ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

チアシードを和食に活用する方法とチアシードを食べると危険な人

12345

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

チアシードもスーパーフードの仲間入り

チアシードやフラックスシードなど、スーパーフード、スーパーシードについては、もう既に多くの人が知るところだと思います。

昨年くらいから日本でも人気がでてきましたよね。

私も2015年、雑誌『からだにいいこと』からインタビューを受けて、スーパーシードチアシードフラックスシードヘンプシード等)の食べ方や効能についてコメントさせていただきました。

チアシードの使い方

チアシードの使い方には、大きく分けて3つあります。

  1. すりつぶす (すりつぶした後でも、フラックスシードとは異なり、酸化しにくいですよ)
  2. 液体で戻す (原則:チアシード1杯に対して、9倍の水分で戻す。冷蔵庫で約2週間もちます)
  3. 発芽させる

チアシードのは、ヘンプシードやゴマと同様に硬いので、ただ、ふりかけるだけでは、体内で消化されず、そのまま排出されてしまいます。そのためすりつぶすことが大切です。

また、チアシードは水分をその9倍吸収するので、そのまま食べてしまうと、体内(喉や胃など)の水分や粘液を吸収してしまい、体内に貼りつき、その後、様々な不快な状態を招いてしまうことが報告さているので、注意してください。

なお、ゴマは炒って使えますが、チアシードは熱に弱いので、炒ってはいけませんし、焼き菓子など熱を加える料理に使うのもお勧めできません。

チアシードに期待されている作用

  • 心疾患予防・高血圧予防 (米国心臓協会(American Heart Association)が推奨)
  • 血糖値の正常化
  • 関節炎の緩和
  • 乳がん・子宮がんの予防と増殖抑制 (参考文献参照のこと)
  • 基礎代謝の向上
  • 神経伝達物質の作用促進 (豊富なカルシウム)
  • 骨粗鬆症予防 (カルシウムの吸収を促すボロンを含有している)
  • 筋肉増強 (20種のアミノ酸全てを含有)
  • 美肌効果
  • 腸内デトックス (液体で戻して使った場合
  • 満腹感 (過食の予防)
  • 乾燥肌の改善

チアシードをデザートにすることに飽きた皆さまへ

チアシードをジェルにしてデザートとして食べることには、既に飽きてしまったかもしれない皆さまに、今回は、チアシードを和食として使えないだろうかと思い、こんなことをしてみました。

せっかくスーパーな効能をもっているチアシードも、スムージーに入れるだけでは、いくらなんでも飽きてしまいます。少なくとも私は飽きました(笑)。

いつもの食事に、和食として色々活用できたら、飽きませんよね。

春野菜のチアシード・ジェル出汁和え

IMG_3222

春野菜のこごみタラの芽と、やっぱり今旬のアスパラガスを湯がいて、ジェル出汁で、和えてみました。

お野菜を湯がく時、沸騰したお湯ではなく、沸騰直前に火を止めたお湯の中で、しゃぶしゃぶするくらいがいいと思います。また、湯がいた後、冷水にさらすと春野菜は固くなってしまうので、ザルに揚げて冷ますといいですよ。

こごみの頭はつぶれやすいので、他の部分とは別に湯がくと、形が綺麗に残ります。また、ジェル出汁と和える時も、頭だけ別に和えて、盛り付ける時に、いっしょにすると安心です。

チアシードを使った和風ジェル出汁

濃いめに作った出汁でチアシードを戻して、ジェル出汁にしています。

チアシードが出汁をジェル化してくれているので、お野菜といい感じに絡まって、美味しくいただくことができました。

お浸しにするよりも、お野菜の色合いを綺麗なまま維持できます。

また、ジェル出汁が直接、舌に触れるので、塩分を感じやすく、お浸しにするよりも、かなり塩分少なめでも、十分美味しくいただけます。

チアシード和えのバリエーション

今回は、濃いめの出汁で、チアシードを戻しましたが

  • 梅酢
  • 辛し和えの出汁
  • 醤油
  • 冷やしあんかけのあん(片栗粉を使わずにトロみを出す)

などに使ったら、他のお料理にもレパートリーが広がります。

その時、チアシードを熱さないように気をつけてくださいね。チアシードに豊富に含まれているオメガ3不飽和脂肪酸は、熱に弱いので、チアシードは茹でたり、炒めたり、といった加熱調理には向きません

チアシードを食べる前に医者に相談すべき人

オーガニック・チアシードは、米国食品医薬品局(FDA)から安全な食品として認定されている食品です。でも、その摂取に気をつけなければならない人もいるのです。次に挙げる人達は、チアシードを食事に取入れる前に、医師と相談してくださいね。(それぞれの裏付けについては、下の参考文献を参照してください)

  • 胃腸に不調がある (チアシードの豊富な食物繊維が症状を悪化させると言われています)
  • アレルギーがある (チアシードのタンパク質アレルゲンとなる人がいるとEUが報告しています)
  • 不整脈がある (チアシードは血液サラサラ効果が高いため、ワーファリン等血液を薄める薬を処方されている人は特に注意が必要です。血が止まらなくなります)
  • 手術を控えている (上と同じ理由です)
  • 前立腺がんがある、または、前立腺がんの家族がいる (チアシードに豊富なαリノール酸が前立腺がんの発症リスクを上昇させるという報告があります。一方でリスクが軽減されたという報告もあるのですが、影響が確定されていないため、避けた方が無難と思われます)
  • 妊婦&授乳中の母親 (妊婦と授乳婦への影響について十分な調査が行われていないため、念のため避けることが好ましいと考えらえています)

チアシードには、依存性があるという報告もあります。そのため、いくらチアシードがスーパーシードだとは言え、毎日食べることは好ましくないとされています。時々、食事に取入れる程度が調度良いでしょう。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.