ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

慢性的なお肌トラブルには〇〇〇〇トラブルが原因している?

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

輝くようなお肌を誰しも求めています。

それは、あなたの体内が真に健康であることを証明する世界共通のステータス・シンボルです。

1兆個ほどの肉眼では見ることのできない微生物達(マイクロバイオータ)が私達の腸内だけでなく、お肌の上にも住んでいます。善い子(善玉菌)もいれば、悪い子(悪玉菌)もいます。

健康的な共生細菌(マイクロバイオータ)は、健康的な免疫機能を作り、体内の炎症によるダメージを減少させます。

私達の共生細菌(マイクロバイオータ)の詳細については『ワクチン接種を受ける前に腸内環境を改善しておくことが大切である理由』をご参照ください。

大切なのはパワーバランス

善玉菌だけでなく悪玉菌も、私達には両方必要です。

善玉菌の中にも多くなり過ぎると悪さをし始めたり、悪玉菌の中にもほどほどの数の時には悪いことをしない子もいるんです。だから善玉菌と悪玉菌のパワーバランスが重要なんです。(共生細菌のパワーバランスについては『バクテリア・コミュニケーションを理解することが健康の鍵』で詳しく説明しています)

そのパワーバランスが崩れると、悪玉菌があなたの腸内を支配するようになります。それをディスバイオシス(dysbiosis|腸内菌共生バランス失調)と呼びます。

腸内にディスバイオシスが起こると、食品由来のタンパク質が腸壁から血液中に漏れ出し、リーキーガットと呼ばれる状態が起きます。それが食品アレルギーを起こします。結果、多くの場合、重篤な自己免疫疾患へとつながっていきます。

プロビオティクスとは

プロビオティクス(プロバイオティクス)という言葉を聞いたことがある人も増えていますよね。テレビCMなどでも時々耳にします。ヨーグルトや乳酸菌飲料などの発酵食品や乳酸菌入りのサプリメントのことを指す言葉として用いられています。

プロビオティクスは、私達の健康にとって良い働きをする、食べることのできる善玉菌を指す言葉です。

新型コロナウイルス感染予防のマスクで増えている肌荒れ

新型コロナウイルス感染予防のためにマスクをして過ごす新しい日常において、お肌トラブルを感じている人多いですよね。特に、鼻や口周りや頬のあたりです。

吐く息に含まれる湿気がマスクでこもるので、バクテリアにとっては増殖しやすい環境です。特に普段から皮脂分泌が多いところは要注意です。

もちろん、お肌トラブルには、マスクだけでなく、ストレスや食事による影響もあります。

テレビや広告の効果もあって、腸内環境を整えるために、生活習慣病予防のために、発酵食品を食事に加えている人は増えていると思いますが、お肌のために、スキンケアのために発酵食品をと考える人は、まだ少ないかもしれません。

参考:『コロナ禍だから大切にしたい、見過ごされがちな体の自衛システム

腸内環境とお肌トラブルの関係

腸内細菌は、お肌に多大な影響力をもっています。

腸内に課題を抱えている人、例えば、グルテン不耐症、SIBO、コーン病、IBD、IBSなどをもっている人は、大抵、お肌にも課題をもっています。

その仕組みは次の通りです。

  1. 腸内細菌のバランスが失調すると(ディスバイオシスが起こると)、悪玉菌はあなたの免疫細胞にネガティブなシグナルを送ります。免疫細胞はそれを敵であると認識します。
  2. 悪玉菌は死ぬと、腸壁を透過して血液の中へ流れ込みます。
  3. その悪玉菌の死骸は体内を循環し体全体に軽い炎症を起こします。
  4. やがて、その死骸の一部は様々な体内の部位(お肌、関節、臓器など)に流れ着き、そこで炎症を起こします。
  5. 免疫細胞は死骸に気づくと、敵であることを認識し、退治するためにサイトカインの兵隊を送り出します。「殺せ、奴らが我々を殺す前に!」
  6. 死骸を退治するには多すぎる兵隊によって、お肌や関節やその他の臓器の炎症は悪化します。
  7. 更に、例えばお肌に流れ着いた腸内の悪玉菌の死骸は、お肌の共生細菌達のバランスを崩します。腸内だけでなくお肌においてもディスバイオシスが起こります。

