ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

実家の梅の実を収穫しました

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

実家の庭にある1本の梅の木

この子が毎年、たくさんの実をつけてくれます。

コロナ元年の2年前はまったく実がならず、コロナの影響か?と家族皆で心配したものです。

しかし、昨年は大量に実をつけてくれました。ただコロナ禍で私は実家に行くことができず、収穫は実家の家族と母の友人家族で行われました。

10kgほどの収穫になったようです。

今年は、政府からの行動制限もなくなったことから、私も収穫に参加しました。

今年の梅の実

実家の庭木の剪定をお願いしている植木屋さんが実を採りやすいようにと、枝が上ではなく、下に垂れ下がるように剪定してくださっているので、比較的、簡単に実が収穫できます。

収穫前の完熟の実

今日の収穫前に落ちてしまった完熟の梅の実です。

木の下は柔らかい草やシートを敷いているので傷になりません。

塩水に漬けておいて、他の収穫した実と一緒に梅シロップにします。

今日の収穫

これで5~6kgくらいでしょうか。

昨年の半分くらいの量でしたが、家族でいただくには、十分過ぎる量です。

特に肥料もあげていない、植木屋さんが剪定してくれるだけの梅の木ですが、有難いですね。当然、無農薬です。

収穫後は焼きそばパーティ

庭の畑で採れた野菜をたっぷりに使って、焼きそばでお昼になりました。

今日は、気温30℃の晴天で、庭で過ごすには暑いながらも気持ちの良い日でした。

自然の恵みに皆で感謝しながら美味しくいただきました。

梅シロップの仕込み完了

洗って、ヘタを取って乾かしておいた実を、翌朝、母が早速、梅シロップに仕込みをしていました。

赤色の蓋の瓶が、今回収穫した梅の実、小さな瓶は、拾い貯めておいた完熟して落ちた実です。

さて、どっちが美味しくなるでしょうか?

植木屋さんは完熟して落ちた実の方が美味しいと言っていました。楽しみです。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.