「GLP-1(ウゴービ)ダイエット」よりも安全でGLP-1の自然な分泌を促すナチュラルな方法

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

糖尿病治療薬として、そして肥満症治療薬としても注目されているGLP-1と呼ばれるペプチドを用いた医薬品を、やせ薬として「不適切使用」を勧める美容クリニックが増えていることが問題になっていると、メディカル・トリビューンが取り上げていました。

そのため、ソフィアウッズ・インスティテュートでもこのペプチドとその薬について記事にまとめることにしました。

なお、裏付けとなる研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています。

GLP-1は、食事に反応して放出される消化管ホルモン(インクレチン)のひとつです。

インスリンの分泌を促進するインクレチンには次の2種類があります。

  • GIP (Gastric Inhibitory Polypeptide)グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド|主に小腸上部のK細胞が分泌
  • GLP-1(Glucagon-Like Peptide-1)グルカゴン様ペプチド1|小腸下部の上皮L細胞から分泌される、アミノ酸が30も結合したペプチド

両方ともインスリンの分泌を促進して、すい臓のβ細胞を保護する作用を持っています。

GLP-1の主な作用は、次の3つです。

  1. インスリン分泌を刺激|血糖値の上昇を抑制
  2. グルカゴン分泌を阻害|食後の血糖値の変動を制限
  3. 胃液分泌抑制&胃運動抑制|消化時間が長くなり満腹感を持続させる

上記のことから、GLP-1 は食欲と食事行動など、生理学的な行為をコントロールする要因のひとつだと考えられています。

そのため、GLP-1の過不足によって次の影響が起こります。

  • GLP-1の分泌不足・・・肥満の発症に寄与する可能性
  • GLP-1の過剰分泌・・・食後反応性低血糖の原因となる可能性

つまりGLP-1は、血糖値を安定的に保ち満腹感を継続させるなど、痩せたい人たちにとって、非常に魅力的にうつる成分だということが理解できます。

しかし、痩身クリニックで処方してもらえる「GLP-1」は、GLP-1そのものではありません。

GLP-1の作用を活用することを目的に、II型糖尿病の治療薬として開発されたGLP-1RA(グルカゴン様ペプチド1受容体アゴニスト/GLP-1受容体作動薬)という成分を含む医薬品です。

現在、2つのメーカーからそれぞれ次の名称で製造されています。

  • セマグルチド(商品名 オゼンピック、ウゴービ
  • リラグルチド(商品名 サクセンダ、ビクトーザ

このGLP-1RAは、II型糖尿病のみに適用されてきましたが、2023年3月に肥満症の治療薬としても日本で承認され、2024年2月22日にウゴービが発売されたことが、肥満症ではないけれども痩せたいという希望を持っている人への不適切使用が行われるきっかけとなったようです。

そしてそれが、最近注目を集めている「GLP-1ダイエット」と呼ばれるものです。

「GLP-1ダイエット」を提供しているクリニックの広告は共通して、次のような誤った記載がなされています。

GLP-1は体内に存在するため安全である
体内にGLP-1を取り込むだけで自然に体重が減少する

上述した通り、クリニックで使用されるGLP-1は、GLP-1そのものではなく、GLP-1RAという化合物です。

日本糖尿病学会理事長/国立国際医療研究センター研究所糖尿病研究センターセンター長の植木浩二郎氏は、次のような苦言を呈していらっしゃいます。

「医療広告として適切か疑問だ」

しかも、肥満症に適用される場合には、次のいずれかの基準を満たしていなければなりません。

  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • II型糖尿病
  • BMI27以上で2つ以上の肥満関連の健康障害を有する
  • BMI35以上

ただ痩せたいだけの人には使用してはいけないのです。

GLP-1RAをやせ薬として用いることの問題は、主にその副作用です。

ネット上には、GLP-1RAの副作用は、次のような軽度の不調だと記載されているものを多く目にしますが大きな誤りです。

  • 腹痛
  • 下痢/便秘
  • 腹部膨満感

など。また、嘔吐や激しい腹痛、急性膵炎などの重篤な副作用は稀にしか起こらないかのように記載されています。

しかし、実際には、その逆、膵炎を含む重篤な胃腸障害が副作用の大半を占めています。2022年3月までに報告があった120例のGLP-1RAによる副作用の内訳は次の通りです。

  • 胃腸障害(膵炎)(40症例)
  • 腎臓障害(23症例)
  • 皮膚障害(14症例)
  • 肝臓障害(10症例)
  • 免疫障害(13症例)
  • 内分泌/代謝障害(7症例)
  • 血液系、血管性浮腫(各3症例)
  • 神経系、心血管系(各2症例)
  • 精神科、生殖器系、全身性の浮腫(各1症例)

副作用の3件に1件は、胃腸障害、特に、膵炎(すい炎)だと判ります。

GLP-1RAはあくまでも糖尿病治療のための医薬品です。

すい臓の機能に不全が起きている糖尿病患者にとっては、すい機能を助け、良い作用をもたらす薬ですが、すい機能に問題のない人が服用することで、逆にすい機能に不具合をもたらしてしまうのだということを正しく理解することが重要です。

例えば、幻覚剤のLSDは、元々は統合失調症の治療薬です。それを健常者が用いることで幻覚作用が起き、最終的には脳細胞が破壊され、統合失調症を発症します。それと同じことです。すい機能に問題がない人が、GLP-1RAを服用すれば、次第にすい機能が破壊されていくと考えるのが普通です。

