ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

ポイズン・ビューティ:多くの女性がやっている、乳がんとの関係が報告された美容とは?

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

女性は平均して12種類のビューティ・プロダクト(美容製品)を使っていると言われています。洗顔料、基礎化粧品、化粧品、シャンプー、コンディショナー、カラー剤、香水、マニキュア、口紅などなど、ちょっと数えただけでもかなりの数になります。

あなたのバスルームにある製品のどれかひとつで良いので、裏の成分表を見てみてください。良くわからない化学薬品の名前がずらりと並んでいませんか?

そうした成分の安全性や危険性について考えたことなんてないという人の方が多いのではないかと思います。

配合されている化学成分の全部が、長期間使用し続けても問題ないから入っているのだと、疑うこともなく思い込んでいますよね

でも、残念なことに、その思い込みは間違っています。

少なくとも政府内のどこにも、私達がお肌や髪に使っている製品のヒトへの永久的な安全性を確認している部署はないんですよ。

お肌や髪につかうパーソナルケア製品は、急性毒でないことの確認は動物を使って検証されますが、ヒトが長期に渡って使用を続けても健康に問題を起こさないかの検証は、実はなされないのが普通です。だって、それをやったら人体実験ですよね。できません。

実際に消費者から健康被害などのクレームが寄せられた場合に、消費者庁や国民生活センターが確認や検証を行いますが、そうでなければ、企業側の倫理観のみに安全性は託されているのです。だから

お店の棚で売られているからと言って、安全とは限らないんです。

そうした成分の中でも既に科学によって問題があることが報告されている、あるいは、日本以外の国で規制されている成分などについては、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクター・コースの中ではお伝えしています。

あなたの石鹸・シャンプー・化粧品は大丈夫?かなり怖いパーソナルケア商品の成分

今回は、2019年12月3日に『がん国際ジャーナル(the International Journal of Cancer)』に掲載されたカラー剤(染毛剤)と乳がんとの関係についてお伝えします。

その後、ハーバード大学のジェームストッド先生とレックスロード医師が教える生活の中から有毒なケミカルをできるだけ排除する方法についてお伝えします。

(裏付けとなっている論文は参考文献として最後に一覧にしています)

サロンのカラー剤(永久染毛剤)は乳がんリスクを高める

この研究では、35歳から74歳までの女性で、乳がんを発症したことのある姉妹をもつ健康な女性(約5万人)を対象として、2003年から2009年まで3年ごとにアンケート調査の形式で平均8年間追跡調査が行われています。今回の論文は、2006年までに収集されたデータの分析結果に基づいています。

アンケートには、カラーをする頻度、色、染毛剤の種類(永久染毛剤か半永久染毛剤か)などの質問に加えて、他に使用しているヘアケア商品の成分や、髪をストレートにするために用いている商品(縮毛矯正剤)についての質問も含まれています。

1年に少なくとも1回以上、永久染毛剤一般的にサロンで行われるカラーのこと)でカラーをしている女性は、そうではない女性と比較して、乳がん発症リスクが平均して約9%上昇したとのことです。(ただし人種差が大きく、白人女性では7%、黒人女性では40%の上昇)

註:永久染毛剤:1回のシャンプーでは色落ちせず、色が2か月以上保たれる染毛剤

ハーバード大学チャン公衆衛生校環境生殖および周産期疫学部のタマラ・ジェームズトッド助教授によれば、

一部のヘアケア製品には、人体のホルモンバランスを乱したり、動物で発ガン性が確認されているものを含め、5,000を超える化学物質が使用されている

とのことです。

また、カラー剤には様々な薬剤が使用されるため、どのメーカーのどの製品で実験を行ったかによっても発がん性リスクは異なる結果を示すとのことでした。

ストパがヤバい

今回のデータ分析によって、カラー剤だけでなく、髪をストレートにする縮毛矯正に用いられる薬剤/製品が、乳がん発症リスクを上昇させることが報告されています。

アンケート調査日から遡って1年以内にストパをかけた、あるいは髪をストレートに保つ製品を使用した等、縮毛矯正に関する薬剤に触れた女性の乳がん発症リスクが、そうではない女性と比較して、約18%も高かったことが報告されています。

リスクは、使えば使うほど高くなり、論文によれば、5~8週間ごとにストパをかけている女性の乳がん発症リスクは約31%も高かったそうです。

市販のカラー剤は安心、でも使い方を間違えると危険

半永久的な染料(市販されているタイプ)を使用している場合には、乳がんの発症リスクに上昇は見られませんでした。

でも家庭でカラー剤を使用している場合、皮膚に染料が染み込んだり、換気の悪い場所で染料を使用している場合には、薬剤を吸収したり吸い込んでしまったりしていることから、乳がん発症リスクは、サロンのカラーと同様に上昇するとのことです。

つまりサロンでカラーしなければ安心ということではなく、家庭でカラーをする場合でも、市販のカラー剤に記載してある仕様の通り、手に染料が直接ふれないように薄いビニールの手袋を必ず使用して、窓を開けた状態でカラーをしなければ、乳がん発症リスクを高めてしまうということです。

私は、自分でカラーをする時には(めったにしませんが)、真っ裸になってバスルームでお風呂に入るついでにやります。手以外の皮膚にカラー剤がつかないように注意しないといけないですね。また、幸いなことに私のマンションのお風呂場には窓があるのでしっかりと換気ができますが、裸なので冬場は窓を開けた状態でやるのはきついです。東京のマンションにはお風呂場に窓がないお部屋も多く換気扇に頼らないといけないので、どこでカラーをするのか工夫が必要になりますね。

いっそサロンのカラーを止めるべきなのでしょうか…

続きは、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録するだけで読めますよ。
ニュースレター購読者限定のキャンペーンやお得情報も配信しています

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから
7月末までの9月新学期のお申し込みには早割があります

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.