ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

食品添加物に関する「無添加」表示が禁止に

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

巷に溢れる無責任な「無添加」表示にメス

消費者庁は2022年3月30日に『食品添加物の不使用表示に関するガイドライン』を発表しました。

現在、メーカー側が任意で商品パッケージなどに記載している「無添加」や「不使用」という言葉の使用を原則禁止するものです。

そうなのです。「無添加」という言葉には定義がありません。メーカー側が自由に任意に使用している、実は鵜呑みにしてはいけない言葉なんです。

この4月から製造される加工食品などに適用され、2024年6月までにすべての食品表示が変更されることを目指すとしています。

禁止する表示形式を次の10個に分類しています。

1. 単なる「無添加」の表示

何を無添加にしたのか対象物が不明瞭だからと、いうのが理由です。

確かに、これについては、私も賛成です。

今まで、添加物が使用されていても、従来品から1つでも減らしていたら「無添加」と表示されているものもあり、ミスリーディング(わざと誤解させるもの)だと思っていたからです。

でも「無添加」の表示を禁止するのではなく、「無添加」を定義して欲しかったと思います。「無添加」と表示できる基準を明確にした上で、「無添加」表示を可能にしてくれたら消費者は安心だったと思うのです。

言葉の定義については『パーソナルケア商品6つの真実』も併せてご参照ください。

また、単なる「無添加」の表示が禁止なのであれば、限定列挙にしたらOKなのでしょうか。疑問です。

2. 食品表示基準に規定されていない用語の使用

食品表示基準に規定されていない言葉の使用を禁止しています。

食品表示基準に規定されていない言葉の例としては、次の様なものがあります。

  • 「人工甘味料」などの「人工
  • 天然
  • 「合成着色料」などの「合成」、そして
  • 「化学調味料」などの「化学

です。

食品衛生法では、天然の添加物も化学合成した添加物も、両方の使用を認めていることから、それを差別する様な表現の使用を禁止するというのが理由です。

と、すると、原材料表を見て、どれが天然添加物でどれが人工添加物なのか、消費者が知っておかなければいけないことになりますね。

消費者保護というよりは、メーカー保護、製造者保護の色合いが強い規制になったように感じました。

「天然」という言葉については、私も、原材料の全てが自然物ではないのに、1つでも天然成分を用いていると「天然成分使用」などと記載されていることに懸念を持っていましたので、禁止になって良かったと思います。

それにマイケル・ポーラン氏は、本当に自然で安全なものは、わざわざ「天然です」とか「安全です」と表示していないと、言いますしね。

補足:マイケル・ポーランは、カリフォルニア大学のジャーナリズムの教授で、ウォールストリートジャーナルやニューヨークタイムズ紙にコラムを執筆している、食品問題や環境問題についての著名な活動家です。彼は統合食養学を実践している雑食主義者でもあり、大好きです。

米国FDA(食品医薬品局)も「天然」という言葉の定義は不可能だとして使用を認めていませんが、それはかなり哲学的な意味合いが含まれています。日本の消費者庁のように、化学合成された添加物の擁護が目的ではありません。詳しくは、マイケル・ポーラン氏のコラムを翻訳した『もはやナチュラルには何の意味もないのか?』をご参考ください。

3. 食品添加物の使用が認められていない食品への表示

そもそも食品添加物を使用してはいけないことになっているのだから、わざわざ「使用していません」と記載する必要はないというのが禁止理由とのことです。

例えば、清涼飲料水には、そもそも「ソルビン酸」の添加が禁止されているため、「ソルビン酸不使用」と記載してはいけないということです。

そうなると、これもまた、どの加工食品や加工飲料にどの添加物の使用が認められていて、何が認められていないのかを消費者が知っておく必要があるということになりますね。

消費者庁は、食品添加物についての知識のない消費者を守るつもりはなさそうですね・・

4. 同一機能・類似機能をもつ食品添加物を使用した食品への表示

「○○不使用」、「○○無添加」と記載しながら、それと同等の機能をもつ他の添加物に置き換えている場合には、その表示をしてはいけないということです。

例えば、合成着色料(食紅など)の代わりに、紅麹色素や野菜色素を用いた場合、「合成」という言葉の使用が禁止されているので、「合成着色料不使用」とはそもそも記載できません。当然、着色料は使用しているので、「着色料不使用」と記載できないことは理解できます。

しかし、赤色○号に類似した機能(赤色に着色する)をもつ紅麹色素を用いていることから、「赤色○号不使用」と記載することもダメになってしまうのでしょうか?それとも具体的に何を使用していないかを明確に記載しているのでOKなのでしょうか?

