アボカドとサーモンの豆乳クリーム煮

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

オーガニックのアボカドを先日購入し、ちょうどいい感じになってきたので、サーモンと一緒にお料理にしようと思い立ち、鮭(サーモン)を探しにスーパーに行ったら、なんと、ノルウェーサーモンがありました。

国産の養殖サーモンと比べたら少々お高かったのですが、興味も伴い、購入しました。

  • アボカド・・・1個
  • フェンネル(粉末)・・・小さじ1杯
  • 塩・・・少々
  • 豆乳・・・1カップ
  • ニュートリッショナルイースト・・・小さじ1杯
  • エキストラヴァージンオリーブオイル・・・適量

フェンネルの粉末しかキッチンに無かったので、それを使いましたが、もしフレッシュなディルがあれば、ディルを使っても美味しいと思います。もちろん、フレッシュなフェンネルも良いです。

  1. サーモンをさっと洗い、キッチンペーパーで水気をとった後で、塩とフェンネルをふっておく
  2. アボカドは、種をとって、一口大に切る
  3. 豆乳にニュートリッショナルイーストを加えて混ぜておく
  4. サーモンを食べやすい大きさに切る
  5. フライパンにオリーブオイルを敷き、サーモンの皮を下にして並べ、蓋をして、中火にかける(火が通るまでサーモンは動かさない)
  6. サーモンにある程度火が通ったら、アボカドを加えて一緒に炒める
  7. ニュートリッショナルイーストを混ぜた豆乳を回し入れて、少し煮詰めたら出来上がり

火を止めた時のフライパンの中の状態です。

塩は、サーモンにしかしないので、もし足りなければ、豆乳を混ぜた時に足してください。

お皿に盛った状態はこんな感じです。

特にトロミが出るようなものは入れていませんが、豆乳だからでしょうか、クリーミィな仕上がりになりました。

まるで本物のクリームを使ったようになりましたよ。

そして、アボカドがなんと鶏肉のような味になって、我ながら驚きました。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

もしおひとりで取り組むことに不安や難しさを感じるのでしたら、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング