食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

「音楽がかかっていないスポーツジムはありえない」医学的な理由

バイオ個性で食べる、心と体をつないで健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

 

ニュースレターご登録者限定の、キャンペーン情報なども配信しています
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

 

あなたを元気づけてくれる歌は何ですか?

私の場合、80年代や90年代の、私が10代~30代だった頃の歌でしょうか。
楽しい、明るい歌よりも、怒りや悲しみを吐き出すような歌を、よく歌っていたように思います。

アラニス・モリセットとか、シニアッド・オコーナーとか(笑)
トレイシー・チャップマンメリッサ・エスリッジも好きです。
知っている人は同世代ですね。

でも、どんな音楽でも、私たちの気分だけじゃなく、健康に良いという記事が、ハーバード大学の医学部のサイトにありましたので、ご紹介します。

音楽は、聴覚に関係しているだけでなく、多くの脳機能に関係しています。
例えば、

  • 動作
  • 言語
  • 集中力
  • 記憶力、そして
  • 感情

に関係しています。

「音楽ほど、私たちの脳の広い領域を同時に刺激するものは、地球上にはない」

と、ハーバード大学系列のスポールディング・リハビリテーション病院公認脳神経音楽セラピストのブライアン・ハリス氏は言います。

音楽に耳を傾ける時、楽器を演奏する時、そして、歌う時、脳全体が活性します。
車から流れてくる音楽でも、シャワーを浴びながら聞いている音楽でも同じなんだそうです。

ハリス氏は

音楽がかかっていないスポーツジムはありえない

と、言います。

心機能に良い効果

音楽は、脳内の化学反応も変えてしまいます。
そして、その変化は、循環器系心臓・血管系)に良い結果をもたらします。

ランニングマシーンやバイクマシーンで心臓へストレスをかける実験を行った際、
音楽を流しながら行うと、

  • より長く運動を続けることを可能にし、
  • 動脈を柔軟にすることで、血液循環機能を向上させ
  • 運動後に血圧と脈拍が正常に戻る時間を短縮し、
  • 心臓発作経験者の不安を軽減させ
  • 心臓手術を受けた人の痛みと不安の軽減した

と、報告しています。

動脈硬化を緩和

動脈の柔軟性を検証した研究では、クラシック音楽ロック・ミュージックの両方が使われました。

結果、

  • クラシック音楽を好む人は、クラシック音楽をかけた時の方が、
  • ロック・ミュージックを好む人は、ロックをかけた時の方が、

改善度合いが高かったそうです。

好きな音楽がリラックス効果を生む

音は、心拍数呼吸をコントロールする、脳幹で処理されます。

この事実は、リラックス・ミュージックが、なぜ

  • 心拍数呼吸数血圧を抑えるのか 、
  • そして、痛みストレス不安を緩和するのか

を説明しているのかもしれません。

でも、やっぱり、好みは重要なようですよ。

  • オペラが好きな人は、オペラを聴いているとリラックス状態になりますが、
  • オペラが嫌いに人にとっては、逆効果となるそうです。

研究では、

  • 医療関係者が選んだ音楽よりも、
  • 患者さん達が自分で選んだ音楽の方が、

効果が大きかったと報告しています。

音楽を聴いたり、創作したりすると、他の嬉しい行為と同様に、ドーパミンの分泌を促します。
私たちを夢中にさせたり、やる気を起こさせたりする脳内ホルモンです。

米国ミュージック・セラピー協会(the American Music Therapy Association)によれば、

「音楽は、

知っているかどうか、
予想できるかどうか、そして、
安心を感じているかどうか

によって、反応を起こす」

とのことです。

どんな音楽があなたと共鳴しますか?

音楽と運動が認知症を改善

音楽を聴いたり、演奏することで、

  • 記憶
  • 論理的思考
  • 言語
  • 感情
  • 報酬

に関係する脳の領域を再活性します。

日本の研究者が、軽度から中度の認知症患者を対象に行った研究では、音楽をかけながら行う運動が認知機能を改善することを示しています。

研究者は、

  • 音楽をかけながら運動を行った場合と、
  • 間違い探しや計算やパズルなどの脳トレを行った場合とで、

どちらが日々の生活に必要な活動が向上するかを比較しています。

1週間に1回40分間、6か月間続けていただきました。

すると、両方のグループ共に視空間機能が向上したそうです。

  • 音楽をかけながら運動したグループでは、特に思考力や決断力といった精神運動機能のスピードがアップし、
  • 脳トレを行ったグループでは特に記憶力が向上したそうです。

しかし、アルツハイマー病のための脳の部位別測定値と通常の生活に必要な機能の改善においては、

  • 音楽をかけながら運動をしたグループで改善が見られた一方で、
  • 脳トレだけを行ったグループでは、悪化したことが報告されています。

研究者は、認知症の改善のためには、音楽をかけながらの運動と脳トレの両方を行うことが最善だと結論づけています。

歌を歌うと言語能力がアップする

ハーバード大学系列のベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(Beth Israel Deaconess Medical Center)の音楽・脳神経映像化ラボの研究者は、歌を歌うことは、脳卒中やケガなどによって左脳に障害を負った人の言語能力の回復に特に効果があると言います。

歌を歌う能力は、もともと右脳にあります。
そのため、歌うことで、思考を言葉として発する能力が回復していき、次第にメロディを必要としなくなるとのことです。

銃弾を受けて脳に障害を負い、発語能力を失った、元下院議員のガブリエラ・ギッフォード(Gabrielle Giffords)氏は、このリハビリ治療を受け、2年後には、下院議員議会の証言台に立ち、証言できるまでに回復したそうです。

歌うことは、

健常者にとっても、単語や表現を学ぶための役に立つ

とのことです。

確かにそうかもしれません。
私も英単語フレーズ発音を歌から学んだように思います。

音楽ってすごいですね。

ただ好きなジャンルの音楽を聴くだけで、心臓が健康になったり、リラックスできるだけでなく、
音楽を聴きながら運動したら、認知症予防にも改善にもなるし、
歌を歌ったら、言語能力をアップさせることができるんですね。

私はフルートを吹きます。
吹奏楽器なので、腹式呼吸のせいか、瞑想効果が私にはあります。

皆さんの生活に音楽はありますか?

統合食養学にとって音楽と運動は心の栄養素に含まれます。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.