GLP-1RAは、副作用がほとんどない魔法のやせ薬ではありません

兵庫県立大学環境人間学部の永井成美教授は、「痩せ」は次の3つに分類できると言います。

  1. 基礎代謝や運動量が平均以上、または、体質的に太りにくい痩せ
  2. 適切な食事と運動習慣によって体重を維持している健康的な痩せ
  3. 摂取カロリーや体重だけに着目した食事制限などによって体重を減らしている痩せ

永井先生によれば、「GLP-1受容体作動薬」を用いた不適切な痩身に関心をもつのは3番目の痩せの人たちだと指摘しています。

メディアやSNSに登場するアイドルやモデル、女優、アニメのヒロイン、バーチャルアイドルは、とても細くて華奢なことが圧倒的に多く、そうした痩せを礼賛するメディア描写や社会的圧力によって、女性が痩身体型を理想とし、他者との外見比較が促され、その結果、過激なダイエットや安全ではないやせ薬に走ってしまうのであろうとおっしゃっています。

永井先生の研究によって、カロリーなどに執着した極端な食事制限を繰り返し行う人には次の傾向が高いことが明らかにされています。

  • 自分の体に対するネガティブな印象(ネガティブ・ボディイメージ)が強い
  • 自分の体に対する好意的な印象(ポジティブ・ボディイメージ)が低い
  • 自分の体を受け入れ大切にする気持ちや行動(ボディ・アプリシエーション)が薄い

SNSやメディアによる誤った情報以外で、ボディイメージを悪化させる要因のひとつは、不健康な食事です。

不健康な食事によって、自己の体型に対するネガティブな感情がより強くなることが、米国と日本の女子大生を対象とした研究によって示されています。

米国の研究では、36人の女子大生に健康的な朝食(オートミール)と不健康な朝食(ドーナツ)を与えたところ、後者で外見的自尊心が低下しました。

日本の研究では、13人の女子大学生に健康的な朝食(和食)と不健康な朝食(ドーナツ)を与えたところ、前者でボディアプリシエーションと自尊心が上昇し、理想の体型が実際の体型に近づく傾向が見られました。

SNS上の画像やメディアによる価値観の強要を個人が変えることはできないとしても、それによる影響を軽減することはできるはずです。

まずは、あなたの体型に対して劣等感を感じさせるようなSNSやメディアを観ないようにすることです。あなたの心が安らぐようなものをあなたの生活の中に増やしていくことが大切です。

ヒトは本能的に、自分に恐怖を与えるものから目が離せなくなるものです。そしてそのうちにそれが魅力的だから目が離せないのだと勘違いしてしまう生き物です。

あなたの心をざわつかせるようなものから目を背ける勇気をもちましょう。大丈夫です。あなたは消えてなくなりはしません。

健康的な食事によってボディイメージが改善し、不健康な食事によってボディイメージが悪化すると、上で日米の研究をご紹介しました。

カロリーや食事量を制限した極端なダイエットをしている人は、自分が健康的な食事をしていると思っているのかもしれません。確かに一時的に痩せていくので、ボディイメージは痩せている間はポジティブになるのかもしれません。しかし、その後必ずやってくるリバウンドで、ボディイメージは確実にネガティブになるでしょう。

食事制限とリバウンドを繰り返している人は、体がジェットコースターのように上ったり下ったりしているだけでなく、心の状態も同じ様に上がったり下がったりしているのです。

そんな食事が、心にも体にも良いわけがないことは、あなたなら直感的に理解できるはずです。そして、そんな極端な上下運動を引き起こすダイエットが本当の意味で健康的であるはずがないことも、もう十分に分かっているのではないでしょうか。

あなたは自前でGLP-1を分泌させることができるのです。このペプチドがちゃんと分泌されるような体を作れば良いだけです。

だって、あなたは食べたものでできているのですから。

GLP-1もあなたが食べたものでできています。あなたのライフスタイルによって分泌を促すことができるものです。

では、GLP-1の分泌を促し、心と体にアップ&ダウンを起こさない本当の意味で健康的な食事とはどのようなものでしょうか。

続きは「限定公開記事」でお読みいただけます。

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に、ご登録いただくと
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

さて、GLP-1RAによって一時的に痩せられたとしても、そのことで膵機能や胃腸機能にダメージを与えてしまったら、結局、痩せられない体を自ら作ってしまうことになります。痩せられないだけならまだしも、糖尿病を発症してしまう可能性だってあるのです。

そんな危険を侵してまで服用する価値がある薬なんてありません。ましてやそれが医師会から不適切利用とされている方法なら尚更です。

まずは、今回ご紹介した食事に取り組むところから始めてみてはいかがでしょうか。

チートデーが必要になるくらい辛く苦しい食事制限、リバウンドが約束されている食事制限を続けるよりもずっと楽で楽しいはずです。しかもナチュラルな痩せが得られるのなら最高ではありませんか?

そしてもし、おひとりで取り組むことに不安や難しさを感じるのでしたら、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?

セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

もちろん、極端な食事制限を必要としない食事法と、その科学的・生理学的な根拠・仕組みについても詳しくお伝えしています。

お申し込みお待ちしています。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング