食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

【限定公開】不確実な状況でも私が正しく決断できた理由

バイオ個性で食べる、心と体をつないで健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

 

ニュースレターご登録者限定の、キャンペーン情報なども配信しています
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

 

私達は、毎日、様々な多くの決断をしています。

何を着るか、誰に連絡するか、どこでランチするか、いつ寝るか等々。

こうした、日常の細々したことを決断をするのは、簡単です。
大して検討する必要もありませんしね。

でも、難しい決断はどうでしょうか。

どこに住むか、どの大学を受験するか、子供をもつかもたないか等。

今まで、あなたは、どんな風に人生の決断をしてきましたか?

統合食養学では、バイオ個性を大切にします。

あなたにとって有効な方法も、他の誰かにとっては役に立たないこともある

という考え方です。

これは、決断についても当てはまります。

  • スプレッドシートを作って、メリットとデメリットを分析する方法が最適と感じる人もいれば、
  • 本能的な直感で選ぶ方が合っていると感じる人もいます。

例えば、私は、研究員だったということもあるせいか、大抵の場合、情報収集をするところから始めます。
でも、結局、最後は、直感で決めていることが多いように思います。

  • 楽しそうか、楽しくなさそうか
  • 面白そうか、面白くなさそうか
  • 好きか、嫌いか
  • わくわくするか、不安に感じるか
  • 興味があるか、ないか

結局、自分の心が喜ぶ方を選んできたように思います。
これは統合食養学を学ぶ前からそうです。

と、言うか、NYCの学校(IIN)で統合食養学Integrative Nutrition)という未知の新しい栄養学を学ぼうと決めたのも、一瞬でした(笑)

調査が大好きな私が、IINと言う学校のこともカリキュラムの詳細も一切調べることなく、「栄養学とポジティブ心理学を融合させた新しい栄養学」ということだけで、申し込んでいました。

もちろん、紹介者が信頼できるMBAの時のクラスメートだったことや、ポジティブ心理学の本を別の機会に読んで感銘を受けていたというベースがあったのですが。

現在に至るまで、1ミリの後悔もありません。

そうしたこともあり、今回は、統合食養学が勧める「大きな決断をする方法」をご紹介します。

これは、あなたが、

分析型か直感型かに関係なく、きっと、参考になる方法だと思いますよ。

1. 頭を鎮める

頭と体をリラックスさせてください。
例えば、瞑想ヨガ散歩などをやってみてください。

お風呂に入って「ぼぉーーーーーー」とするものありです。

頭を鎮めて、体をリラックスさせることで、あなたの脳は、ヒラメキを受け取る準備ができます。

脳科学者も、私達が「ぼぉーーーーーー」としている時、ヒラメキと関係の深い前頭葉の部分が活性化すると言っています。

こちら『アイディアに詰まった時どうしてますか?顕在意識の壁を取り除いて、潜在意識の無限の創造力を解放する方法』も併せてご覧ください。

2. フリをする

例えば、選択肢のどれかを選ばなければならないとしましょう。

まず、ひとつを想像の中で選択し、既に選択したかのように振舞います。

  • 考えも行動も、まるで既にそれを選んだかのように振舞ってみるのです。
  • 1週間そうしたフリをして過ごしてみてください。
  • そして、自分の心や体がどんな風に感じたかに沿って、決断してください。

3. 体の声を聴く

静かな場所に座り、決断をしようとしている事柄について考えます。
選択肢をひとつひとつ思いめぐらし、そのたびに、どんな感情があなたの心や体から湧き上がってくるか意識してみてください。

  • 少し緊張があったとしても、もし安心を覚えたり、気持ちが昂ったり、元気が湧いてきたら、その選択肢は、あなたの目標や夢につながるものである可能性が高いです。
  • もし、体がこわばったり、疑問がわいてきたり、不安恐怖違和感を覚えたら、たぶん、その選択肢は、あなたにとってベストなものではない可能性が高いと言えます。

IINに入学を決めた時、私はこの方法を無意識にやっていたのだと思います。

他にも、フェイスブックのメッセンジャー経由で、様々なお誘いや提案が、面識もない人達から送られてきます。

そうした提案やお誘いの中から、どうやって、何を受け、何を断るのかを選択しているかと言えば、最終的には、私の心がざわつかないこと、私の心が不安にならないこと、なんだと思います。

