ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

2020年10月31日|新型コロナウイルス感染対策特別講座を追加開催しました

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

新型コロナウイルに対して、確かに感染予防や感染させないための予防は引き続き重要です。

でも、既にこれだけ蔓延していると、知らぬ間にいつ感染してもおかしくない状況です。そのため、感染した後のことを考え準備しておくことの方が現実的ではないかと考えるようになりました。

では、PCR検査で陽性と判定された後、症状が無い、あるいは軽症で自宅待機を指示された時どのように過ごしたら良いのでしょうか。

家庭内隔離について様々なメディアで取り上げられていますが、食事について触れている番組や報道を目や耳にしたことは、今のところありません。では、

自宅待機中どんな食事をしたら急激な悪化を予防できるのでしょうか

私達は、食べたものでできています。

シンガポールのジェネラルホスピタルが発表したコホート研究の結果、特定の3つの栄養素の摂取をしていた患者は、人工呼吸器を必要とするまで症状が悪化したケースが有意に少なかったことが報告されています。

年齢・性別・合併症の有無の調整後においても、臨床的悪化の有意な保護要因(予防要因)となったとのことです。

セルフドクターコース受講中の生徒さん達に追加開催

8月に開催した【特別講座】「新型コロナウイルスに感染しても症状を悪化させないためのエビデンスベースの食事とライフスタイル」を、セルフドクターコース受講中の生徒さん達のうち、希望者に向けて追加開催しました。

今期のセルフドクターコース受講中の14名のうち、7名の方が受講されました。

開催日時: 10月31日(土)10:00 – 11:00 am

場所: zoom を使用

新型コロナウイルに感染しても症状を悪化させないためのエビデンスベースの食事とライフスタイル

骨子

シンガポールの研究で選ばれた3つの栄養素について、なぜその栄養素なのか、新型コロナウイルスの初期症状に特徴的な「経験のない倦怠感」と関係する体内の仕組みなどについて以下の項目でお話をしました。

  • シンガポールのジェネラルホスピタルが行ったコホート調査研究
  • なぜこの3つの栄養素なのか
  • 体のエネルギー代謝の仕組み
  • 倦怠感を生む要因と予防策
  • 3つの栄養素をそれぞれ含む食品
  • 3つの栄養素を一度に摂れるお料理
  • まとめ

いただいたご感想

現在までにいただいたご感想をご紹介します。

特別講座をありがとうございました。風邪(ウイルス)予防にはたんぱく質を中心とした、偏らいお食事と私はいつも念頭に思っておりましたが、それがザックリすぎてことに気づき、ちゃんと予防になっているかも定かでないことに気づけました^^;「なぜこの3つの栄養素なのか?」を具体的に、わかりやすくレクチャーしていただけたことに満足です。自分の中でしっかりと腑に落として、できるところからやっていこうと思いました。森先生、ありがとうございました。これからも、このような特別講座などがあると、とても嬉しいです。

富美代 様

ありがとうございました。予防のための栄養素と食事について、わかりやすいご説明とレシピのご紹介もありとても参考になりました。ひとつ驚いたのが、スピルリナです。次は絶対クロレラにしようと…

千絵 様

今回の特別講座ではエビデンスに基づいた栄養の話などなかなか手に入らない情報が大変ためになりました。ありがとうございます。魚を中心とした和食の素晴らしさを再認識しました!

章子 様

貴重な講義をありがとうございました!腸内環境改善が必要なサインのうち、頭痛や筋肉痛、関節痛も含まれ意外で驚きました。腸内環境改善やミトコンドリアの重要性、ATPを減らす要因と解決策が具体的に分かり良かったです。中でも、どちらかというと内に隠りやすいので、コミュニケーションの役割は改めて実感しました。3つの栄養素を含む食材も、組み合わせてコツコツ日々の食事に取り入れます。勝手にアレンジレシピも今度作ってみます(^-^)和食は優秀ですね!新型コロナウイルスも日頃の習慣が肝心とつくづく思いましたので、講義の内容を、積極的に取り入れていきます。

美恵子 様

ありがとうございました。今回のお話で、腸内環境の重要性を再認識致しました。摂るべき栄養素・食材・調理法を具体的に知ることができたのも大変良かったです。スピルリナの懸念事項にはびっくり致しました。この冬はインフルエンザだけでなく、コロナにも注意しなければならないので、教えていただいた事を生活に取り入れながら心身共に健康に過ごせればと思います。

倫子 様

情報が頭の中で整理できた時間でした。継続できるスタイルを確立するためにも、まずは実験しながら試していこうと思います。体が兼ね備えている機能を知った上で行動しないといけない事、腸との対話の大切さ、身近な食材の機能を利用してコツコツ積み重ねが大切な事。日本は比較的食材や環境に恵まれている国なので、感謝をしながら体に取り入れてセルフケアをしていく事が、人生を楽しく健康的に過ごすコツだと改めて感じました。

美喜子 様

こうしてタイムリーな話題について自分のできることを知ることができるのはとても貴重だと思います。ありがとうございます。世界的にコロナウイルスが拡がっていく中、日本のこののんびりムードは何だろう??と思っていたので、ATPとの関連や、日本の食生活が日本でのコロナウイルスの拡がりを抑えているのに役立っているというのはとても面白かったです。

有香里 様

ご要望が多ければ、再度の開催を検討します。ご希望の方は、お問い合わせフォームより声をお寄せください。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.