5. 同一機能・類似機能をもつ原料を使用した食品への表示

「○○不使用」、「○○無添加」と記載しながら、それと同等の機能をもつ他の原料に置き換えている場合には、その表示をしてはいけないということです。

例として、乳化剤と調味料が挙げられていました。

乳化剤不使用

「乳化剤不使用」と記載しながら、乳化作用をもつ原料を使用している場合には「乳化剤不使用」と記載できないことなどが例として挙げられています。

この例で考えると、乳化作用をもつ食品原料としては、卵黄や大豆が考えられます。卵黄も大豆も乳化作用を持つレシチンという成分を多く含んでいる食品です。

大豆や卵黄を使用している場合には化学物質としての乳化剤を用いていなくても「乳化剤不使用」と記載してはいけないということなのでしょうか?

例えば、マヨネーズ。乳化剤を用いずに、卵と酢と油のみで造られていたとしても、「乳化剤不使用」と記載してはいけないのでしょうか・・・?納得いきませんね。

(旨味)調味料不使用

もうひとつの例として、アミノ酸を含む原料を使用している場合には「調味料不使用」と記載してはいけないことが挙げられていました。

「化学」という言葉は使用禁止になりましたから、もはや「化学調味料不使用」とは記載できません。

例えば、化学調味料(例えば、味の素/グルタミン酸ナトリウム/MSGなど)を使用していなくても、アミノ酸を含む天然の調味料(鰹節や昆布や煮干し)を使用している場合、もちろん「調味料不使用」とは書けませんが、「MSG不使用」とか「加水分解タンパク質不使用」とは、記載してはいけないのでしょうか?

6. 健康・安全と関連付ける表示

健康に良い、安全であることの理由に「無添加」や「不使用」を記載することを禁止しています。

そもそも食品衛生法で使用を認めているんだから、それを使用しないことが健康と安全になるという、食品衛生法を否定するような表示はダメということなんでしょうね・・

そもそも食品衛生法の基準に多くの消費者が疑問をもっているから「無添加」や「不使用」という言葉がウケルわけなんですから、表示のルールを変えるのではなく、食品衛生法の方を改正して欲しいものです。

7. 健康・安全以外と関連付ける表示

次の様な表示を禁止することが例として挙げられていました。

  • 「無添加」「不使用」であることで「おいしさ」を強調する表示
  • 「無添加」「不使用」であることから「お早めにお召し上がりください」とする等、開封前後における食品劣化の速度の違いなどの説明の無いまま記載すること
  • 「無添加」「不使用」であることから「変色する可能性がある」と表示すること

などです。

「おいしさ」は主観的なものなので、表示を禁止することは構いませんが、その他の注意記載については、記載がある方が親切ではないかと思うのですけどね・・・

8. 食品添加物の使用が予期されていない食品への表示

消費者が添加物が入っていることを想定していない食品に、わざわざ「添加物不使用」と記載してはいけないということです。

例として、「ミネラルウォーター」が挙げられていました。

しかし「想定」という基準に疑問を感じます。

多くの消費者は、例えば「タコ」や「イカ」や「カニ」に添加物が使用されているとは思っていません。生鮮食料品だと思っています。しかし、亜硫酸塩が使用されていることが多いです。消費者の「想定」を基準にするのは非常に危険ではないかと思うのです。

9. 加工助剤、キャリーオーバーとして使用されている(又は使用されていないことが確認できない)食品への表示

原材料に保存料が使用されているのに、最終品の加工過程で保存料を使用しなかったからと言って、「保存料不使用」と記載してはいけないということです。

これは、安心ですね。

10. 過度に強調された表示

これはパッケージデザインについての規制です。大きなフォントや目立つ色彩で「無添加」「不使用」という表示をしてはいけないということでした。

これも私は賛成です。原材料表を読まずに、単に表のデザインだけで食品を選んでしまう消費者が多いのでそうした誤誘導の予防になるのではと思います。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.