ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

その症状、アレルギーなのかもしれませんよ 。隠れアレルゲンを知っていますか?

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

唐突ですが、製薬会社は、医薬品に食品由来のタンパク質を使っていることがあります。

麻酔薬ホルモン充填剤の中に、アレルギー性の食物タンパク質が含まれているものがあることを知っていますか?

PMSや生理痛、更年期症状の緩和のために処方されているホルモン充填剤によって食物アレルギーが起こるなんて、誰も想像しませんよね。

それに食物アレルギーと言うと、ほとんどの人は、皮膚の発疹や、腹痛、喉のイガイガ感を思い浮かべます。

でも、食物アレルギーの症状は様々で幅があり、誰かがある食品で、どんなアレルギー反応を示すのかを予測するのはとても難しいことなんです。

典型的なアレルギーの症状

  • 発疹
  • じんましん
  • かゆみ
  • 口の中の違和感
  • 唇や舌の腫れ
  • 腹痛
  • 喉や声帯の腫

です。

でも、次に記載する症状も食物アレルギーによっても起こります。ただ、ほとんどの人が、こうした症状があっても、それを食物アレルギーと結び付けて考えることがありません。

食物アレルギーと気づかれ難い症状

  • 頬の赤らみ
  • 下痢
  • 吐き気(嘔吐)
  • くしゃみ
  • 呼吸困難、呼吸が苦しい
  • 頭痛
  • 関節痛
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 気絶

頬の赤らみは、単なる肌荒れとか、そういう体質なのかと思われがちですし、下痢や吐き気・嘔吐は、胃腸の病気食中毒と思われがちです。咳やくしゃみや呼吸困難も風邪感染症と思われがちですし、頭痛はストレス、関節痛は運動や加齢が原因と思われがちです。めまいや立ちくらみや気絶は、もっと重篤な病気が疑われるのではないでしょうか。

それが、実は、全部、食品で起きている可能性があるのです。

こうした症状が現れたら、まずは、医療機関を受診して、アレルギーである可能性も含めて検査してもらう必要があるように思います。

抗ヒスタミン剤を飲めば、治ってしまうかもしれないのです。

もちろん、アレルギーの度合いによっては、吸入器やエピペンやステロイドが必要な場合もありますが、少なくとも別の誤った重篤な病名がつけれたり、必要もない薬を処方されることを避けられるかもしれません。

アレルギーを引き起こしている食品を避けたら良いだけなのですから、どの食品が原因しているのかを知るだけで、私達は様々な不調から解放されます。

しかし、問題はそう簡単ではないかもしれないということを今回お伝えしたくて、次の食品成分が使用されてい食品添加物や医薬品についてご紹介します。

意外なところに隠れていることの多いアレルゲン食品

  • ピーナッツ
  • 魚介類(魚卵、甲殻類、貝)
  • 小麦
  • 牛乳
  • 大豆

ピーナッツ|医薬品と解毒剤

ピーナッツは、非常にアレルギー性が強く、日本では、7大アレルゲン特定原材料)のひとつに指定されている食品です。

そのため数年前から、JALとANAグループは、国際線・国内線全便の機内食および国内・海外自営ラウンジで提供している飲食メニューからピーナッツおよびピーナッツオイルを排除しています。昔は、飛行機に乗ると必ずピーナッツが、ウェルカムスナックとして配られていたのですけどね。

でも、海外航空会社とのコードシェア便については、この限りではないようですから、海外旅行されたり、外国の航空会社を利用する際には、機内食について事前の確認が必要ですね。(コロナが落ち着いてからの話ですが・・)

ピーナッツは、それそのものとしてだけでなく、キャンディーやマジパン、ヌガーに含まれていることがあります。

医薬品の中のピーナッツ

医薬品のプロメトリウム(プロゲステロン製剤)、デパケン(抗てんかん薬)には、ピーナッツオイルが使用されています。

アレルギーは、原則、食物タンパク質に対する免疫反応なので、ピーナッツオイル(脂質)では起こらないとする免疫学者もいますが、関係するという学者もいます。

そのため、ピーナッツにアレルギーがあるのでしたら、あなたのピーナッツアレルギーが、オイルにも反応するタイプなのか否か、医師に相談して検査してもらった方が良いですね。

