ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

よもぎの成分が癌細胞を死滅

よもぎ

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

Life Sciences, Cancer Letters and Anticancer Drugs』に発表された研究論文によれば、東洋医学(漢方)で古来から薬としてもちいられることもある、ヨモギから抽出される、アルテミシニン(artemisinin)と呼ばれる成分が、健康的な細胞1つに対して、1万2,000個ものがん細胞を死滅させたと報告しています。

「アルテミシニンは、ただそれだけでも、健康的な細胞の約100倍ものがん細胞を選択的に死滅させることができるだけでなく、抗がん剤よりも34,000倍も正確にがん細胞だけを死滅させることができます。」

と、ワシントン大学の研究チームのリーダーであるヘンリー・ライ博士は言います。

(裏付けとなる研究論文は最後に参考文献として一覧にしています)

アルテミシニンと鉄分が鍵

ヘンリー・ライ博士のチームは、アルテミシニンのがん死滅能力を更に高めるために、がん細胞がもつ鉄分への食欲を利用して、アルテミシニンに鉄分(トランスフェリン)を結びつけた化合物を開発しました。

周りにくっつけたトランスフェリン自体はニュートラルな成分なので、がん細胞は疑いもなく化合物を受け取ります。

でも化合物の中にはアルテミシニンが隠れているので、トロイの木馬のように、がん細胞の中に入り込み破滅させるように効率的に働くのです。

この化合物は、既に特許を取得していますが、まだ人間への投与、つまり臨床試験には至っていません。

ヨモギは鉄分の多いハーブ

ヨモギは、非常に鉄分の多い野菜・ハーブです。野菜では2番目の多さです。(『鉄分の多い食品』) 

だったら

ヨモギから、アルテミシニンを抽出して、その後、鉄分をつけるようなことをしなくても、ヨモギそのものを食べたらいいんじゃないの?

と、ホールフード(丸のままの食品)を食べることを勧めるホリスティック(代替医療)ヘルスコーチとしては思わずにはいられません。食品はちゃんとそれ自体で理に適った形で存在していると思うのです。

ひとつひとつ、ミクロ要素に分解して考える西洋医学と、全ての要素の融合体のシナジーで考える東洋医学・代替医療の違いなのでしょうか。

もちろん、ヨモギは食品で、薬ではありません。

ヨモギを食べるだけでがんが治るとは思いません。

でも、古代から、ヨモギは、薬草として用いられてきましたから、生活の中に、ヨモギを摂り入れることで、病気予防、がん予防になるのではないかと思うのです。

季節を楽しみながらがん予防

ヨモギの旬は4月下旬から5月上旬です。

是非、この時期、ヨモギ餅やヨモギを使ったお粥など、召し上がってみてください。

旬のものは、旬の時期に食べてこそ、その効果が最大限に発揮されるのですから、きっと、ヨモギがこの時期に旬を迎えることには、私達への健康にとって大きな意味があるはずです。

追記(2015/5/6)ヨモギの中でアルテミシニンと鉄分は既に結合している

ヨモギをそのまま食べても、がん細胞はヨモギの鉄分のみを吸収し、アルテミシニンを吸収しないのではないかとのお問い合わせを受けました。そのため、少し調べてみました。

アルテミシニンは、その分子中エンドペルオキシド・ブリッジ(endoperoxide bridge)と呼ばれるものを持っており、それが選択的に鉄イオンと結合し、フリーラジカル(殺細胞作用/アポトーシス作用)を発生させる仕組みをもっているとのことでした。

ヨモギは、アルテミシニンと鉄の両方をもっているハーブです。そのため、この2つの成分は、エンドペルオキシド・ブリッジによって、既にヨモギの中で結合して存在していると考えるのが普通だと思われます。

アルテミシニンと鉄分は、別々に摂取してもある一定の抗がん作用がある

上で紹介した抗がん剤よりも前に開発されたアルテミシニンを使った抗がん剤においては、アルテミシニン製剤の投与(注射)4時間前に、患者に鉄分鉄の吸収を促進させるビタミンCを(経口)服用させています。

そうすることで、アルテミシニンと鉄分の体内での結合を促させ、がん細胞にその両方を取り込ませるという手法がとられています。

アルテミシニンと鉄分を別々に摂取しても、ある一定の抗がん作用があるのですから、既に、アルテミシニンと鉄分が結合して存在しているヨモギを食べる方が、やはり、簡単ではないかと思うのです。

繰り返しますが、もちろん、ヨモギを食べたらがんが治るとは申しません。ヨモギはあくまでも食品です。含有しているアルテミシニンの量は、抗がん剤とは比べものになりません。

でも、季節と食を楽しみにながら、がん予防ができるのなら一石三鳥ですよね。

追記(2015/9/23)|日本のヨモギにアルテミシニンはない?

ワシントン大学等が使用したヨモギは、日本で一般的なヨモギとは異なる種で、アルテミシンを含んでいるのは、オウカコウと呼ばれる種類だけだ、とのご指摘をいただきました。

そのことについては『ヨモギいろいろ – 抗がん成分アルテミシニン含有量比較』に詳しくまとめました。

日本のヨモギにもアルテミシニンはありますよ。

追記(2015/10/6)|アルテミシニンを発見した学者がノーベル賞受賞

アルテミシニンという成分を世界で初めてヨモギから見つけ、抗マラリア薬として開発した中国人研究者が2015年のノーベル医学生理学賞を受賞されました!

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

2015/5/6 追記分の参考文献:
Development of artemisinin compounds for cancer treatment“, Henry C. Lai, Narendra P. Singh & Tomikazu Sasaki, Investigational New Drugs The Journal of New Anticancer Agents, ISSN 0167-6997 Invest New Drugs, DOI 10.1007/s10637-012-9873-z

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.