ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

【ビタミンB1】アルツハイマー病の改善にも期待されるビタミンB1を多く含む食品

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

ビタミンB1の食物摂取基準

成人の一日の推奨値:

  • 男性 ・・ 1.4mg
  • 女性 ・・ 1.1mg

上限値は定められていません。

耐容上限量を算定できるデータが現在十分把握できないため、厚生労働省は、耐用上限値を定めないとしています。

しかし、次の量のビタミンB1を1日で摂取した際、毒性を示唆する様々な症状が報告されています。

  • 1日に体重1kgあたり50 mg以上 または
  • 1日3,000 mg以上

食事によって一日に3,000mg以上のビタミンB1を食べることは非現実的ですし、一般的に水溶性ビタミンは必要量を超えると、尿中に排泄されてしまうので、摂り過ぎても心配ないと言われています。

しかし、サプリメントで摂取する場合にはその限りではありません。

過剰摂取による副作用

ビタミンB1をサプリメントで摂っている人は、ビタミンB群が水溶性だからと言って甘くみてはいけません。

1日10 g のビタミンB1のサプリメント錠(チアミン塩酸塩)を2週間半飲み続けると

  • 頭痛
  • いらだち
  • 不眠
  • 速脈
  • 脆弱化
  • 接触皮膚炎
  • かゆみ

が発生したことが報告されています。摂取を中止すると2日後に症状が消えたとのことです。

厚生労働省が上限値を定めていないのは、厳密な量を科学的に確定できないからであって、決して安全だからではありません。

ビタミンB1の作用

エネルギー代謝に関与

ビタミンB1は、酵素と結合してエネルギーを代謝の働きを助けます。そのため補酵素とも呼ばれます。ビタミンB1が不足しエネルギー代謝が滞ると、疲れやすくなります。

典型的なビタミンB1欠乏症の脚気(かっけ)の症状

  • 疲労感
  • 息切れ
  • 動悸
  • むくみ
  • 食欲不振
  • 手足のしびれなど

そのため、脚気だと気付かれないことも多いようです。

脚気は、軽症であれば生命に関わることはありません。しかし、重症になると、心臓が肥大して心不全をおこします。

中枢神経や末梢神経の保護

神経細胞内に存在して、神経が使うエネルギーを供給しています。

そのため、ビタミンB1が不足すると、

  • イライラ
  • 情緒不安

など、神経が正しく機能しなくなります。

アルツハイマー型の認知症には、ビタミンB1誘導体を大量(1日あたり約100mg)に投与すると、症状が軽くなるという報告もあります。

ビタミンB1を多く含む食品

ビタミンB1を多く含む食品
ビタミンB1を多く含む食品

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.