ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

三日坊主を卒業して目標達成するためにハーバード大学が勧める自己コーチング法 C.O.A.C.H.

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

そういえば今年、何か新年の抱負を立てましたか?

どんな目標を立てたとしても、新年の抱負は、大抵、バレンタインズデーまでにはゴミ箱に入っているものです。

もう入っちゃっているのかしら(笑)

でもコーチングの手法を取り入れることで、これからの今年を違う年にすることができるかもしれません。

今回は、過去に落ちた落とし穴にあなたが再び落ちないよう、傍らからあなたをサポートし、あなたを目標に向けて動かす手法をご紹介します。

ハーバード大学医学部の物理療法とリハビリテーション科の助教授で、ライフスタイル・メディシン専門学校校長のベス・フレイツ先生が開発した「C.O.A.C.H.(コーチ)」という自己コーチング法です。

フレイツ先生は、

あなたのマインドセットと独り言が
習慣の改善に大きな力をもっています。」

と、おっしゃいます。

独り言とは、私達が頭の中で無意識につぶやいている言葉です。その独り言は決して音のない会話ではありません。脳内でかなりの大音量でなされているものです。

秘訣は、あなたの頭の中の声が、あなたを前に進ませることを言うように訓練することです。

今年が終わるまでにはまだ10か月もあります。間に合います。

C.O.A.C.H. アプローチ

C|Curiosity(好奇心を利用する)

目標を達成する方法を選ぶ時には、あなたが楽しいと感じる方法を選んでください。

そのためにはまず、あなたが楽しいと感じることは何か考えてみてください。

「好奇心は、私達が達成したい目標に向けて行動する・
探求するやる気となります。」

と、フレイツ先生は説明します。

例えば、運動習慣を作ることが目標なら、あなたがやりたい/やってみたいと思う運動を探すことを意味しています。

ある人にとっては、アフリカン・ダンスかもしれませんし、ある人にとってはヨガかもしれません。楽しいと感じる運動は、私達ひとりひとり違うはずです。運動の選択肢はたくさんあります。あなたが楽しいと思うものを選んでください。

健康的な食習慣を作ることが目標の場合も、方法はたくさんあります。あなたが楽しい、面白いと思える方法を選んでください。

例えば、私の場合:『私がティーシードオイル(椿油)をお料理に加える理由

そしてできれば必ず、ひとつだけでなく、方法を複数選んでおいてください

脳は新しいことが好きです。いくら楽しいことでも、同じことを繰り返したら飽きてくるものです。そんな時、新しい良い習慣を途絶えさせることなく続けるためには、楽しいレパートリーをいくつかもっておくことが大切な対策になります。

O|Openness(失敗を受け入れる)

多くの人は、新年の抱負が長続きしないことを経験的に知っています。だから、大抵、「どうせ今年も長続きしないんだろうけど、まぁ、やらないより良いから、今年もやってみようかな。」と、半分ネガティブなムードで取り組み始めます。

始める前から失敗を予言しているのです。

今年はこれから、あなたの挑戦を違う角度から見てみませんか。

ネガティブな独り言や過去にあなたの進捗を妨害してきた悪い習慣を乗り越えるために、あなたの心の中の台本を書き換えるのです。

例えば、

  • 誰だって失敗する。去年やったこととは違う方法を今回は試そうと思う。だから今年はきっと違う。」
  • 「もし上手くいかないことがあったら、そこから学べばいいだけ。何が悪かったのかを理解して、改善したり方向転換すれば大丈夫。」

長続きしなかったことから学びを見つけ、その経験を終わりではなく、踏み台だと思えたら、失敗することが怖くなくなるはずです。

そんな風に考えられたら目標を達成するまであきらめることがなくなります。

A|Appreciation(称賛する)

目標を達成しようと努力している過程で、あなたに起きる良い変化を探してください。そしてあなた自身を褒めてください。例えそれがどんなに小さなことでも。

例えば、

  • 「朝、スニーカーを履いた私はすごい」
  • 「スマホに10分間のウォーキングをスケジュールした。これで一歩前進」

過去に上手くいったことについても思い出してみてください。その経験を、今に活かすこともできます。

C|Compassion(優しくする)

