ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

新型コロナウイルス後の新しい日常に統合食養学(ホリスティック栄養学)が果たす役割

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

新型コロナウィルスの蔓延は、私達に価値観の見直しを迫りました。

ソーシャルディスタンスのことだけではありません。信頼していた医療や病院に対する心配や不安です。

病院に行くのが怖い

今までも入院患者の院内感染という現象はありましたが、外来で自分が感染するかもしれないという不安や恐怖を覚えることはありませんでした。またこれほどの確率で、健康な人が入院してもなお死亡してしまうかもしれないという恐怖を覚えたことはありません。

私達は、もはや以前のように気軽に病院へ行くことができなくなってしまいました。どうしても医師の介入が必要な場合を除いて、できるだけ自宅でケアし回復させたいと多くの人が思うようになったのではないでしょうか。

新型ウィルスの感染が怖くて、自宅で回復させることができる不調なら、そもそも病院に行く必要は初めからなかったのかもしれません。

もちろん、病院に行かない方が良いと言っているのではありません。

ただ、今までも、もしかしたら、病院に行かなくても日常の中で予防したり改善できたことがあったのではないかと思いませんか?

そうできる知識とスキルを身につけることが今求められています。

この新しい日常への順応の過程で、私達が考えなければならないこと

新しい日常に慣れ、生活を順応させていく過程で、私達は、

  • 今まで自分がどのように過ごしてきたのか
  • 今、自分がどのような状況にいるのか、そして
  • これからどんな自分になりたいのかを

じっくりと考える機会が与えられたように思います。

それは、私達の弱さを知るキッカケでもあります。

自分のことを広く深く理解することは、コロナウィルスに限らず、今後も発生するであろう新型のウィルスに対応していくために、今、私達が何をすべきかを考えるベースとなります。

新型コロナウィルス後の新しい日常に統合食養学(ホリスティック栄養学)が果たす役割

統合食養学(ホリスティック栄養学)は、ニューヨークで始まった新しい栄養学のアプローチです。科学的な裏付けを有し、米国政府にも認められている新しい栄養学です。

栄養学は、常に進化し続けている分野です。

従来の栄養学と異なり、ヘルスコーチングという基盤をもつ統合食養学(ホリスティック栄養学)は、あなたを適切に健康へと導くことのできる、今、最も効果を示している栄養学のひとつです。

統合食養学(ホリスティック栄養学)は、DIY予防医療

私達ひとりひとりが、自分の主治医(セルフドクター)になることを意味します。

  1. あなたは食べるものでできている」ということをしっかりと理解し実践すること
  2. あなたを取り巻く共生細菌を中心とするボディエコロジーと免疫の仕組みを理解し実践すること
  3. 心と体のつながりを理解し、体の声に従って、食事とライフスタイルを変えること

自分の主治医(セルフドクター)になるという概念は、新しいものではありません。

医食同源」という言葉があるように、古くから、ヒトは食べることと体の不調や病気、そしてその治療法を結びつけて考えてきました。

地産地消の食材を食べることによる土地との調和、旬の食材を食べることによる季節との調和、そうした自然との調和が崩れた時、病気になると考えられてきました。そのため治療も、その調和を取り戻すための食養が中心でした。

そうした古くからの医食同源のアプローチの中から科学的に裏付けのあるものと、最新の栄養学・疫学・臨床研究による研究成果を中心に構成されているのが統合食養学です。

統合食養学(ホリスティック栄養学)の2つのキーコンセプト

統合食養学(ホリスティック栄養学)のアプローチの中で最も重要なコンセプトは、2つに絞られます。

バイオ個性とプライマリーフード(心の栄養素)です。これは、新型コロナウィルス後の新しい日常に求められる重要な考え方です。

この考え方は、病院から家庭へあなたの意識をシフトし、私達ひとりひとりが、病気治療ではなく、病気予防に意識を向けて生活することを促します。そうすることであなたは、未来の結果をコントロールすることができるようになるのです。

バイオ個性の尊重

統合食養学(ホリスティック栄養学)は、私達ひとりひとりが、ユニークな存在であることに軸を置きます。それがバイオ個性です。

私達ひとりひとりに、異なる体内の仕組みがあります。ある人に効果のある方法も、ある人にとってはまったく効果がないこともあります。あなたにも、そうした経験があるのではありませんか?

