ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

心と体に効くホリスティック・フルーツのブルーベリーが、新型コロナウイルス感染症の重篤化を予防してくれることを個人的には期待したい理由

DU001_L

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

ブルーベリーは、健康への様々な効果が報告されているスーパーフルーツです。

ブルーベリーがスーパーフルーツと呼ばれてきた理由のひとつは、ブルーベリーに豊富に含まれている抗酸化物質による体への良い効果です。

更に、2015年の研究によって、ブルーベリーが体内のセロトニンを増やし心の状態にも良い効果を示すことなどが報告されました。

そして今回、そのことによって新型コロナウイルス感染による重篤化の予防にも効くかもしれないと期待できる研究報告があったことから、2015年7月に執筆したこの記事に加筆修正することにしました。

(裏付けとなる研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています。)

新型うつをご存知ですか?

最近、若い人達に多く発症し、問題になっている新型うつと呼ばれるうつ病の一種です。

従来のうつ病

何らかの原因で、脳内の

  • アドレナリン(やる気のホルモン)
  • セロトニン(幸せホルモン)
  • ドーパミン(快楽ホルモン)

の全てが減少してしまったことで、やる気や興味を失い、ネガティブ思考に陥り、喜びや楽しみを感じられなくなってしまった心の状態です。

自殺に至ることもある心の病気です。

新型うつ

新型うつの患者さんの脳内では、PTSDの患者さんと同様に、アドレナリンは分泌されているのに、セロトニンだけが不足していることが判明しています。

そのため、好きなことは積極的に楽しくできるのに、そうでない物事に接すると、ひきこもったり、逆切れて攻撃的になってしまうのが特徴です

必ずしも従来型のうつ病の様に、元気がないわけでも、やる気を失っているわけでもないため、怠けているのではないかとか、性格が悪いのではないかとの誤解を受けやすい病気でもあります。

新型うつ病の原因はPTSDと考えられている

もちろん、新型うつの原因と考えられているPTSDは、戦争体験や犯罪・災害被害のようなものではありません。

両親から溺愛されて育てられたことによって、家庭の外における“普通”の困難な出来事に対して必要以上に傷ついてしまうことによることが多いと言われています。

例えば、上司からミスを指摘され厳しく指導されるといった出来事や、同期が褒められた時に自分は褒められなかったというような、“普通”の出来事が、トラウマになってしまうのです。

アドラー心理学では、こうした状態を「褒めて育てる」ことの弊害と言います。

過度に褒めて育てると、「褒められるはず」と思ってやったことを褒められないと、機嫌を損ねたり、逆ギレしたりするようになり、それがエスカレートするとその出来事がPTSDとなり、新型うつの発症につながると考えられています。

ブルーベリーによる新型うつとPTSDの改善に期待

従来からうつ病の治療には、SSRIs(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)と呼ばれる薬が使われてきました。

SSRIsは、セロトニン(幸福ホルモン)とノルアドレナリン(やる気ホルモン)の両方を増加させる薬です。

そのため、その両方が不足している従来のうつ病の患者さんには効くものの、セロトニンだけが不足しているPTSDや新型うつの患者さんには、アドレナリンが過剰になり過ぎて、攻撃性を高めてしまうという副作用が問題視されてきました。

新型うつやPTDSの患者さんには、セロトニンだけを上昇させる薬が必要なのですが、そうした薬がないことから、一様にSSRIsが用いられていることが問題でした。

ブルーベリーは幸せホルモンのセロトニンだけを増加

ブルーベリーが、脳内のセロトニンだけを増やし、ノルアドレナリンを増やさないという発見が、2015年3月30日、米国心理学学会(APA)によって発表されました。

PTSD心的外傷後ストレス症候群)を発症させたマウスを使った実験です。

PTSDマウスに、ブルーベリーを与えたところ、脳内のノルアドレナリンの濃度が上昇しないまま、セロトニンの濃度だけが上昇したことを報告しています。

そして、ヒトにおいても同様の効果となる可能性を研究者は述べています。

それによって、PTSDや新型うつの改善には、今まで使用されてきた抗うつ薬(SSRIs)よりも、ブルーベリーを食べる方が効果的なのではないかと、期待されています。

なぜブルーベリーがセロトニンを上昇させるのかは不明

セロトニン(幸福ホルモン)の上昇に効果のある食品は、セロトニンの主原料であるトリプトファン(必須アミノ酸のひとつ)を多く含む食品であると考えられてきました。

例えば、豆類鶏肉豚肉などです。(セロトニンの90%は腸内で造られるので、腸内環境の改善も必須です。)

参考:『幸福ホルモン”セロトニン”を造るアミノ酸 – トリプトファン

しかし、ブルーベリーには、アミノ酸が含まれていません。

そのため、ブルーベリーの何らかの栄養素が、セロトニンの分泌を刺激するのではないかと考えられていますが、なぜブルーベリーがセロトニン値を上昇させることができるのかについての、明確なメカニズムはまだ解明されていません。

新型コロナウイルス感染後の重篤化も予防できるかも?

2020年11月、ワシントン大学が、新型コロナウイルス感染症患者152名を対象に行った研究で、SSRIsのフルボキサミンが重症化を抑制する可能性を報告しています。

と、いうことは、もしかしたら、ブルーベリーにも重篤化を抑制してくれる可能性があるかもしれない?と個人的には期待してしまいました。

しかし、フルボキサミンの重篤化抑制の効果は、シグマ1受容体の作用によるもので、直接的なセロトニンによる作用ではないという他の報告も目にしましたので、あくまでも個人的な期待としてこちらに記載することにしました(笑

生活習慣病予防と抗がん作用

1. 乳がん幹細胞を死滅、乳がんの増殖を阻止

ブルーベリーに含まれているプロスチルベンと呼ばれるポリフェノール(抗酸化物質)が、乳がんの幹細胞(ER+ (MCF-7) とER- (MDA-MB-231)の乳がん)を有意に抑制させたことが報告されています。

がんの細胞は、化学療法にも放射線療法にも強く、なかなか根治させることが難しい細胞で、増殖力も高いことで知られています。

プロスチルベンは、レスベラトールに類似したポリフェノールですが、レスベラトールよりも体内吸収率が高く血中滞留時間が長いことが判明しており、脂質代謝抗菌効果が高いと言われる成分です。

今回、プロスチルベンが、私達の免疫細胞の機能を向上させ、より正確に腫瘍や癌細胞の転移を阻止することが確認されました。

レスベラトールよりも強力なプロスチルベン。すごいですね。

2. 乳がん発症率を低下

75,000人の女性看護師を対象とした米国の調査では、1週間に一食分(80g、約1/2カップ)以上のブルーベリーを食べている閉経後の女性は、そうでない女性と比較して、31%もER-型の乳がんの発症率が低いことが報告されています。

3. 生活習慣病予防と改善

生活習慣病への効果については、それぞれ別の記事にまとめていますのでご参照ください。

がん予防やアンチエイジングをしてくれるだけでなく、私達を幸せにしてくれるブルーベリー、そして新型コロナウイルス感染症の重篤化予防も期待できるなんて、食が体と心をつなぐことを実証してくれているフルーツです。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

レシピ:『青色と紫色は長寿/アンチエイジングの色』スムージーレシピ

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.