そして自分に優しくなりましょう。

これは、

やる前は、楽しめると思っていたことが、実際には楽しめないこともある

と、いうことに気づくためのステップです。

好きになれない、楽しめないかもしれない可能性を想定せずに選択してしまった場合、目標達成の弊害となります。

例えば、

とても寒がりなのに、「公園をランニングする」と決意したら、冬は長続きしません。あるいは、とても飽きっぽいのに、ジムのランニングマシーンで走ることを決意したら、きっとそう長くないうちに退屈して、走る気になれなくなるでしょう。

あなたの「好きでないこと」に直面した時に、努力が終わってしまわないように、「飴玉」を用意しておくことが大切なのです。

例えば、ランニングマシーンが退屈になってきたら、走っている間、好きな動画を視聴するようにしたり、いろいろ工夫するのです。

あるいは、あなたの活動に少し投資をすることも考えてみましょう。

あなたが楽しく続けていけるように、もっとご自分に優しくなって、お金をそのために使うことは有意義です。

例えば、何でもかんでも包丁一本でお料理をしようとすると、慣れるまではかなり大変で面倒に感じることでしょう。それならフードプロセッサーやスライサーを購入することは有意義な投資です。

あなたが楽しめないことは、続ける意味がないのです。

統合食養学は、心の栄養を一番大切に考える新しい栄養学です。いくら体に良い運動や食事をしても、心を置き去りしたら、私達は本当の意味での健康(心と体の両方が幸せ)ではなくなってしまいます。

H|Honesty(素直/正直になる)

ご自分の現状を素直に認め、現実的になることも大切です。

例えば、もし3年以上走っていないなら意地や見栄を張ってマラソン大会に登録するのは止めておきましょう。あるいは、4週間で10kg痩せようと無理をするのも止めましょう。

参考:『ハーバード大学病院の肥満症専門医が、「カロリーを数えるのを止めて、食事の質に向き合うことから始めましょう」という理由

そして最も大切なことは、

上手く行っていないことについて、あなた自身に素直・正直になる

ことです。

例えば、さぼった言い訳に「今週は仕事が忙しくてできなかっただけ。」などと言うことがあります。

でも、今週が特別なのではありません。

「忙しいということ以外に、他にさぼってしまった理由があるなら、それをちゃんと自覚しない限り、目標は達成できません。」と、フレイツ先生はおっしゃっています。

例えば、

  • 仲間や家族からの励ましや応援がなく、ひとりだけではなかなか続かない
  • 定期的に誰かに確認されないとやらなくなってしまう
  • 分からないことがあっても調べるのが面倒で放っておいてしまう

など、あなたの行動パターンを素直に把握して、目標を達成するためにあなたに何が必要なのか、ご自分に対して正直になることが大切です。

これから今年をいままでとは違う年にするには

壁にぶち当たったり、飽きたり、サボりたくなった時に、そんな自分を批判して自己嫌悪するのは、とても非生産的です。根性論的アプローチは、1日か2日は効果があるかもしれません。でも、大抵、長続きしません。

あなた自身の評論家ではなく、あなた自身のコーチになることが鍵です。

現実的で明確な目標を立てたら、

  • あなたが楽しい、嬉しい、わくわくする、やる気のでる方法を選ぶこと
  • ひとつだけでなく、いくつも
  • そしてほんの些細なことでも、ご自分を誉め
  • それでもやる気を失った時には、どうしたらやる気を取り戻せるか考え、軌道修正することをためらわない

そんなコーチングを今年はご自身にしてあげてください。

フレイツ先生は、心が報酬されることを選ぶことを勧めています。

「大抵、楽しくてご褒美に感じることは、持続可能です」

ソフィアウッズ・インスティテュートができること

1. C.O.A.C.H.アプローチの最初の「C(好奇心をもつ)」の選択肢

もしアメリカ・ニューヨークで始まった新しい栄養学、統合食養学のアプローチを学んでみたいという好奇心のある人は、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースへお申し込みください。

健康的な食事やライフスタイルについてのあなたの好奇心を満たし、実践していくことでセルフドクター(ご自分の主治医)としての新しい習慣を身につけることができます。

2. C.O.A.C.H.アプローチの最後の「H(素直/正直になる)」の選択肢

ご自分でご自分をコーチングすることに限界を感じるなら、あるいは、「H」でフレイツ先生が例に挙げているような、誰かからのサポートを受けることが効果的だと感じるのでしたら、ソフィアウッズ・インスティテュートのプライベート・ヘルスコーチング・プログラムへお申し込みください。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.