ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

新型コロナウイルスだけが原因ではない、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)ってご存知ですか?

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウロードできます

長い人生、誰しも1度や2度やそれ以上、疲れたな~と、感じたことはありますよね?

一般的に私達が「疲れたなぁ~」と感じることの原因は、

  • 睡眠不足
  • 人間関係のストレス
  • 仕事のストレス
  • 運動などによる肉体疲労

です。

他にも、塩酸ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)配合の アレルギー症状緩和薬(ドリエルなど)を服用した後などに起きる

  • 薬物誘発性疲労

なんてのもあります。

でも、これらの「疲れ」は、みな一時的なもので、何かの病気によって起こっているものではありません。

今回、読んでいただきたいのは、日常生活の妨げになるほどの、あるいは、人生を楽しむことの妨げになるほどの慢性的な、あるいは定期的に起きる疲れについてです。

こんな経験はありませんか?

  • ピラティスを始めたら、15分も経たずに息切れがしたり、めまいが起きて、心臓がバクバクしだした。
  • 今までは平気だった3kmのジョギングなのに、久しぶりに走ろうとしたら息が苦しくなって、休憩しないと走り切れず、帰宅後は、疲れ切ってしまいずっと横になっていた。
  • 駅の階段を上ろうとして、途中で息切れがして登り切れず、階段の途中で座り込んでしまった。
  • 片付けないといけない用事だったが、あまりに疲れていたため予定変更するしかなかった。
  • 駐車場からスーパーの入口まで歩いただけなのに疲れてしまい、しばらくベンチで休憩しないと買い物ができなかった。

こうした状態は、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)と呼ばれる病気である可能性があります。

(裏付けとなる研究論文を最後に参考文献として一覧にしています)

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)とは

ICD-10(International Classification of Disease|国際疾病分類のこと)に掲載されている本物の病気です。

例えば、10年~30年以上前であっても、何かのウイルス性の感染症にかかったことがある場合、そのウイルスがまだ体内に潜んでいて、何等かの不調を引き起こしていることがあるのです。

そうした、潜伏ウイルスによって引き起こされる病気や不調をウイルス感染後疲労症候群(PVFS)と呼びます。

主だった症状が治ってしまうと、まさか、まだウイルスが体内に潜んでいるかもしれないとは多くの人が思わないため、また、潜伏ウイルスは検査によっても見つけられないことも多いため、見過ごされやすい病気です。

ウイルスが体内に潜んでいるケース

水痘帯状疱疹ウイルス|水痘(みずぼうそう)を起こす水痘帯状疱疹ウイルスは、脳と脊髄に永遠に住み着き、後に、帯状疱疹を引き起こすことが判っています。でも帯状疱疹が起きた時(多くは40代以上)、それが5歳の時の水ぼうそうが原因していると考える人は少ないです。

インフルエンザ・ウイルス|インフルエンザにかかったことがある人は、その古いウイルスが再発して毎年、風邪の症状を起こしていることがあります。毎年、別の風邪にかかっていると思っている人がほとんどではないでしょうか。

イギリスの『筋痛性脳脊髄炎協会|Myalgic Encephalopathy Association』が発行したウイルス感染後疲労症候群(PVFS)に関する記事には、もっと多くの症例が掲載されていました。

ヘルペスウイルス|EBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス)は、唾液に潜んでいるため、回し飲みやキスが原因でうつることが多いため、別名キス病などとも呼ばれますが、過去にこのウイルスに感染したことがある人に起きる倦怠感は、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)の可能性があるとのことです。

ライム病ウイルス|ダニに噛まれてライム病にかかったことのある人に起こる倦怠感もウイルス感染後疲労症候群(PVFS)の可能性があるとのことです。

これらだけではありません。

  • 猫にひっかかれることで感染するパルトネラ・ウイルス
  • 蚊から感染するウエストナイル・ウイルス
  • HIVウイルス

などなど

こうしたウイルスへの感染後に起こる尋常ではない疲労感・倦怠感は、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)である可能性が高いものです。

新型コロナウイルス感染後のPVFSの症状

新型コロナウイルスに感染すると、回復した後も

  • 心臓
  • 神経系
  • 血管
  • ミトコンドリア

に影響が残ることが問題視されています。

誤診されやすい「疲労感」と「息切れ」

疲労の感じ方は人によって異なることから、医師へ誤解なく伝えることが難しい症状のひとつです。ひどい疲労感や倦怠感があると伝えると、大抵、甲状腺機能低下症かうつ病が疑われてしまいます

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)による疲労感(エネルギーの枯渇)は、それらの病気とは異なる仕組みによって起こります。

甲状腺機能低下症については『甲状腺機能低下症|(1)こんな症状ありませんか?検査の見方と間違えられやすい病気』をご覧ください。

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)による疲労は、ウイルス感染によって細胞内のミトコンドリアが弱体化することにより、ATP(エネルギーの源)を体内で作ることができなくなってしまうことで起こります。

疲労感だけでなく、多くの場合、ウイルス感染は呼吸に影響を与えます。

私達は無意識のうちに呼吸をしているため、呼吸を意識することは稀です。でもウイルスは、私の呼吸パターンを永久的に変えてしまう力をもっています。

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)は、過呼吸や息切れなどの症状として現れます。

しかしこの状態も

  • CFS(慢性疲労症候群)
  • CFIDS(慢性疲労免疫機能不全)あるいは
  • ME(筋痛性脳脊髄炎)