健康的なお肌の上には、約1cm四方に800万個以上のバクテリアがいます。脂性肌の人になると8000万個以上になります。このバクテリアの善玉・悪玉バランスが崩れ、多くが病原菌になると、肌荒れ、吹き出物、ニキビ、発疹、痒みなどが現れます。

腸・皮膚相関(gut-skin axis)

腸・脳相関(gut-brain axis)」という言葉を聞いたことがある人はいらっしゃると思いますが、それと同様の関係がお肌にもあります。「腸・皮膚相関(gut-skin axis)」と呼ばれます。

切り傷などの治りの遅い人は、亜鉛欠乏など様々な他の理由も考えられますが、腸内環境が乱れていることも重要な原因となります。これは科学的にも検証されている事実です。

お肌トラブル解消のために大金を支払う前に

しつこい慢性的なお肌トラブルを抱えている人は、外側から治療するものへ大金を支払っている傾向があります。例えば、

  • 医薬部外品のクレンザー、スクラブ、化粧水など
  • 皮脂を取り除くパック剤
  • 糖質ステロイド(糖質コルチコイド)系の薬
  • シクロポリンのような医薬品

などです。

シクロポリン|免疫に関わる血液中のT細胞の働きを阻害することで強力な免疫抑制作用を示し、自己免疫疾患の症状を抑える。お肌トラブルでは、乾癬、アトピー性皮膚炎の治療に用いられます。

お肌トラブルを抱えている人は、大抵、腸内環境に問題を抱えています。でも、外側から人為的に加える事柄が、体内で発生している腸内細菌のバランス失調を改善することはありません。

何万円ものエステや化粧品やサプリメントに投資する前に、まずは腸内環境を整えることからやってみませんか?きっとずっと経済的に短期間で満足のいく効果が期待できます。

免疫機能の不調で起こるお肌トラブルにはプロビオティクス

特に、酒さ(しゅさ)、乾癬(かんせん)、湿疹など、免疫反応によって起きるお肌トラブルの改善に果たすプロビオティクスの役割に期待が高まっています。

  • 酒さ|通常は顔面の中央部に発赤と小さな吹き出物が現れ、皮膚の下の血管がはっきりと見える持続性の皮膚の病気
  • 乾癬|1つまたは複数の盛り上がった赤い斑を生じる、再発を繰り返す慢性の病気。免疫系の問題が関わっている可能性がある

腸内から悪玉菌を減らして善玉菌を増やす方が、お肌の上に何かを塗るよりもずっと早くお肌の状態を改善させることができます。それに、お肌の上から塗るものは効果があったとしても一時的に症状を抑えているだけで原因を解決しているわけではないことが多いです。

健康的な腸内細菌の育て方

腸内細菌(マイクロバイオータ)はペットのようなものです。ただ腸内にあれば良いというものではなく、健康な腸が欲しいなら、良い餌を与えてケアしてあげなくてはいけません

腸内細菌にとって餌となるのは、プロビオティクスとプレビオティクスです。この2つの食品群は、私達の腸だけでなく、体全体の健康にとっても不可欠な食べ物であることが次第に明らかにされています。

1. プロビオティクス豊富な食品を食べる

プロビオティクス豊富な食品を食べることで、腸内に好ましいメンバーを加えることができます。

発酵した食べ物、例えば、ヨーグルト、チーズ、ケフィア、キムチ、お漬物、味噌、ザワークラウトなどの中に善玉菌(プロビオティクス)が豊富に含まれています。

ただ残念なことに、発酵食品の全てにプロビオティクスがいるとは限りません。発酵食品の製造工程・加工工程によって、死んでしまっていることも多いのです。ヨーグルトも味噌も、発酵した後、熱処理などされてから販売されているものが多く(例えば、スーパーの常温の棚に並べられている味噌など)、そうした製品内のプロビオティクスは死んでいます。と同時に、私達への健康効果も激減しています。

また、プロビオティクスのサプリメントの中には、ヒトの腸内に住んでいない菌まで混在しているものもありますのでサプリメントを選ぶ際には十分な注意が必要です。

参考:『死んだ乳酸菌も腸内環境の役に立つ「だからサプリメントで十分」は本当?

