食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

スーパーフードとしても注目されているスピルリナは、本当に安全なのか。 懸念される神経性疾患(ALS、パーキンソン病、アルツハイマー病など)との関係

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

青緑色の藻類(スピルリナ)と神経性疾患(ALSパーキンソン病アルツハイマー病など)に関する研究が進められています。

(裏付けとなる研究論文は最後に参考文献として一覧にしています)

統合医療の大家アンドリュー・ワイル医師は、スピルリナは決して安全ではないと、ご自身のブログでおっしゃっています

その大きな理由は、BMAAβメチルアミノ-L-アラニン)と呼ばれる神経毒がスピルリナから発見されたためです。

BMAA (βメチルアミノ-L-アラニン

BMAAは、もともとグアム島のチャモロ村に住むチャモロ人がトルティーヤの粉として使っていたソテツの種から発見された神経毒です。

アルツハイマー病で亡くなったチャモロ人の脳細胞では、神経原線維変化アミロイドの蓄積が見られました。こうした脳内の変化は、チャモロ村に住んでいない(BMAAを含むトルティーヤを食べていない)グアム島の住人には見られません。

これと同様の変化が、BMAAを含むフルーツを与えた猿の脳内で見られたことから、BMAAを含むスピルリナも神経性疾患(ALS、パーキンソン病、アルツハイマー病など)と関係する可能性が浮上したのです。

スピルリナは、その名前の由来でもある「ねじれた螺旋形」をした濃緑色の単細胞微細藻類で、約35億年前に出現した微生物です。現在でも熱帯地域の湖に自生していて、亜熱帯から熱帯地域の各国で培養・生産されています。

既に、南フロリダ等、スピルリナが生息する地域の魚や貝にBMAAが蓄積していることが報告されています。

スピルリナの問題は、BMAAだけでなく、別の毒も大量に含まれていることや、スピルリナの栄養価や抗ウィルス作用についてもアンドリュー・ワイル医師は否定的…

続きは、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録するだけで読めますよ。
ニュースレター購読者限定のキャンペーンやお得情報も配信しています

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

2月末スタートの新学期の早割お申し込みは1月末まで

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.