ピーナッツの解毒剤が米国で上市

米国では、2020年1月に、FDA(米国食品医薬品局)が、最初のピーナッツ解毒剤を承認しました。パルフォルジアと呼ばれる薬です。今後、日本で承認されるのかどうか分かりませんが、ピーナッツアレルギーをもっている人にとっては朗報ではないでしょうか。

卵|食品添加物と医薬品

卵も、日本では、7大アレルゲンに指定されている食品のひとつですが、多くの加工食品に使用されています。

クッキーやケーキなどの焼き菓子、マヨネーズ、ハンバーグなど、卵そのものが使用されているケースもあれば、

魚のすり身、ケーキのフロスティング、コーヒーの上の泡にメレンゲとして卵白が使用されているケースもあります。魚のすり身が使われている加工品には、かまぼこカニカマ等も含まれます。

卵黄よりも卵白の方がアレルギー性は強いんですよ。

食品添加物の中の卵

天然ではない香料化学香料)の一部にも、卵から抽出した成分が含まれています。

また、缶詰やレトルトのスープ、マシュマロ、アイスクリームなどに、乳化剤として、卵黄レシチン(タンパク質)が使用されていることがあります。

医薬品の中の卵

卵黄レシチンは、医薬品やサプリメントにも使用されます。

例えば、プロポフォールと呼ばれる、手術時に使用される麻酔薬には、卵由来のタンパク質とその他の卵由来の成分が使用されています。インフルエンザ・ワクチンにも卵由来のタンパク質が使用されています。もしかしたら、これから開発されるコロナウイルスのワクチンにも使用されている可能性もあります。

魚介類|調味料とハウスダスト

魚アレルギー

魚アレルギーの人は、日本人にはあまり多くいらっしゃいませんが、サーモン、マグロ、タラ、鯛が魚アレルギーの代表的な魚です。

喘息のような症状を引き起こし、重篤な症状となることもあります。

これらの魚にアレルギーがある場合、魚全般を避けた方が良いと言われています。そのため、魚由来のオイル(EPAやDHA)や魚卵についても確認しておく必要があります。ちなみに魚卵のイクラは、日本人のアレルゲンとなる「特定原料に準ずる20品目」に含まれています。

また、魚に多く含まれているヨウ素が魚アレルギーの原因物質だと言う人いますが、それは迷信です。魚アレルギーとヨウ素は関係がありません。

魚介類由来の食品には、ウスターソース、シーザードレッシングなどがあります。

甲殻類(エビ・カニ)アレルギー

エビとカニ(甲殻類)は、日本人の7大アレルゲン食品のうちの2つです。

甲殻類の何かひとつにアレルギーを発症したら、例えばエビ、その他の甲殻類(例えばカニ)に対してもアレルギーを起こす可能性が高くなると言われています。

なお、サプリメントとして販売されているグルコサミンは、甲殻類由来です。

貝アレルギー

貝類アレルギーは、何歳になっても発症する可能性のあるものです。

ゴキブリがもっているトロポマイシンという神経毒が貝にもあり、それが貝アレルギーの最も一般的な原因物質です。貝類の養殖や漁の仕方、収穫後の処理の仕方によって、その神経毒が脳神経の疾患を引き起こすと考えられています。

ふらつきやめまいが起きたり、気を失ったり、思考をぼんやりさせます。

このアレルギーを持っている人は、ダニやホコリなどのハウスダストのアレルギーももっていることが多いそうです。

この続き..

  • 小麦
  • 牛乳
  • 大豆

についてと、では私達がどのように行動したら良いのか

については、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録するだけで読めますよ。
ニュースレター購読者限定のキャンペーンやお得情報も配信しています

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.