明日から絶対に食べたくなる生姜の効果

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

日本に住んでいたら、生姜は避けては通れない、とても重要な薬味のひとつです。

中東、ビルマ、中国などの国や地域でも、食品、スパイス、サプリメント、香料、そして、薬として、3,000年以上も前から活用されてきました。今では、EUやアメリカでも購入することができます。

伝統的な薬(生薬)として生姜は、風邪、頭痛、吐き気、胃もたれ、下痢、関節痛などの緩和のために、駆風剤、整腸剤、消化剤などとして用いられてきました。近年では、生姜に自然毒性、化学毒性、放射線誘発性の毒性に対する薬理活性があることが知られ、放射線防護作用、胃や肝臓や腎臓の保護作用、神経保護作用、生殖器の保護効果などについて、分子レベルでの作用機序が研究されています。

そんな生姜の機能について、九州産業大学生命科学部生命科学科の木山亮一博士が、九州産業大学基盤技術推進助成金および文部科学省基盤研究費補助金を受けて、現在までに世界中で行われてきた生姜の薬効に関する研究論文を成分ごとに整理したレビュー論文を2020年に発表されていました。

今回は、その研究論文を基に、ヒトを対象に行われた研究(臨床研究)のうち、信頼性が高い二重盲ランダム比較試験による結果なども追加して、生姜の機能について、お伝えします。

裏付けとなる研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています。ただし、各論文内で引用されている研究については、元の論文の索引をご確認ください。

その前に生姜の基本情報から。

生姜は、大きく次の3種類に分けることができます。

  1. 根ショウガ
  2. 葉ショウガ
  3. 矢ショウガ

一般的に「生姜」として認識されている生姜です。スーパーに行けば一年中、手に入る食品ですが、実は、収穫時期は9月頃から始まり、11月頃が旬とされています。この時期に収穫されたものが「新ショウガ」です。

秋に収穫した生姜を貯蔵しておいて一年間を通して使用する生姜は「ひねショウガ」です。これが一般的に私たちが「生姜」と呼んでいるものです。

生姜の根がまだ小さい時、夏の終わり頃に収穫したもので、葉をつけたまま販売されています。

酢味噌などと一緒に食べたりします。

和食屋さんで焼き魚を注文すると、横に添えられているピンク色の細い生姜です。

それは、矢シショウガを酢漬けにしたものです。

茎が赤いのが特徴です。

生姜には、約118種類の成分が含まれていることが報告されています。それらは、次の2つに大別できます。

  1. 有機物と無機物
  2. 揮発性成分(精油)と不揮発性成分

生姜に含まれている栄養成分(有機物と無機物)の量については、厚生労働省の食品成分表に掲載されているものと、九州産業大学が発表した論文に記載されていたものとの間に大きな開きがあり、少々困惑する情報です。

ただ厚生労働省の食品成分表に登録されている生姜は皮をむいた状態のものですから、油分などに関してはその影響が違いを生んだ大きな原因のひとつと考えられます。しかし、その他の成分については、研究ごとに数値にばらつきがあるのは当然としても、これだけ違うと「ばらつき」の範囲を越えていて、なぜ、こんなに違うのか不思議です

私の生姜を食べた時の感覚としては、食物繊維を多く感じますから、九州産業大学の数値の方がいつも食べている生姜に近いように思います。

揮発性成分は、主に、セスキテルペンとモノテルペンです。そして、不揮発性成分は、フェノール類とジアリールヘプタノイドです。

セスキテルペン・・・β-エレメン、ファルネセン、ゼルンボーンなど、天然のフレーバーやフレグランスの主要成分です。

モノテルペン・・・シネオール、シトラール、リモネン、α/β-ピネンなど、数多くの薬理学的活性の源としてだけでなく、心地よい香り、スパイシーな味の源です。

フェノール類・・・ジンゲロール、ショウガオール、パラドール、ジンゲロンなど、天然に存在する生理活性化合物の重要なポリフェノールが含まれます。生姜の辛味成分です。

ジアリールヘプタノイド・・・クルクミン、クルクミノイドの主要構成成分です。もともとはターメリック(うこん)から発見された成分ですが、生姜にも主要成分として含まれています。

また、生姜にはフラボノイドも大量に含まれています。しかし、ほとんどが他の食品にも含まれているものと同じで、生姜特有のフラボノイドはありませんでした。

生姜に含まれている揮発性と不揮発性の成分に、多くの生理学的な効果や薬理学的な効果があると報告されています。

多くの臨床研究、疫学研究とそのメタ分析によって、生姜の非常に多様な効果が明らかになっています。

抗がん剤を用いたがんの化学療法の副作用として発生する嘔吐に生姜が有効であることが、総数301人が被験者となった3つ研究で示されています。また、10件の研究のメタ分析でも同様の結果が得られています。

1日1g以下の生姜を3日間以上続けた結果、急性嘔吐の発生が60%減少できると報告されています。16件の二重盲ランダム化試験においても抗がん剤治療(化学療法)における嘔吐の予防と軽減に効果があることが実証されています。

総数693人が参加者した11件の研究のメタ分析は、手術を受ける前に生姜を食べると、麻酔薬による嘔吐と吐き気の発生率が有意に減少したことが観察されています。 総数918人の患者を対象とした10件の研究では、手術後に生姜を食べても麻酔による吐き気と嘔吐の発生率が低下することが報告されています。

