ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

ピロリ菌は病原菌ではなく共生細菌(2)逆流性食道炎

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

第一回目『ピロリ菌は病原菌ではなく共生細菌(1)ピロリ菌を除菌すると食道がんに』で、ピロリ菌が胃液の分泌の調整を行ってくれている仕組みについてご紹介しました。

ピロリ菌を除菌してしまった人の胃は、胃液をコントロールしてくれるピロリ菌がいないので、加齢によって胃粘膜が薄くなっても、胃液は若い時のまま分泌され続けます。結果、胃粘膜の厚さに対して過剰な分泌となります。

そのため、胃粘膜が薄くなり始める、ピロリ菌除菌後の50代以降の人に、逆流性食道炎が増加し、食道がんも比例するように増えていると考えられています。

実はピロリ菌について書こうと思ったのは、ブレイザー博士の本を読んだからではありません。元同僚(まだ40代)が逆流性食道炎になっていることを知り、更に、彼がピロリ菌を除菌しているという事実を知り、ブレイザー博士の著書が遠い国の話ではないことを実感し、元同僚の少しの助けにでもなれないかと考えたからです。

ピロリ菌による胃液調整機能が失われて起こる逆流性食道炎は、ピロリ菌への再感染以外に根本的な解決方法はなさそうですが、ピロリ菌は今のところ再感染も移植もできないことが判っています。

とはいえ、逆流性食道炎の症状を緩和し、生活の質を向上させることや、食道がんを発症するリスクを低減することはできると思います。

ここでは、ピロリ菌除菌によるのものだけでなく、逆流性食道炎一般について、その予防と改善策について、最新研究による報告を交えてお伝えします。

さて、胃液の過剰分泌の主な原因は、以下の通りです。

(参考とした資料は、最後に参考文献として一覧にしています)

胃液の過剰分泌の原因

  • 食物アレルギーや過敏症: 食品アレルギー、あるいはアレルギーまでいかなくても、小麦や乳製品等の食品に対する耐性が低い(過敏症などの)場合、胃液が過剰に分泌されることがあります。
  • 酸味の強い柑橘類
  • トマトやトマトの加工食品(トマトの酸が原因)
  • 塩分
  • ピロリ菌除菌

ピロリ菌除菌だけが逆流性食道炎/胃液の過剰分泌の原因ではないのです。

また、逆流性食道炎は、胃液過剰だけでなく、胃液が少ない人でも起こるんですよ。

私達の胃と食道の間には、下部食道括約筋という弁があって、胃液が食道へ逆流することを防いでくれています。でも、様々な理由で、その弁がちゃんと閉まらないことがあります。そうした場合に、胃液は過剰でなくても、食道の方へ逆流してしまうのです。あるいは、食道裂溝ヘルニアといって、食道が通る穴(食道裂孔)を通って胃の一部が胸の方へ飛び出してしまうことによっても起きます。

下部食道括約筋がちゃんと機能しなくなる主な原因

  • ビタミンB12の欠乏: 動物性食品をあまり食べない人は要注意です
  • うつ病や不安症
  • ニコチン

そして

下部食道括約筋の働きを鈍くし、胃液の分泌も過剰にする主な原因

  • アルコール
  • コーヒー(コーヒーに含まれるメチルキサンチンの一種であるカフェインが原因)
  • チョコレート(チョコレートに含まれるメチルキサンチンの一種であるテオブロミンが原因)
  • 炭酸飲料
  • 揚げ物
  • 香辛料、ペパーミント
  • ガーリック、玉ねぎ
  • 食品添加物(加工食品)
  • ストレス

高ストレスの職場で働いている喫煙者でお酒大好きでピロリ菌除菌した50歳以上の人、生活と食事を真剣に考え直しましょうね。

では、どうしたら胃液の分泌を調整し、胃壁を守り逆流性食道炎を改善し、食道がんを予防できるのでしょうか。

上で述べた通り、ピロリ菌除菌による胃液分泌の調整機能の不全は、食事やライフスタイルで根本的に治すことは難しいです。でも、逆流性食道炎の症状を緩和することで、食道がんを予防することは可能だと考えます。

逆流性食道炎を改善するライフスタイル

  • 食後直ぐに横にならない。就寝3時間前には食事を終わらせる
  • 就寝中に逆流が起こる場合には、横向きに寝るか、上体を少し起こして眠る。枕だけを高くしてもあまり効果はない。
  • 適正体重を保つ。腹八分目。
  • 体を締め付けるような下着や洋服を避ける。胃腸を締めつけると胃液が逆流しやすくなる。
  • ガムを噛む。唾液の分泌を促し、唾液を食道に定期的に流すことで、胃液の逆流を防止します。

最も健康的な睡眠スタイル(寝姿)はどれ?