2. プロビオティクスを日常にする(定期的に食べる)

思い出した時に、たまに、プロビオティクスが含まれている食品を口にするくらいでは、あなたの腸内環境の改善には大した役には立ちません。プロビオティクスを日常の一部にすることが最も効果的な方法です。

科学的にはどれくらいの頻度で食べることが最適なのかはまだ判明していませんが、少なくとも1日に1品は何かしら発酵したものを食べることを意識することが大切です。

「プロビオティクスを定期的に食べることで、
精神疾患や肥満症、糖尿病や神経変性疾患などを起こす病原菌に
腸内環境を乗っ取られることを予防する
ことにもなります。」

と、ハーバード大学栄養学部テレサ・ファング助教授はおっしゃいます。

3. プレビオティクスを食べる

プロビオティクス豊富な食品をたくさん食べたとしても、あなたの腸内環境が彼等にとって住み心地の良い場所でなければ彼等は増えてはくれません。

例えば、白砂糖、獣肉(牛・豚・羊など)、粗悪な油が使われている食べ物は、腸内環境を有毒にし、腸内細菌同士のパワーバランスを崩し、結果、善玉菌にとっては居心地の悪い場所を造ります。

プレビオティクスは、善玉菌が気持ちよく住みやすい環境を腸内に造る食べ物を指します

代表的なプレビオティクスは、豆類と全粒穀類です。野菜と果物も大好きです。

こうした食べ物を食べてあげると、善玉菌は、大腸内のpH(酸・アルカリ)バランスを改善し、病原菌が住みにくい環境にしてくれると考えられています。

善玉菌(プロビオティクス)はお肌に塗っても効果はあるのか

お肌の上に住んでいる共生細菌(マイクロバイオータ)と腸内に住んでいる共生細菌(マイクロバイオータ)の顔ぶれは全く違います。そのため、食べる善玉菌(プロビオティクス)をお肌に塗っても問題はないと思いますが、効果があるかは大いに疑問です。

塗るのであれば、お肌の上に住んでいる善玉菌を塗る方が好ましいように思います。が、これもまた、現在、世の中で販売されている「乳酸菌入り化粧水」のようなものがどれだけお肌の共生細菌(マイクロバイオータ)に特化したものなのかについても大いに疑問です。

お肌トラブルの原因が腸内環境なら、食べた方が効果的ではないでしょうか。

例えば、火事で家が燃えているとします。家の外に水をかけることは無駄ではありません。ある程度の効果があります。しかし、家の中までホースを伸ばして燃えている炎に直接水をかけた方が、ずっと効果的に短時間で鎮火できるように思うのです。それと同じです。

なぜ皮膚科医はプロビオティクスを処方しないのでしょうか

私達のお肌の上が腸内と同じ様に、共生細菌が住んでいて、善玉菌と悪玉菌のバランスが重要なのであれば、なぜ、ステロイドクリームやイソトレチノインなどの医薬品を処方するのでしょうか。

イソトレチノイン(商品名:ロアキュタン)|ビタミンA誘導体を含む内服薬。皮脂の過剰な産生を軽減させ、毛穴のつまりを防ぎ炎症を抑える作用を持つ、重症ニキビの薬。

と、考えていたら、私の自宅近くにある個人病院の皮膚科の先生は、腸内環境の改善とプロビオティクスの処方をされていました(笑)良心的で最先端の情報を実践されている先生もいらっしゃるということですね。