バイオ個性を尊重するということは、体の声に従うということ

あなたの体は、何が必要か、いつ必要かだけでなく、何が要らないか、いつ要らないかをも私達に伝えてくれています。もし私達がこの声に耳を傾けて生活を始めたら、世界がどんな風に変わっていくか想像してみてください。体の声に従って行動するだけで、ライフスタイルは変わり、生活習慣病もなくなっていくでしょう。

体のムクミやコリ、頭痛、便秘、そうした不調は体からのメッセージです。体の声に耳を傾けることで、何がそうした不調を生むのかを見つけることもできます。多くの病気が食事とライフスタイルから始まるのです。

体の声に従って食べるというアプローチは、全ての人類に唯一1つの方法を当てはめようとする、カロリー計算主体の従来の栄養学や、流行のダイエット法とは、まったく異なる哲学であり、科学です。

「誰でも1週間でダイエットできる」と謳っているアプローチは、必ず失敗します。そうした食事法は、リバウンドとダイエットをくり返す人を増やし、結果、多くの人を生活習慣病に導くことになるだけなのです。

あなたを取り巻く環境から食事とライフスタイルを切り離すことはできない

人間関係や家族、仕事、運動や住んでいる家の状態など、あなたを取り巻く日常的な出来事の全てが、あなたの食事とライフスタイルの選択に影響を与えます。

そして、あなたを取り巻くそうした全ての要因がプライマリーフードです。統合食養学が最も大切だとする心の栄養素です。

例えば、新型コロナウィルスの出現によって、私達は、今、新しい日常に順応することが求められています。

  • ソーシャルディスタンスを保ちつつ、誰かとのつながりを維持しなければならなかったり
  • バーチャルなつながりだけで、心の安定を保たなければならなかったり
  • バーチャルなつながりだけで、仕事の効率を保たなければならなかったり
  • 自宅にいて収入を得る方法を見つけなければならなかったり

などなど

こうした要因は、私達のライフスタイルだけでなく食事にも影響を与えます。

だから、新型コロナウィルス後の心と体の健康を考える時、プライマリーフードを無視することはできないのです。

単に生き延びるためだけでなく、3密を避けたソーシャルディスタンスとバーチャルな世界において、心も体も健やかに前向きなエネルギーを維持できる存在でいるためには、心の栄養素(プライマリーフード)の充足がよりいっそう重要になります。

新型コロナウィルス後の私達の心と体の健康にとって、バイオ個性とプライマリーフードを中心とする統合食養学メソッドによるホリスティックなアプローチが果たす役割は大きいのです。

統合食養学のアプローチを学ぶには

次の2つの方法によって、統合食養学のアプローチをソフィアウッズ・インスティテュートで学ぶことができます。

  • プライベート・ヘルスコーチング・プログラム
  • マインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコース

プライベート・ヘルスコーチング・プログラム

できるだけ早く、これからのご自分の心や体の状態を健全に保つ方法を学びたい人に適しています。

おひとりおひとりの課題に特化したプライベート/パーソナル・プログラムとなります。

6か月間のプライベート・ヘルスコーチングを通して、あなたのバイオ個性に沿った食事とライフスタイルを実践し習得していくプログラムです。

あなたのためだけのプログラムとなります。

プログラムの詳細

マインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコース

広く統合食養学によるアプローチの基本をテーマ別に半年から1年かけて学んでいく座学コースです。

新学期は9月と3月で9月コースは半年、3月コースは1年かけて学ぶコースです。

内容は同じです。進むペースが異なるだけですから、ライフスタイルに合わせて選択していただければと思います。

セルフドクターコース修了者は、ヘルスコーチ養成コースへ進むことができます。

次回9月スタートのセルフドクターコースの早割のお申し込みは7月末までです。お申し込みはお早目に。コロナウィルス感染予防のため全てオンラインで実施しております。

セルフドクターコースの詳細

この他にも、企業からの要請に応じて社員の皆さま向けのアドバイザーとして、あるいはセミナーなども提供しております。

企業向け健康経営導入の詳細

公認ヘルスコーチ資格取得をご希望の方は、こちらをご覧ください。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.