ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

腸内細菌の構成は、遺伝(変えられない)と食事(変えられる)のどっちで決まる?

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

近年、腸内細菌(マイクロバイオータ / ミクロフローラ)のバランスが私達の健康にとって重要であることが次々に報告されています。

様々な種類の腸内細菌の分布や構成比は、遺伝と食事のどちらによって、より大きな影響を受けるのか、どちらが優位な決定因子なのかのがマウスを使って検証されました。

腸内細菌のバランスは遺伝か食事か

microbs

調査の結果、

  • 食事による影響の方が遺伝子型よりも優位であること
  • 食事による影響は正比例的に表れ、3日間でほぼ安定的な均衡した構成比に達すること

等が報告されています。

今までも遺伝子型に異常をもっている肥満症の人でも、食事によって症状を改善することができる等、食事や生活環境の方が、遺伝子型よりも優位な治療法であることは、様々な研究によって報告されてきた事実ですが、腸内細菌の分布やバランスにおいても同じことが言えることが判明したのです。

家系共通の病気は、当家系が好む食事に原因があるのかも

例えば、”がん家系” などと、言われているものも、実は、その家系が好む食事傾向が原因となっている可能性があり、そのことで腸内細菌の構成が偏ってしまっていることと関係している可能性が否定できないということです。

そして、私達の免疫に大きく関わっている腸内細菌のバランスや構成にとって、

食事の方が遺伝よりも優位

であるという今回の研究結果は、例え遺伝的に引き継がれた病気であっても、食事を変えて行くことで、発症させずに済む可能性を示したことになります。

私達の人生の選択の幅を広げてくれる嬉しい報告ですね。

腸内細菌の構成が変化するのにかかる日数

野菜

今回の実験では、マウスの腸内細菌のバランスが食事によって、変化し安定するには、約3日かかるとのことでした。

ヒトの腸内細菌のバランスを食事によって変化させるのには、

約3日から10日

平均7日間で劇的に変化するという研究報告があります。

肉中心の食事を野菜中心の食事に変える場合

  • 変化は非常にゆっくりと進み、長い日数がかかる

野菜中心の食事を肉中心の食事に変える場合

  • 一晩で腸内環境が変わる

と、のことです。

なんだか、信頼を得るのには時間がかかるけど、信頼を壊すのは一瞬と、いうのに似ているように思われました。

ペットと暮らすのと同じように腸内細菌を愛しみましょう

私達と共生している腸内細菌。

彼等を健康的に育てることが、宿主である私達の健康にとってとても大切であることが次々と科学的に証明されてきている昨今、腸内細菌をあなたのお腹の中に飼っているペットのように可愛がってあげてはどうでしょうか。

彼等が住みやすい畑を耕してあげるような気持ちで食事をしてみるのも悪くないと思いますよ。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.