と、診断されてしまうことの多い症状です。

一方で、激しい呼吸は、心疾患や腎臓病と関係していることが多く、例えば、腎不全があると肺に水が溜まってしまうので、息切れが起きます。過呼吸や息切れが、腎機能や循環器による症状ではないことを検査してもらうことも重要です。

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)による「息切れ」と「倦怠感」の仕組み

症状を改善する方法を理解するためには、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)による息切れと倦怠感が、血中への過剰な酸素と、二酸化炭素の枯渇に起因していることを理解する必要があります。

言うまでもなく、息を吸うと体内に酸素が取り込まれ、吐くと二酸化炭素が排出されます。

体を動かすと、1分あたりの呼吸は、普段よりも早くなります。酸素と二酸化炭素の交換が迅速になり、血流中の二酸化炭素の濃度が下がります。でも、健康な人は恒常性を維持する機能をもっているので問題を感じません。

しかしウイルス感染後疲労症候群(PVFS)を起こしている人にとって、このプロセスが気分を悪くさせます。

呼吸性アルカローシス

呼吸性アルカローシス」と呼ばれるものですが、通常pH7.35~7.45(弱アルカリ性)の血液のpH値が、僅かに上昇し(アルカリ性が強くなり)、血液中の二酸化炭素の濃度が下がります。

そして、過剰な酸素の取り込みによって過酸化水素(炎症性の酸化物質)が増加します。更に、過呼吸下では血中の酸素は、ヘモグロビンとより強く結合するようになり、脳へ運ばれる酸素の量が減ります。

そのため、次のような症状が起こります。(喘息によっても同じような症状が起きます。)

  • 頭がぼーとする
  • めまい
  • 虚弱
  • 困惑
  • 動悸
  • 胸の痛み
  • 手足の指や唇のしびれ
  • 筋肉痛や脚のつり
  • 睡眠困難
  • 頻繁なあくび
  • げっぷ
  • 不安症
  • 喉の渇き

更に更に、過呼吸は、ATP(エネルギーの源)を作るために必要なリンとマグネシウムを細胞内から枯渇させます。ATPが減少することで、筋肉は疲れやすくなり倦怠感が生じ、更なる息切れが起きます。

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)による症状の緩和のための選択肢

過呼吸あるいは息切れが起きた時

マスクをしたままゆっくりと息を吐きます。マスクをしていない場合には、手で口を覆ってやりましょう。5秒間息を吸い、5秒間息を吐きます。

  • 片方の鼻の穴をふさいで、鼻で呼吸します。
  • 口をすぼめて、口呼吸します。
  • 腹式呼吸をします。
  • 5〜10秒間、息を止めます。

過呼吸や息切れ・倦怠感の予防と緩和

ご自分がウイルス感染後疲労症候群(PVFS)であるかもしれないと思われる方は、それによる過呼吸や倦怠感を緩和するために

  • 腹式呼吸法を学ぶ
  • 口呼吸ではなく、鼻呼吸をする
  • 適度な運動をする(適切な筋肉量を保つ)
  • 適度な日光浴をする(1日15分)
  • 免疫機能をサポートする食事を取り入れる

などの習慣を身につけることをお勧めします。

免疫機能をサポートする食事

腸内環境を整える

統合食養学に則った免疫力アップの食事ボディーエコロジーのアプローチについては、マインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターで学ぶことができます。

魚、卵、キノコ類

これらの食品は、呼吸性アルカローシスによって失われるビタミンDを補ってくれます。

ビタミンDが豊富な食品

海藻、山菜

過呼吸によって失られるマグネシウムを補ってくれる食品です。

マグネシウムが豊富な食品

ナッツ&シーズ、オリーブ、アボカド

ビタミンEは抗酸化ビタミンです。過呼吸によって増加する過酸化水素を中和してくれます。

あなたのビタミンEは本物ですか?

イチョウの葉茶

イチョウには強力な抗酸化作用があり、動脈血管拡張を誘発して脳により多くの酸素をもたらします。

この作用のため、欧米では「山岳病」または「高山病」予防のため、登山を趣味にされる人達に愛飲されているお茶です。

コーヒーを控える

コーヒーはミネラルの吸収を阻害してしまうので、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)の人は止めた方が良いでしょう。

サプリメント

統合食養学のヘルスコーチとしては、原則的にはサプリメントを勧めることはしません。しかし病気による症状改善のため、食事から摂ることの難しい成分をサプリメントから摂取することは勧めます。

以下の成分の摂取については医師にご相談してからにしてくださいね。

  • カタラーゼ|過酸化水素を酸素と水に分解し中和する作用のある物質です。カタラーゼの有用性が報告されています。
  • N-アセチルシステイン|1日2回600mg(ただし医師に相談のこと)
  • S.O.D(スーパーオキシドジスムターゼ)|過酸化水素を中和します
  • ATP|サプリメントとして摂ることもできます
  • TMG(トリメチルグリシン)|低用量(約500 mg)から試すことをお勧めします。

もしあなたの疲労感や呼吸に関する問題について、今回ご紹介したことにもし心当たりがあれば、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)の可能性を考えてみても良いのではないかと思います。

また既にコロナウイルスに感染し、その後、疲労感や呼吸に困難を感じているのでしたら、それは確実にウイルス感染後疲労症候群(PVFS)です。

医師に相談の上、適切な治療が行われることが望ましいですが、それと並行して、ご自宅でできる食事による症状の緩和へのサポート情報となれば嬉しいです。

私達は食べたものでできています。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.