例えば、昨年、突然、フェイスブックのメッセンジャーで、あるプロジェクトの簡単な説明ファイルと、ご自身の2行くらいの簡単な紹介文を送ってきた人がおり、そのプロジェクトのメンバーになって欲しいと誘われました。

彼とは、まったく面識もなく、その存在も知りませんでした。

送られてきたファイルをちゃんと読み、いくつかキーワードになっている事柄についても、取り合えず検索してみましたが、FBのプロフィール写真は、ガングロ、長髪、サーファー、ビーサン(笑)

何かのキャッチか詐欺か、と疑えばキリがないのですが、
不思議と、彼からのメールの文面に、単なる文字列ですが、私は不安を感じることがなく、嫌な感じをいっさい受けませんでした

今年7月末、プロジェクト・リーダー(真ん中)のアーティスト・デビューの会にて

何も明確なことがわからない不確実な状況の中で、半信半疑でしたが、面白そうだと思った私は彼の申し出を受けることにしました。一度も会うことなく、メールのやりとりだけで、彼が集めた他のメンバーとのオンライン・ミーティングに参加することに決めたのです。(冒頭に掲載した写真はプロジェクト・メンバーと昨年オフラインで集まって撮ったものです。)

蓋を開けたら、このプロジェクト、シンギュラリティ大学のコンペでファイナリストに選ばれたもので、彼も実は、Xプライズ財団のプロデューサーという顔をもつ、知る人ぞ知る著名な有識者でした。(世間の狭い私は知りませんでしたけどね、笑)

この逆のパターンもあります。

最初はとても腰の低い姿勢で、美辞麗句を並び立ててメールを送って来る人もいます。でもどうしても怪しさがぬぐえず、また私の心もざわつくので、やんわり断った途端、ものすごい誹謗中傷のメールを返してくる人もいました。

やっぱり断って良かった。関わらなくて良かった。というパターンです。

メールは、単なる文字列で、相手の顔も言葉のニュアンスも伝えにくい媒体ですが、それでもやっぱり、私達の心には、何かその不自然さや誠実さに気づくことのできる能力があるのだと思います。

アーユルベーダでは、この私達の本能を司っている力の源をルーツ・チャクラと呼びます。

4. 朝、日記をつける

1週間、朝起きて、一番最初に脳裏に浮かんでくる考えを全てノートに書き留めていきます。

  • 分析したり考えすぎず、ただ思いつくまま、脳裏に浮かんでくるまま、ノートに記録していきます。
  • 週の終わりに、書いたものを読み直してください。

そこから何かのヒラメキや決断にとって参考になる何かを発見することができるかもしれません。

これは、「モーニング・ページ」と呼ばれる方法です。

5. NO という答えを尊重する

体の声を聴いた時に

  • もちろんやるわ!」と、感じなかったら、それは「NO」ということです。
  • わからない・・・」と、感じたら、それは「NO」ということです。

どんなに魅力的なオファーや提案でも、そのことに前向きな気持ちになれない自分がいるのなら、「NO」という決断をするあなた自身を許しましょう。

「なんだかちょっと胡散臭い気もするけど、このチャンスを逃したら、もう2度とこんな機会には出会えないかもしれない」なんて言う、頭の打算に振り回されてはいけません。詐欺にひっかかるのはそういう時です。

これもまた私は経験があります。
心は、「この人はヤバいかも?」と感じながらも、いろいろな打算(「聞いといた方が得かも」みたいな)で話を聞くことなった場合、大抵、後悔する結果になります。「やっぱり、この人ヤバかった」という感じです。

だから、心がざわつくような時は、相手の甘言に惑わされず間違った親切心で対応しないことにしています。

あなたが出した「NO」という決断を、あなたが尊重すればするほど、
あなたの心が、本当に「YES」という瞬間が、明確で明白になってきます。

6. 結果に執着しない

決断をした後、その実現に向けて努力することと、
その結果までコントロールしようとして、結果に執着することは、

まったく違います。

こっちを選んだのだから、何が何でもこの選択を成功させなければならないと結果に執着するのは違います。

後悔のない選択をしたと思った後でも、
気が変わっても良いのだということを、忘れないでくださいね。
私達は、いつだって、軌道修正できるんです。

間違った選択をしてしまったと思うような時でも、そこから必ず学びが得られます
全てのことは、私達の成長のためにあるということを信じて自分に優しく。

私達は、みんなひとりひとり異なる方法で決断します。
でも最後は、あなたの心に訊いてみてくださいね。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから
セルフドクターコース」お申し込み受付中

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.