ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

男性ホルモン過多の男性と偏頭痛もちの女性は辛いものを食べた方がいい|あなたの知らない唐辛子の驚くべき効能

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

唐辛子の効果は痩せることだけじゃない

唐辛子に痩せられる効果があるということは、どこかで聞いたことがあるのではないかと思います。

でも、唐辛子の力ってそれだけじゃないことが、様々な研究によって示されています。

キムチが好きな人はきっと一年中、唐辛子を食べていると思います。それに、これからの季節、お蕎麦やおうどんに一味唐辛子を入れて食べるのが楽しみですよね。また、きんぴらや焼きそばに唐辛子をふっても美味しいです。

ちょっとピリリとする唐辛子、適度に食事に加えておくことで、すっごい効果が期待できるようですよ

(裏付けとなっている研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています)

抗がん作用

カプサイシンの抗がん作用は、次の機能によって起こることが報告されています。

  • セラミドの蓄積
  • 核内因子κB (NF-κB)の抑制
  • 小胞体(オートファジーに関係)応力誘起

セラミドの蓄積

セラミドは、お肌や髪の潤いに欠かせない成分です。美容情報に詳しい方ならご存知と思いますが、お肌の角質層の細胞と細胞の間で、スポンジのように水分と油分を蓄えている細胞間脂質の50%以上を占めています。

セラミドは、美容に不可欠な成分であるだけでなく、多くの細胞でアポトーシス(細胞死)を誘導するアポトーシス・シグナルの前駆体、あるいはアポトーシス・シグナルそのものであることが解っています。

NF-κBの抑制

NF-κBは、ストレスや紫外線等の刺激によって活性化される因子です。NF-κBが活性すると次のような疾患の原因となります。

  • クローン病や関節リウマチなどの炎症性疾患
  • 敗血症性ショック
  • がんや多くの悪性腫瘍
  • サイトメガロウイルス (CMV) やヒト免疫不全ウイルス (HIV) の増殖

がん細胞のオートファジーを阻害

オートファジーは、細胞内に発生した不要あるいは異常タンパク質を分解除去する仕組みです。この仕組みを発見した大隅良典 栄誉教授が2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞したことで覚えている人もいるのではないでしょうか。

ただ、がん細胞内でオートファジーが行われると、分解されたタンパク質をがん細胞が栄養として利用してしまい、死滅させることが困難になるため、がん患者においては、オートファジーを阻害する抗がん剤が開発されています。

カプサイシンは、細胞内に活性酸素ROSを増加させ、オートファジーを阻害し、がん細胞にアポトーシス(細胞死)を促すことが報告されています。

N-アセチルシステイン(NAC) の投与で効果が無くなる

細胞内の活性酸素を減少させる効果のあるN-アセチルシステイン(NAC)の投与を行うと、カプサイシンの効果が打ち消されてしまったそうです。

むやみに活性酸素を体内から除去してしまうことで、返って、がん細胞の増殖を促してしまう可能性があるということですから、そうした効果を謳っている製品を常用することには注意が必要ですね。

N-アセチルシステイン(NAC)は、アセトアミノフェンの過量摂取時の解毒あるいは、気管支炎肺気腫などに処方される医薬品です。アセトアミノフェンの解毒については、『鎮痛剤(アセトアミノフェン)からあなたの肝臓を守るには – 解毒食品』をご参照ください。

前立腺がん予防と改善

前立腺がん(LNCaP 細胞とPC-3細胞)細胞を用いて、カプサイシンの作用を調べた研究では、カプサイシンが前立腺がん細胞内にROSを発生させ、オートファジーを阻害し、前立腺がん細胞に細胞死を招いたことを報告しています。

また、別の研究では、唐辛子に含まれているカプサイシンを経口摂取することで、前立腺がん細胞の転移を有意に減少させ、がん細胞死アポトーシスを有意に発現させたことが報告されています。

更に、唐辛子が、前立腺がんの複数の細胞タイプに対しても効果があったことも示されています。

2006年の雑誌『アポトーシス』に掲載された論文は

「我々のデータは、動物試験において、アンドロゲン非依存性前立腺癌細胞に対するカプサイシンの役割を示しています。更に、カプサイシンが、様々な化学療法が効かないホルモン不応性前立腺癌に対する抗がん作用があることを示しています。」

との言葉で締めくくられています。

また、カプサイシンが、

  • アンドロゲン受容体陽性の前立腺がん細胞
  • アンドロゲン受容体陰性の前立腺がん細胞

の両方に対して、細胞死を促すことが報告されています。

更に、カプサイシンが、アンドロゲン受容体の発現を抑えるだけでなく、前立腺特異抗原PSAの転写/複製自体を阻害することで、がん増殖を抑制したことが報告されています。

食欲コントロール

カプサイシンは、食欲をコントロールする成分です。

実験では、ある年齢に必要とされるカロリー摂取量の75%4分の3)のカロリーの食事に、唐辛子2.56 mg毎食用いると、必要カロリー摂取量100%の食事をした場合と同様の満腹感が得られたことが報告されています。

ってことは、例えば、お蕎麦に唐辛子を小さじ半分かけて食べたら、いつもの4分の3の量で満足できるってことですね(ホントかな?笑)

また、カプサイシンが空腹ホルモン・グレリンの分泌を抑制することも報告されています。

様々な痛みの鎮静

カプサイシンが、神経の先端の痛覚を鈍感にさせることが、ヒトと動物の両方を対象とした多くの研究によって示されています。痛みの原因を止めるわけではありません。

単に、痛覚を鈍くさせるのです。

多くの臓器で主に炎症による痛みの伝達を担っているTRPV1受容体は、その作用を抑えても痛覚伝達を抑制する効果は限定的であることが判っています。

一方、カプサイシンは、十分な量を投与すると末端神経の痛覚受容体 TRPV1受容体を長期に渡って刺激し、不応期を起こすことが示されています。

つまり、TRPV1受容体は、抑えるよりも、過剰に刺激することで、返って痛覚が鈍くなるということです。面白いですね。

カプサイシンが偏頭痛やのどの痛みなどを改善させたことが報告されています。

高濃度のカプサイシンは神経痛に効く

高濃度のカプサイシンを局所的に塗布することで、骨筋痛と神経痛の両方において鎮痛効果を示すことが報告されています。

カプサイシン濃度8%の湿布が神経痛に効くことが報告されている一方で、湿布箇所に焼けるような感覚も引き起こすことも報告されています。そのため、カプサイシン湿布の前に麻酔効果のあるクリームを塗ることが医療現場で行われています。

しかし、麻酔効果のあるクリームを塗った場合と塗らない場合とを比較して、次の様な理由から、カプサイシン8%の湿布はやはり鎮痛効果があると結論付けています。

  • 焼けるような感覚にあまり大きな差がない
  • 焼けるような感覚は直ぐに治まる
  • カプサイシン湿布の鎮痛効果は、湿布をはがした後12週間も続く

なお、多発性骨髄腫や末期のがんにおいて、起こる重度の骨痛に対しても鎮痛作用があったことが、マウスを使った動物実験ですが示されており、ヒトにおいても鎮痛作用があることに期待されています。

胃がん予防(除菌せずにピロリ菌を抑える)

マウスを使った動物実験ですが、カプサイシンとピペリンとクルクミンが、それぞれどれくらいピロリ菌が原因する胃がんを抑制するか比べた研究があります。

生後6週間目のマウスに、次の成分をそれぞれ13週間、毎日、餌に混ぜて与えてピロリ菌の抑制効果を検証しています。

  • カプサイシン:100ppm
  • ピペリン:100ppm
  • クルクミン :5,000ppm

3つ全てがピロリ菌の増殖を抑制することが報告されています。しかし、試験管試験ではクルクミンが一番抑制効果があったものの、動物実験においては、ピぺリンとカプサイシンに有意なピロリ菌抑制効果が示されました

そのため、ヒトにおいても、胃がんの予防効果があるのではと期待されています。

ただし、胃酸過多には、唐辛子は逆効果ですからご注意を。ピロリ菌と胃酸については『ピロリ菌は病原菌ではなく共生細菌』をご参照ください。

唐辛子を食事に加えましょう

こんな素晴らしい効能がある唐辛子、お蕎麦やおうどんに一振りしない理由はないですよね。

なお、青唐辛子の旬は7~9月です。

青唐辛子が成熟したものが赤唐辛子で秋頃に出回り始めます。

成熟するほど辛みが強くなります。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.