ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

高血圧・高コレステロール・動脈硬化そして心室肥大に効果が期待できる食品とハーブ

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

先日、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)について記載しましたが、覚えていますか?

何十年も前にかかった病気のウイルスが体内に潜伏していることで起こる疲労感や過呼吸です。新型コロナウイルスもこうした感染後の不調を引き起こすことが判っています。

新型コロナウイルスによって引き起こされたウイルス感染後疲労症候群(PVFS)は、ロングホーラー(長距離運送)症候群と呼ばれています。

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)については、『新型コロナウイルスだけが原因ではない、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)ってご存知ですか?』をご覧ください。

今回、最初にウイルス感染後疲労症候群(PVFS)についてふれたのは、その症状が左心室肥大と似ているからです。

左心室肥大

心臓の肥大は、心筋の内側の壁が徐々に厚くなる病気です。厚くなった心筋は収縮力が低下して、やがて心不全を起こします。

心臓は、図のように4つの部屋に分かれています。

  1. 右心房
  2. 右心室
  3. 左心房
  4. 左心室

このうち左心室で起こるのが、左心室肥大です。

どの部屋でも肥大は起こり得ますが、左心室で起こることがほとんどです。そして、左心室の肥大で最も多い原因は高血圧です。他にも心臓弁膜症や肥大型心筋症などが原因となります。

高い血圧によって心筋が厚くなるのです。腕の筋肉も圧をかけて運動すると大きくなりますよね。それと同じです。

左心室肥大の症状

  • 呼吸困難
  • 倦怠感
  • 胸痛
  • 運動不耐症
  • 胸の鼓動
  • めまい
  • 失神
  • 弱点

左心室肥大とPVFSの症状は非常によく似ていますが同じではありません。

上記のような症状がある場合、『新型コロナウイルスだけが原因ではない、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)ってご存知ですか?』にも記載しましたが、まずは、循環器(心臓血管系)や腎臓に問題がないか検査をしてもらってくださいね。

今回は、循環器の病気とその前兆、例えば、高血圧や高脂血症(高コレステロール)や動脈硬化を改善して、心臓を守ってくれることが期待されている5つの食品とハーブについてお伝えします。

(裏付けとなる研究論文は最後に参考文献として一覧にしています)

心臓保護作用が期待される食品

1. ブドウジュース

2020年9月に『PloS One』に掲載されたマウスを使った研究ですが、ブドウジュースが左心室肥大と高血圧の予防になる可能性が示されました。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)受容体遺伝子を欠損させたマウスを高脂肪食で飼育し、脂質異常症、インスリン抵抗性、左心室肥大を起こさせ、ブドウジュースの効果を評価しています。

30匹のオスのマウス(3か月齢)を3つのグループに分け、それぞれ次の食事を与えています。

  1. 高脂肪食
  2. 高脂肪食+体重1kg当たり1日2gのブドウジュース
  3. 高脂肪食+体重1kg当たり1日20mgのシンバスタチン

註:シンバスタチン|高コレステロール血症治療薬のひとつ。日本の商品名「リポバス」

60日後、ブドウジュースを与えたグループは、シンバスタチンを与えたグループと同様の結果を示したことが報告されています。

  • 脂質異常症とインスリン抵抗性が低下
  • 善玉コレステロール(HDLコレステロール)が大幅に上昇
  • MP-2とMMP-9の発現が低下
  • CRPの血清レベルが低下

したそうです。

註:
MMP-2|心筋酸化ストレスを助長する
MMP-9|コラーゲンIV型およびV型を分解する
CRP|C反応性蛋白。体のなかで炎症が起きているときに血液中で上昇するタンパク質

ブドウジュースのフェノール化合物の抗酸化力によって、善玉コレステロールが増加し、左心室肥大と動脈性高血圧の発症が抑制されたと考えられるとのことです。

研究者は、ブドウジュースには、シンバスタチンと同様に心臓を保護する効果をもっていることが期待でき、心疾患予防のための機能性食品としての可能性を示唆しています。

2. 聖ヒルデガルトの心臓病の薬

上記の研究論文を読んでいて思い出したのが、聖ヒルデガルトの心臓病の薬のレシピです。パセリとハチミツと赤ワインで作ります。

材料

  • 赤ワイン 5カップ
  • パセリ 8-10本
  • 赤ワインビネガー 大さじ2杯
  • ハチミツ 3/4カップ

作り方

  1. ハチミツ以外を鍋で5分沸騰させずに煮る
  2. ハチミツを加えて更に5分煮る
  3. アクとパセリを除いて冷やし、毎日30cc飲む

彼女はブドウジュースそのものではなく、それを発酵させた赤ワインを使っていますが、中世を生きた彼女が赤ブドウが心臓病に効くことをなぜ知っていたのか不思議です。やっぱり伝統医療、あなどれないですね。

上記の研究は火を加えない生のジュースによるものなので、このヒルデガルトのレシピが心臓病に実際に効くかどうかわかりませんが、思い出したのでご紹介してみました。

このレシピを教えてくださったドイツ料理の野田シェフのレストランで開催される聖ヒルデガルトのお食事会については、『欧州代替医療の母、聖女ヒルデガルトのハーブ料理を体験』、『聖ヒルデガルトのイースターお食事会』をご覧ください。

3. グレープシードエキス

ブドウジュースではなく、グレープシードエキスを用いた研究ですが、ヒトを対象としたランダム比較による臨床研究のうち、収縮期/拡張期血圧(上の血圧/下の血圧)の変化に及ぼす影響を体系的にメタ分析によって評価した論文がありました。

研究者は、対象となる研究が少ないため、更なる大規模な研究が必要ではあるが、グレープシードエキスには、血圧を有意に低下させる作用があり、代謝障害(メタボリック症候群)の患者においても有意な効果があることが示されていると述べています。

もちろん、直ちにブドウジュースやシードエキスが医薬品や医療行為の代わりになるとは現時点では言えません。

でも、左心室肥大の治療に用いられる薬には、しばしば副作用を伴うものが多いです。

統合食養学のヘルスコーチとしては、健康診断で高脂血症や高血圧を指摘された人など、循環器に不安がある人が、日常的に取り入れられる予防法として、これらの研究はとても魅力的に思われます。

毎日ブドウジュースを1杯飲むことに副作用はありませんし、美味しく楽しく続けられるのではないでしょうか。

そしてもし本当に効果が表れたなら、薬の量を減らせるかもしれませんよね。

研究で用いられたブドウの種類は…?

研究では特定の種類のブドウが用いられています。今回の研究で用いられたブドウの種類、そして、残り2つの心臓・血管に良い食品(ブドウじゃないですよ)については、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録すると読めます。
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.