ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

なんだか守られてるなぁ~

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

新年会を中止にしたのに色々上手く廻っているので、ブログにしてみました。

新年会の開催是非の経緯

昨年の10月頃から落ち着きを見せていたコロナウイルスの感染状況が、やはり年が明けて1月も半ばが過ぎるころから急激に増加してきました。

1月下旬に予定していたソフィアウッズ・インスティテュートの Sophie’s Club の新年会も開催の是非を検討しなければならなくなりました。

オミクロン株は、今までのコロナウイルスよりも感染力は強いようですが、感染しても無症状か普通の風邪とインフルエンザの中間くらいの症状で治まっている人が大多数。喉の痛みも頭痛も筋肉痛も普通のインフルエンザでも起こることだし、症状の軽重は当人の免疫力や体質に依ることが大きいものだし、しっかりと感染対策をすれば新年会は開催できると私は思っていました。

新年会に選んだお店も感染対策がしっかりしているお店です。

入店時の検温と消毒は当然として、CO2濃度計測器を設置して換気、1テーブル4名まで、アクリル板設置、予約時間に私達以外の他のグループなし。酒類の提供なし。

新年会はランチ会なので、まん延防止措置の営業時間制限にも違反しません。

こうした環境で行う新年会に何ら問題は無いと私は今でも思っています。しかしマスコミから見る世の中の騒ぎ様は、新年会の開催を私の一存で決めてはいけない雰囲気です。

そのため、参加者に現状を踏まえた上での参加について、再確認のメールを送ることにしました。

結果が出る前に小池都知事の「不要不急」要請が

ソフィアウッズ・インスティテュートは真面目?素直?な組織ですから(笑)、都知事からお願いされたら「マジかっ!それって大げさなんじゃないの?」と思っても取り敢えず従います。新年会くらいで自分の信念を主張しなくても私の認知欲求は大丈夫です。

そのため、参加者の意向や私の価値観は横に、新年会を取りやめることにしました。

話は横にそれますが、実家のお寺さんが新年に配ってくれる冊子に掲載されている占いが、ここ2-3年、気味が悪いくらいにとてもよく当たるんです。で、今年の占いには、「ものごとが思う様に進まないことが多い」と書かれていて、早速、新年早々に当たっちゃったわねとは思いました。

新年会の中止にかかる費用

新年会の開催に向けていくつか準備していたことがあり、それらにかかった費用は、新年会の中止と共に無駄になってしまうため、がっかりしていました。

例えば、そのひとつに参加者のお土産として、オリンピック・ボランティア活動で知り合ったフランス菓子職人さんにお願いしていたクッキー類。彼女のお仕事を応援するつもりもあったので、新年会が中止になってもキャンセルはしないと伝え、既にお支払も昨年末に済ませていました。

新年会を中止にした途端にくるくると

新年会を中止にすると、参加者に連絡した次の日、

クッキー代が返金に

クッキーをお願いしていた彼女から「長男がコロナ陽性となってしまったため、自分も濃厚接触者なので、クッキーを焼いてお届けできなくなった」と連絡がありました。「費用は払い戻します」と。

彼女のご長男がコロナ感染したことは非常に心配なことですし、彼女の美味しいクッキーが食べられなくなったのは非常に残念なのですが、思いがけず、費用が戻ってくることとなりました。

サロン予約がキャンセルでも影響なし

そして今日、新年会の前に予約をいれていた、いつものヘアサロンのスタイリストさんから、「長女が保育園で濃厚接触者になってしまったため、自分も自宅待機しなくてはならなくなった」と連絡がありました。「予約は一旦キャンセルに」と。

彼女もまた心配なことですが、私としては新年会を中止にしたので、どうしてもその日に綺麗にしなければならない理由がなくなったので(笑)、予約のキャンセルは問題なし。

お届け予定がスムーズに

それに実はその日、母が毎年、庭の柚子の実(無農薬・放置栽培?)とブラウンシュガーで作るジャムを元同僚2人に届ける約束をしていた日でした。

サロンの予約と元同僚達の都合に合わせて、午前中のサロンの予約の後にひとり、いったん帰宅し、その後あらためて、夕方にもうひとりにお届け予定でした。

しかし、サロンの予約が無くなったことで、一旦帰宅して出直すことなく、元同僚2人に順番にスムーズにお届けできるようになりました。

思いがけないプレゼント

しかも「手作りハラスメント」という言葉もある世の中で、母の手作りジャムをもらっていただけるだけでも有難いのに、ジャムをお届けしたら、元同僚達がそれぞれお返しを用意してきてくれていました。

ビックリです。

ピスタチオクリームがのったハート型のチョコレートケーキと、アーモンドをマスカルポーネチーズとチョコレートでコーティングしたキャンディです。

ピスタチオ、大好きです。マスカルポーネチーズは大大大好きです。私の方がラッキーな返礼品をいただいちゃいました。有難いです。

想定とは違うけど上手く廻っている

確かに、当初、予定していたこととは、いろいろと大きく変わりましたが、結果的に、些細なことですが、なんだかとてもスムーズにものごとが回っているように感じます。

思う通りに進まない ≒ 悪いこと

だと、あらためて認識するとともに

なんだか守られているなぁ~と、感じた日でした。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.