ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

キッチンの主役にすべきオイルはどっち:オリーブオイル?ココナッツオイル?

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

ココナッツオイルを使っていますか?オリーブオイルはどうでしょうか。

近年、ココナッツオイルは、含まれている中鎖脂肪酸(MCT)が体脂肪や悪玉コレステロールを減らし、心疾患予防に役立つとの主張や脳機能をサポートしてアルツハイマー病予防になるという主張によって、熱狂的なフォロワーを増やしてきましたよね。

確かに、動物由来の脂質に対して、植物由来の油の優位性を示した研究はたくさんあります。特に、心臓の健康に対する様々な油の影響について研究した論文は非常に多く存在しています。

中でも、多くの科学的な裏付けを伴っているのは、エキストラ・バージン・オリーブオイル(EVOO)フラックスシードオイル(亜麻仁油)です。

もちろん、それ一つで、全ての病気に良いといった万能薬のような油は、今のところ存在しませんが、お料理に使うとしたら、エキストラ・バージン・オリーブオイルとココナッツオイル、どちらの油を優先すべきだと思いますか?

(なお、フラックスシードオイルは加熱にむきませんので、今回除外します)

エキストラ・バージン・オリーブオイル

オリーブオイルには様々な品質が存在しています。

オリーブオイルに限らず、一般的な植物油は、オイルを採るための種あるいは実にヘキサン(ベンジンの主成分で有毒)と呼ばれる化学薬品を使用して溶かしだす方法がとられます。ヘキサンは熱で揮発するため、一般的な植物油は加熱処理されヘキサンを除去した後に販売されています

普通の「オリーブオイル」としか表記のないものや、日本で「ピュア」などと表記されているオリーブオイルは全てこの方法で採った油です。加熱処理されているので、不飽和脂肪酸の成分は失われ、トランス脂肪酸の含有量が多くなっているはずです。また微量のヘキサンが残留している可能性は否定できません。

一方、バージン・オリーブオイルは、ヘキサンを使用せずに、物理的にオリーブを圧搾して採るオイルです。ヘキサンを使用しませんので、当然、加熱処理も行われません。そのため、オリーブの香や成分がそのままの状態で残っています。

その、バージン・オリーブオイルの中でより品質の高いものが、エキストラ・バージンと呼ばれるオリーブオイルです。特に、冷温圧搾(コールドプレス)されたものは最高品質です。

このエキストラ・バージン・オリーブオイル(EVOO)を使ったヒトを対象とする調査研究が既に多く行われています。実際に心疾患、特に心筋梗塞と脳卒中のリスク低下に対して、ヒトへの有効性が高いことが証明されています

『アメリカ心臓病学会誌(the Journal of the American College of Cardiology)』に掲載された最近の論文では、心疾患や生活習慣病の既往歴のない6万人以上の女性と3万人以上の男性を24年間追跡調査した結果を報告しています。

様々なライフスタイルや食事習慣の違いを調整した後のデータを比較すると、

1日に7g以上(大さじ半分以上)のEVOOを摂取していた人達は、EVOOを使用しない人達と比較して、心血管疾患リスクが14%低く、冠状動脈性心臓病リスクは18%低かったことが報告されています。ただ虚血性脳卒中では相違は見られなかったとのこと。

また、1日に使うマーガリンバターマヨネーズ、または他の油脂の5gをEVOOに替えるだけで、心血管疾患と冠状動脈性心臓病の発症リスクが5%~7%低下できるとのことです。

オリーブオイルに含まれている抗酸化物質(ポリフェノール)に抗炎症作用があり、心疾患発症リスクを抑制しているのではないか、更には、脳機能や他の臓器の健康によい働きをしているのではないかと考えられていますが、オリーブオイルのポリフェノールの働きについては、もっと多くの研究による裏付けが必要なようです。

ココナッツオイル

ココナッツオイルにも様々な品質のものが存在しています。

かなり加工が進み精製され、他の成分が添加されてしまっているものもあれば、オリーブオイル同様に、エキストラ・バージンと呼ばれるココナッツオイルがあります。

ココナッツオイル支持者は、ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸(MCT)に効能があると述べます。また、ココナッツオイルに主に含まれているラウリン酸と呼ばれる脂肪酸が、体重やコレステロールの減少に対して特殊な働きをすると主張しますが、こうした主張を裏付ける信頼に値する研究報告がほとんど無いのが現状です。

2020年1月に発表された、メタ分析レポートは、

2019年6月までに、PubMed、SCOPUS、Cochrane Registry、Web of Scienceに掲載されたココナッツオイルに関する研究論文の中から、ココナッツオイルの摂取を2週間以上続けた場合のヒトへの効果を検証している研究のみを抽出し、PRISMA(システマチック評価とメタ分析で優先される報告事項)ガイドラインに従って評価を行っています。

結果、ココナッツオイルの摂取は…

続きは、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録すると読めます。
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.