私達がこうした知識を得て、医者を選べばよいということです。

ちょっと難しいお肌トラブルのレスキュー隊員

上でお伝えしてきたように、プロビオティクス豊富な食品を食べることで、悪玉菌を退治し、腸内環境を改善することで多くのお肌トラブルは改善します。

でも、特定の疾患には、特定の菌株しか効きかないことも判っています。

どの菌株でも良いわけではないのです。それどころかあなたの腸内や免疫システムと親和性のないプロビオティクスを取り込むと、自ら、自己免疫疾患の火種を撒くことにもなりかねません。

ここから先は、リーキーガットなどが既に起こり、それによる慢性的なお肌トラブルにも効果があることが示された特殊な乳酸菌の菌株についてお伝えします。

それぞれの菌株に特化したサプリメントが入手可能ですので、お医者様にご相談の上、ご活用ください。

(裏付けとなる研究論文を最後に参考文献として一覧にしています)

1. 乳酸菌(ラクトバチルス)プランタルム

  • お肌の保湿
  • 紫外線からお肌を保護
  • 病原菌を殺す天然の抗生物質の産生
  • 重要な抗酸化活動

などをしてくれていることが判っています。

特に、乳酸菌プランタルムHY7714株が次に3つの皮膚および腸の透過性に関連している物質を減少させたことが報告されています。

  • 血漿中のマトリックスメタロペプチダーゼ(MMP-2およびMMP-9)|タンパク分解酵素
  • ゾヌリン|細胞から分泌されるコレラ菌に由来するヒトタンパク質。消化管壁の細胞間の結束を弱め穴をあける(リーキーガットを起こす)ことが知られている
  • カルプロテクチン|好中球(免疫細胞)の細胞質成分の60%を占める成分で、腸管粘膜で炎症が生じると放出される

乳酸菌プランタルムHY7714株が、これらをすべて減少させ、炎症を大幅に改善し、腸壁バリアの完全性を回復する効果を持っていることが明らかにされています。

2. 乳酸菌(ラクトバチルス)ロイテリ

強い抗炎症性作用を示す株です。TNFや特定のインターロイキンなどのサイトカイン(炎症性物質)を抑制し、酒さニキビによる症状を改善させたことが報告されています。

3. 乳酸菌(ラクトバチルス)ラムノサス

乳酸菌ラムノサスは、幅広く健康に関与しているため、多くのプロビオティクス系サプリメントに使用されています。その他の乳酸菌と同様に、乳酸菌ラムノサスも消化管粘膜の強化を助けます。

大人ニキビはホルモンバランスの乱れによって起こることはよく知られていますが、インスリン経路に問題があっても起こります。乳酸菌ラムノサスは、遺伝子のスイッチを切り替えることで、このインスリン経路を改善することでお肌トラブルを改善すると考えられています。

悪い菌を出すために下痢などの不快な症状が続く可能性もある

上記したプロビオティクスのサプリメントによって、ほとんどの人は問題なくお肌トラブルを改善できると思います。しかも、便通、ガス、胃痛、胸やけまで改善し、元気になったと報告する人も多いです。

元気になるのは、腸内環境が改善すると甲状腺ホルモンの活動が活発になるからです。

しかし、当然、極わずかな人に下痢など不快な症状が起きます。私達は一人ひとり異なるので反応もそれぞれです。

特に、腸内細菌が長年に渡ってバランス失調し、既にリーキーガットが起こっている場合には、腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを調整するというよりも腸内の悪玉菌を追い出し善玉菌に総入れ替えするくらいのことになるので、下痢が起こることがあります。

腸内細菌の入れ替えは一晩ではできません。時間と忍耐が必要です。1~2週間続くこともあります。不快かもしれませんが、重篤になることは稀ですから水分補給をしっかりしながら体の自然治癒力に任せてみましょう。

とは言え、2週間以上も下痢が続いたり、腹部に痛みを覚えるようなら、躊躇せずに医師の診断を受けてください。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.