ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

彩り野菜の寒天寄せ

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

突然、思い立ってお野菜の寒天寄せを作りました。

材料:

  • プチトマト ・・・ 上の写真の様に、容器に一列に並べたかったのでそれに必要な個数
  • カリフラワー(黄、白、緑、紫) ・・・ 各3房?くらいずつ
  • インゲン ・・・ これも容器に並べたかったのでそれに必要な本数
  • ニンジン ・・・ 細めのものを半本
  • グリーンピース ・・・ さや付きのものを購入し自宅で茹でて使いました。
  • 赤ピーマン ・・・ 3個ほど(種を抜いて使いました)
  • 寒天 ・・・ 無漂白寒天 1本
  • 出汁 ・・・ 寒天用と野菜を茹でる用に分けて作っておく
  • 容器は、取り外ししやすいようにと、今回、シリコン製のものを使用しましたが、柔らかすぎて寒天の形状を保つには不適切と判明。次回からはステンレス製のものを使用してみようと思います。

他にも冷凍しておいた菜の花をそのまま使用したかったのですが、入れ忘れました(笑)出来上がりを想像して彩りが綺麗な組み合わせなら何でも良いし、それぞれの量も色合いのバランスを見ながら決めたら楽しいと思います。

今回は寒天寄せにしたので、プチトマトの皮や赤ピーマンの種を取りましたが、他のお料理の時には私はホールフードで全て使います。

食材は全て自然栽培(無農薬・無肥料)またはオーガニックです。

作り方:

  1. 寒天は小さくちぎってしばらく水に漬けておくと、柔らかくなって溶かしやすくなります
  2. お野菜をお好みの形状、長さ、大きさに切る
  3. 寒天用の出汁で 1. の寒天を溶かし、お吸い物よりも少し濃い目の味付けをしておく
  4. プチトマトはお尻に小さく切り込みを入れてから、10秒ほど沸騰したお野菜用の出汁に入れた後、冷水にさらし、皮を湯むきする
  5. その他のお野菜も順次、出汁で軽く茹でておく
  6. 容器に深さが3mmから5mmくらいになるように寒天を流し入れ固める
  7. お野菜を 6. の寒天の上にお好みの順番で並べて入れる
  8. その上から残りの寒天用の出汁を流し入れて冷まして固める

寒天は、商品袋に記載の水の量よりも少し減らした出汁の量で使用しましたが、それでもお野菜から出る水分が多かったため、次回からはもっと出汁の量を減らすか、寒天の量を増やして作った方が良いように感じました。

容器から外して上から見たところ

シリコン容器の影響で、横がつぶれてはみ出しそうになっているのが分かりますねぇ~(汗

横から見ると

切ろうとしたら・・

寒天が柔らかすぎたようで、一切れずつに切ろうとしたら崩れてしまいました。

想定したようにはなりませんでしたが、とても美味しく綺麗にできましたので、これはこれで良しとします。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.