エディブルスクールヤードのサマートレーニングに参加しました

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

アリスウォータースに会える

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコにあるエディブルスクールヤードが今年も指導者向けの無料のサマートレーニングを実施するというので、参加することにしました。

このトレーニングの趣旨は、主に小学校などでガーデニングとお料理のワークショップを開催する際のプログラムの構築の仕方や生徒の興味や集中力を維持する方法などについて、世界中の指導者(主に学校の先生)達とディスカッションを通して、学んでいくものです。

私はあくまでもヘルスコーチですから、ガーデニング教室やお料理教室はそれを専門にしている人に任せた方が良いと思っています。でも、クラス運営のことや世界のワークショップのベストプラクティスについて学ぶことには、とても興味をひかれました。それに、アリス・ウォータースにzoom越しとは言え、リアルタイムでお会いできることも、貴重ですから、参加を決めました。

UCバークレー校から

今回、アリスはカリフォルニア大学バークレー校からの参加でした。震える声で涙目になりながら、今までのエディブルスクールヤードの歩みや今後に期待することなどについてお話くださいました。

6日間のトレーニング

6日間と言っても連日ではなく、飛び飛びに行われたワークショップでした。次のようなテーマで行われました。

  1. キックオフとビジョニング
  2. 生徒の参加意欲
  3. 横道に逸れてしまったら
  4. 菜園でのワークショップ
  5. ソーシャル・エモーショナル・ラーニング
  6. キッチンで好奇心を満たす

ソーシャル・エモーショナル・ラーニング

6日間のワークショップの中で、とても興味深かったのは、ソーシャル・エモーショナル・ラーニング(SEL)のワークショップです。日本語では、「社会的情緒的学習」と訳されているようです。

今、アメリカで注目されている学習法のひとつです。

脳科学、臨床心理学、発達心理学などの科学的根拠を基にしたアプローチによって、自己肯定感、自尊感情、対人能力、共感力、感情コントロールなどの力を育てるための教育法で、知能指数では測れない力、例えば、がんばる力や問題解決能力などを育てる教育と言われているものです。

今回のワークショップでは、Haudenosaunee(ホデノショニ連邦/イロコイ連邦)という6つのアメリカ・インディアン部族によって構成されている部族国家集団の慣習などから、自然や食べ物との関わり方などを学ぶ機会があり、とても興味深かったです。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

今回のトレーニングからの学びをどのようにソフィアウッズ・インスティテュートのプログラムの中に活かしていけるのか、まだ思案中ですが、特別ワークショップの様な形で提供できたら面白いかもしれません。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング