ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

あなたの不調は大腸と小腸どっちが原因?|発酵食品を食べれば良いわけではない大腸と小腸で必要な栄養は違う(小腸編)

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

権威あるサイエンス専門誌『セル(細胞)』に腸内にいる免疫細胞の一種マクロファージと、腸内環境についての論文が掲載されていました。

その論文には、食事と腸内の共生細菌に焦点を当て、大腸と小腸のマクロファージの機能性(挙動)への影響の違いを明確にすること、理想的には特定の腸内マクロファージ集団および/またはその機能に働きかけるユニークな治療法につながることを期待していると書かれていました。

元の論文はとても長いのですが、腸内の免疫細胞(マクロファージ)の働きについて詳しくまとめられています。ご関心のある方は、最後に参考文献としてリンクを掲載していますので、ご参照ください。

ヘルスコーチとしては、腸内の免疫細胞と共生細菌と食事との関係には大きな関心をもっています。そのため、腸内環境の改善のための食事を考える上で、少なくとも現在判っていることを整理したいと思い、食事に関する部分だけ読んでみました。

とても興味深かったので、難しいことはさておき、超簡単にした内容を小腸編と大腸編に分けて皆さんにお伝えします。

大腸と小腸の環境は全然違う

小腸と大腸は、長さや形状が大きく異なっているのに、それぞれに生息しているマクロファージの特徴や機能について、直接比較した研究は、あまり多くありません。少ない研究の中から判ったことは、哺乳類の腸内細菌の環境は、小腸から大腸へと腸管に沿って大きく変化していくということです。

  • 腸内細菌の量
  • 腸粘膜の厚さ
  • 酸性度

は、小腸から大腸に向かって増加していきます。

免疫細胞の行動に食事が大きく影響

消化管は、食物消化・吸収の中心です。ヒトが食品から直接吸収できない栄養素は、腸内細菌が分解してくれます。そして、免疫細胞の6割以上が腸内に住んでいます。

腸内細菌と食事の関係については、ここ数年の注目のテーマですが、腸内の免疫細胞にとっても食事は非常に重要な役割を果たしています。

腸内の免疫細胞の中には、腸の内容物から直接、栄養を吸収できるものもいるかもしれませんが、多くは、腸粘膜(粘膜固有層)を通して栄養を吸収します。

免疫細胞が活用できる腸内の栄養の量は

  • 食事の量
  • 腸の代謝・処理・分解能力
  • 体内吸収力と速度(腸内での欠乏の速さ)

によって変わります。

そして、免疫細胞の機能の善し悪しは

  • 食事から取り込まれた栄養素の質と量
  • 腸内細菌による代謝物(二次代謝産物)
  • 腸内細菌自体

から大きな影響を受けます。

免疫細胞が腸内の特定場所に集中しているのは、特定の栄養素がそこに集中しているからだと考えられています。

小腸に課題があると思われる人とは

小腸内には、腸内細菌があまり多くいません。小腸内の免疫細胞には、腸内細菌依存型と腸内細菌独立型があると考えられています。

小腸は、栄養素の吸収と食物耐性(抗食物アレルギー)にとって、非常に重要な役割を担っています。そのため、食物アレルギーや不耐性がある人、ちゃんと食べているのに栄養失調傾向がある人は、もしかしたら小腸に課題があるのかもしれません。

小腸の免疫細胞にとって食事が最も影響力がある

腸内細菌からの影響が少ないため、小腸内の免疫細胞にとって、食事から得る栄養素が最も影響力のある因子と考えられます。実際、小腸内の免疫細胞の成長にとって、腸内の栄養の充実が重要であることが示されています。

餌を与えずにマウスの腸管内から栄養素を全て除去した実験では、

  • 免疫細胞(マクロファージ)
  • 成熟したマクロファージ(F4/80分子)
  • 抗体(CD11b細胞)
  • 抗炎症性サイトカイン(IL-10)

が、小腸内で減少したことが報告されています。

十分な栄養が与えられないと、免疫力が落ち、内臓炎症が起こりやすくなると、いうことでしょうか。

小腸内の免疫力にはビタミンAとタンパク質

どんな栄養素が小腸の免疫細胞にとって有効なのかと言えば、ビタミンAとタンパク質が小腸内の免疫力を一定に(免疫恒常性を)保つために重要な働きをしていることが報告されています。

ビタミンAの役割

レチノイン酸のようなビタミンAの代謝物は小腸で吸収され、高濃度で小腸組織に存在しています。そして、小腸内の免疫システムに多様な影響を与えています。小腸内にビタミンAが十分に利用可能であることが、重要な役割を果たしていると、複数の研究が示しています。

免疫細胞の暴走を抑えつつ殺菌作用を維持

例えば、ビタミンA豊富な餌を与えられたマウスでは、炎症誘発仲介物質が減少し、ビタミンAが小腸内の免疫細胞(マクロファージ)を落ち着かせる役割を果たしていることが示されています。また、対照群と比較して、殺菌作用のあるタンパク質(デクチン-1)が増加したことが示されており、病原菌の攻撃に備えてバランスを保つためではないかと考えられています。

ビタミンAを多く食べることで、炎症性疾患を予防してかつ感染症予防もできるということですね。

免疫細胞の学習を促進し誤ったアレルギー反応を予防

抗原提示細胞として機能する免疫細胞の一種である樹状細胞の、小腸での分化(専門性の獲得)は、レチノイン酸を経口摂取することで促進することが示されています。これは、免疫調節剤として、かつ、小腸のマクロファージが免疫寛容と免疫原性を学習する上で、ビタミンAが唯一無二の役割を果たしていることを示していると研究者は述べています。

  • 免疫原性|抗原などの異物が、ヒトや他の動物の体内で免疫応答を引き起こす能力
  • 免疫寛容|特定抗原に対する特異的免疫反応の欠如あるいは抑制状態のこと

ビタミンA(レチノール)豊富な食品

タンパク質の役割

小腸のマクロファージは食事に含まれるアミノ酸によって影響を受けていることが示めされています。

タンパク質を含まない餌と免疫抑制剤(ラパマイシン)を用いたマウスの実験では、腸内で利用可能なアミノ酸が小腸の免疫恒常性に寄与していることが示されています。

感染症に強く腸炎を予防

アリール炭化水素受容体からのシグナルは、小腸の免疫恒常性に大きな役割を果たしています

アリール炭化水素受容体とは、発がん性物質であるアリール炭化水素(多環芳香族炭化水素、ダイオキシン類)と結合する受容体で、アリール炭化水素受容体が発するシグナルは、免疫恒常性の維持と環境からの刺激に反応する抗原提示細胞の調整機能にとって不可欠なものです。

アリール炭化水素受容体からのシグナルは、小腸上部に高密度に存在していて、そして、

  • 食事由来の栄養素
  • トリプトファン(アミノ酸・タンパク質)代謝物
  • 腸内細菌による副産物

の中に見つけることができます。

特に、栄養素の中に含まれているアリール炭化水素受容体のシグナルが、免疫細胞(マクロファージと樹状細胞)による免疫恒常性の調節に寄与していることが示唆されています。実際、感染症の予防に重要な役割をもつ腸粘膜の抗体を造るCD11c細胞内で、こうした栄養成分が欠如すると、腸炎を起こしやすくなることが報告されています。

>>大腸編へつづく

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.