食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

カボチャと栗の洋風煮物

バイオ個性で食べる、心と体をつないで健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

 

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

 

先日、クライアントさんから北海道産の自然栽培のカボチャをいただきました。また、その前の週に、実家のご近所さんのお庭になった栗の実(無農薬・無肥料)を母から分けてもらっていました。

そのため、このふたつを一緒に炊いてしまおう!と思いつきました(笑)

材料:

  • カボチャ:4分の1
  • 栗: 5-6個
  • クコの実: お好みで
  • ドライ・クランベリー: お好みで
  • ローリエ: 1枚
  • シナモン: 大さじ 2杯
  • ナツメグ: 少々
  • 本味醂: 適量(笑)

註:統合食養学的には、厳密に調味料を計るのはNGで(笑)、その時々の自分の舌と相談しながら、味を決めていくというのが王道です(笑)

下準備:

  • 栗は、沸騰したお鍋で1~2分ほど茹で、お尻を薄く切り落とした後、鬼皮と渋皮を包丁で剥き、水にさらしておきます。
  • カボチャは、食べやすい大きさに切っておきます。
  • クコの実とドライ・クランベリーは水で戻しておきます

作り方:

  • お鍋に栗とカボチャを入れて、ひたひたになるくらいに水を入れ、ローリエを入れて、落とし蓋をして中火にかける。
  • 湧いてきたら、残りの材料を全てを入れて、10分~15分くらい弱火で煮る

簡単でしょ?

思いつきで材料を決めましたが、とっても美味しくできたので、是非、試してみてくださいね。

秋の食材ばかりで、砂糖も使わず、塩も使わず味付けしています。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.