いう低血圧に特徴的な症状は、実は、低血圧が原因ではなかったということになります。

2018年にIN YOUに提供した記事『その立ちくらみの原因、高い死亡率も認められる「起立性頻脈症候群」かもしれません。食事からできるPOTS(起立性頻脈症候群)の改善方法とは。』の中で、私の立ちくらみは、起立性頻脈症候群だったのではないかという推理を書きましたが、ますます確信を強くしました。

もう何十年も偏食はありませんし(嫌いなものはありますが、食べられないということはなくなりました)、塩分を不必要に欲することもありません。一般的な外食の味付けが濃すぎると感じることの方が多いです。

貧血症状もありません。
低血圧の症状がないのに、低血圧のまま(笑)

症状がないとはいえ、低血圧の状態は改善させた方が良いのでしょうか。

でも、加齢によって血管が硬化して血圧は自然に上がって来ると言いますし(笑)

不快な症状もないのに、今、わざわざ血圧を上げる必要もないかな。

なんて思って放置することにしました(笑)人体観察ですね。
これも私のバイオ個性なのかもしれませんし。

もし皆さんも「低血圧だから・・」と思っている症状がありましたら、そうではない可能性も疑ってみてくださいね。起立性頻脈症候群は、そのまま放置していたら死に至るかもしれない病気です。要注意です。

参考:『早起きは三文の徳か?朝型人間と夜型人間のなぞとCEOが早起きな理由

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.