更に、18件の研究のメタ分析では、妊娠中のつわりによる吐き気と嘔吐にも生姜が効果があることが証明されています。

14件の臨床試験と8件の比較化試験が、生姜がプラセボ(偽薬)を服用したグループと比較して有意に制吐効果を示したことを明らかにしています。

生姜は、次の薬剤と同等の効果を示しています。

  • 抗ヒスタミン剤
  • メトクロプラミド
  • ビタミンB6(ピリドキシン)

など

更に、生姜は、ビタミンB6よりも吐き気を軽減する効果が高いと結論づけている研究もありました。ビタミンB6の詳しい機能と多く含む食品については『ビタミンB6』をご確認ください。

乗り物酔いとめまいに対する有効性が、いくつかの研究で調査されていますが、結果に一貫性はありませんでした。

面白い研究では、回転する乗り物内で、実際に体は動いていないにも関わらず回転感覚が生じる現象で引き起こされる頻胃活動が大幅に減少したことが報告されています。生姜を食べておくと、遊園地のコーヒーカップで胃が気持ち悪くならないってことですかね?(笑)

生姜の成分が次の生理学的な炎症誘発性反応を抑制することが示唆されています。

  • ROS/NF-κB 経路
  • ホスホイノシチド 3-キナーゼ (PI3K)/Akt 経路
  • Toll様受容体経路

総数593人の患者を対象とした6つの研究で、対照グループと比較して、生姜を摂取後の炎症が有意に低下し、変形性関節症の治療に生姜が有効であることが実証されています。

具体的には、生姜パウダー500 mgを摂取した3か月後に炎症誘発性サイトカインのレベルが低下したと報告されています。副作用はなかったとのことです。

生姜パウダーを摂取した人々を対象とした他の研究でも、75% が関節炎の痛みや腫れの軽減を経験しました。

生姜の摂取が、対照グループと比較して、次の炎症性物質の発生を低下させたことが報告されています。

  • 瘍壊死因子(TNF)α
  • フェリチン
  • マロンジアルデヒド(MDA)

また、生姜の抽出物が関節リウマチのラットモデルでも関節炎反応を抑制したことが観察されています。

生姜が、ヒスタミンを阻害して、サイトカイン(炎症性物質)の量を適切に保ち、免疫機能にとって良い働きをすることが報告されています。

生姜の抽出液500mgを摂取するグループとプロラタジン10mgを摂取するグループに分け、それぞれ6週間摂取した後の症状の改善度を比較した結果、改善度合いが同程度であったことが報告されています。

つまり、生姜がクラリチン(抗ヒスタミン剤、主成分ロラタジン)と同程度にアレルギー性鼻炎の症状を改善するこtが示されたわけです。

更に、生姜の抽出液を摂取したグループでは、抗ヒスタミン剤特有の眠気や倦怠感や便秘といった副作用が起こらなかったことから、生姜は、クラリチンよりも優れた抗ヒスタミン食品であると結論づけられています。

総数734人が参加した8つの研究のメタ分析で、生姜には炎症の鎮痛作用があることが証明されています。

生姜の成分が筋肉痛やけいれんを緩和することが明らかになっています。

4件のランダム比較化臨床試験のうち2件で、生姜がプラセボ(偽薬)グループと比較して、筋肉痛を軽減したことが報告されています。

生姜の片頭痛と頭痛の改善効果を検証した3件のランダム比較化臨床試験は、次の薬との比較において、生姜が有意に症状を軽減したことを示しています。

  1. スマトリプタン(片頭痛発作治療薬)
  2. プラセボ(偽薬)

経皮経管的冠動脈形成術によって引き起こされる腰痛と胸痛のある患者の鎮痛に対しても、生姜が有用な選択肢になると結論づけられています。

低酸素状態は、心筋細胞のアポトーシス、心機能不全、虚血/再灌流、心筋梗塞を引き起こすことが知られています。

生姜の成分が心筋虚血/再灌流損傷による心臓の炎症を抑制したことが報告されています。

生姜の成分が、高脂肪食下で軽度のアテローム性動脈硬化症のマウスモデルでアテローム形成を軽減できることが報告されています。

また、生姜の成分がビグリカン合成を阻害して、アテローム性動脈硬化の予防に対して有益な役割をもつと考えられています。更に、コレステロール合成と脂質の蓄積を減少させ、オートファジーを誘導することによって、アテローム性動脈硬化の予防に有益であると考えられています。

そのため、血液の抗凝固剤を服用している人は、生姜の食べ過ぎに注意が必要です。粘膜出血を引き起こす可能性があると考えられています。

心筋梗塞から回復中の患者に生姜パウダー10gを服用させると、アデノシン二リン酸誘発性およびエピネフリン誘発性の血小板凝集が有意に減少したことが報告されています。

総数345人の被験者に対する6件の生姜の血圧への影響を調べた研究のメタ分析では、生姜の摂取が血圧に好ましい効果をもたらすことが明らかにされています。

4,628人の参加者を対象とした分析でも同様の結果が得られています。生姜には、高血圧症や冠状動脈性心疾患に対して効果があることが明らかにされています。

続きは「限定公開記事」でお読みいただけます。

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に、ご登録いただくと
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

次回新学期は、3月21日/24日スタートです。講座でお会いしましょう。

この記事を読んでくださった人は、上記のレクチャーにもご興味あるのではないでしょうか。詳しくはそれぞれの画像をクリックしてご確認くださいね。

もし何かおひとりで取り組むことに不安や難しさを感じることがありましたら、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング