ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

食品添加物のカラギーナンは安全なのか危険なのか

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

カラギーナンとは

カラギーナンは、様々な種類の海藻に含まれる多糖類です。そのゲル状の粘性によって、食品添加物の安定剤や増粘剤として何十年も用いられてきたものです。

米国食品医薬品局(FDA)、世界保健機関(WHO)の食品添加物合同専門家委員会(JECFA)、欧州食品安全機関(EFSA)によって、「一般に安全と認識されている(GRAS)」と、されている物質です。

なお、今回参照した裏付けとなる研究論文を最後に参考文献として一覧にしています。

カラギーナンの安全性評価

これらの機関がカラギーナンを安全であると評価した裏付けとなっている動物実験に基づいて判明しているカラギーナンの特性は次の通りです。

  • 低pHの胃酸や消化管内の微生物叢(腸内細菌)によってほとんど消化分解されず、そのまま便として排出される
  • カラギーナンの分子は重く、またタンパク質と結合すると安定する構造から、ほとんど吸収も代謝もされない
  • 他の栄養素の吸収を阻害することはほとんどない
  • 食事に占める割合が5%以内であれば、カラギーナンを慢性的に摂取し続けても、下痢や軟便になること以外の有毒症状を誘発しない、また、腸潰瘍を起こさない
  • 免疫毒性はあるが、食品添加物として使用する程度では問題がない。なぜならば、免疫毒性研究では、飲料水にカラギーナンを混ぜて摂取させていて、タンパク質と結合した状態で摂取させていないため、免疫毒性が発生したと考えられる。食品中のタンパク質と結合した状態で摂取した場合、臓器組織病理学、臨床化学、血液学、標的臓器毒性などにおいて、毒性の報告はない

つまり、動物実験でも、軟便や下痢の症状はあったわけですし、タンパク質が含まれていない飲料に使用されているカラギーナンには免疫毒性があるということです。

ヒトへの安全性

しかし数年前にヒトへの安全性に疑問を呈する研究発表がなされたことで、その安全性について今尚、議論が続いています。

2018年に発表された論文『カラギーナン論争の再考:私たちは食品中のカラギーナンの消化の結果と安全性を本当に理解していますか?』は、現在のカラギーナンに対する安全性評価には3つの問題があるとしています。

  1. 一般大衆を対象としたカラギーナンの影響に関する情報(疫学研究)がほとんど存在しない
  2. カラギーナンの物理化学的特性、消化タンパク質分解への影響、腸内微生物叢、および炎症との関連性について、ヒトにおいて完全には解明されていない(ほぼ全ての研究が試験管試験あるいは動物実験)
  3. 高齢者やIBD患者への影響に関する臨床研究がほとんど存在しない

確かに、今までも、動物のみを対象とした検証によって安全とされ、何年も使用され続けた後で、実は安全でなかったと判明した食品添加物がたくさんあります。ですから、ヒトで検証されていない限り、理論的に云々言われても、完全に安心・安全な物質とは言えませんね。

ペットフードの中のカラギーナン

動物飼料に使用される添加物および製品または物質について議論するEFSAパネルは、『ペットおよびその他の非食用動物の飼料添加物としてのカラギーナンの安全性と有効性』という2022年4月に発表された報告書の中で、

「EFSAは、カラギーナンの安全性について結論づける立場にない」

と、述べています。

あれ?EFSAは、ヒトの食品添加物としてカラギーナンは「一般に安全と認識されている」という立場じゃなかったでしたっけ?

これは、Generally recognized as safe という英語の「recognized」は、必ずしも安全であることを承認しているという意味ではないからです。「一般的にみんなが安全だと認識している」というだけの意味です。つまり、安全だと認識されているけれども、安全だと言い切れない物質ということです。

ペットフードとしてそうなのであれば、ヒトに対しての安全性については、尚更、安心できないと私は感じます。

ソフィアウッズ・インスティテュートの対応

統合食養学の公認ヘルスコーチとしては、心から安心してカラギーナンと付き合うためには、ヒトを対象とした信頼のおける今後の研究成果を待ちたいと思います。

しかし、現実的には、カラギーナンが普通に様々な食品に使われている現状と折り合いをつけていかなくてはなりません。

「少量・たまに・たまたま」なら神経質にならない

完全に安全だと分るまでは、できるだけ避けた方が良いでしょう。

でも、たまに、少量、カラギーナンが含まれている加工食品を口にすることで、直ぐに大きな健康被害が起こるとは考えにくいです。そのため、たまに、少量、たまたま、カラギーナンが含まれている加工食品を食べたとしても、あまり神経質になる必要は無いと考えます。

止めた方が良い食べ方

ただし、カラギーナンが使用されている特定の加工食品を長期にわたって食べ続けること、一度に大量に食べることは止めた方が良いでしょう。

そして、カラギーナンが使用されている飲料は、止めておいた方が良さそうです。

カラギーナンを避けた方が良い人

そしてもちろん、IBDや胃腸に課題を抱えている人は、念のため、積極的に避けておく方が安心です。

全てはこれからの研究成果次第

今後、上記で指摘された3点について、明確な情報が蓄積・分析・評価され、本当にヒトにとって安全な物質であることが証明されれば、安心です。

それが分かるまでは、あまり神経質にならずに、でも、賢く避けていくことが安心で良いのではないかと思います。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

参考文献:

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.