逆流性食道炎を改善する食事

逆流性食道炎の解消

症状を悪化させる原因だと先に紹介した食品を意識して避けることをお勧めします。

一方、積極的に食べてほしいのは、次の食品達です。

1.ヌメリのある食品(胃粘膜を強化して胃壁を守る)

動物の粘膜や唾液などに含まれているネバネバした物質は、ムチンと呼ばれ、ほとんどの動物の粘液に含まれています。私達の胃粘液や腸粘液もムチンでできています。

ヌメリのある食品の、あのネバネバの成分は、水溶性食物繊維のひとつで、こちらもムチンと呼ばれます。でも、こちらは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なります。

でも、食品から摂ったムチンにも胃を保護する効果が期待されています。

ムチンには粘膜を潤して強化する働きがあるため、食道や胃の粘膜を強化し、胃壁を保護するよう働き、傷ついた食道や胃の粘膜を修復し、食道炎や胃潰瘍、胃炎の予防・回復の効果が期待されています。

その他にも、鼻の粘膜を強化することで、細菌・ウイルスから体を守って風邪や花粉症の予防になったり、腎臓・肝臓機能の向上、細胞の活性化による老化予防にも有効だとして、古来から東洋医学では、ヌメリのある食品がもちいられています。

だから、ピロリ菌を除菌してしまったことで、加齢で薄くなった胃粘膜に合わせて胃液を調整できなくなってしまった人も、ムチンの多い、ヌメリのある食品を食べることで、食道壁や胃壁を守ることができるのではないでしょうか。

なお、ムチンには、タンパク質分解酵素が含まれているので、タンパク質といっしょに食べるとタンパク質の消化吸収を助ける働きもあります。ただ、タンパク質分解酵素は熱に弱いので、タンパク質の消化吸収のために食べるのであれば、調理前にタンパク質といっしょに和えておくか、生で食べることをお勧めします。

マシュマロの根

この他にも、マシュマロの根の樹液にもムチンが多く含まれていることが知られており、メリーランド大学メディカル・センターや、『The New Holistic Herbal(新しいホリスティック・ハーブ)』の著者デイヴィッド・ホフマン氏もそのご著書の中で、マシュマロの根を乾燥させた粉末を使ったマシュマロ茶を勧めています。

このマシュマロは、あの白いふわふわしたお菓子のマシュマロとは関係ないものです。

2.マンゴー

マンゴーに含まれているビタミンC(100g中20mg、一日必要量100mg)は、水や加熱にも強く、壊血病や傷口の癒合などに強い効果があり、ガン誘発物質のニトロソアミンの形成を抑制し、胃癌や食道癌の発病率を下げる効き目があると言われています。

また、マンゴーは果物の中ではβカロテンが豊富で、βカロテンは、細胞を守り、体内の粘膜を強化する働きがあると言われています。

世界三大美果 – マンゴー

ベータカロテンの多い食品

3.重曹(胃液を抑える)

制酸薬として知られています。胃をアルカリ化することで、胃痛や胸やけを和らげます。ただし、胃炎や食道炎を治すものではなく、あくまでも痛みや不快感を一時的に解消させるものです。また、ナトリウムを含んでいるので、慢性的な飲用もお勧めしませんし、高血圧の方にもお勧めできません。

小さじ1杯半を水に溶かして飲みます。

※ アルミニウムを含まない重曹を購入するよう気を付けてくださいね。アルミニウムは神経毒です。アルツハイマー病との関連性が疑われている物質でもあります。

4. アロエジュース(胃液の逆流を抑える)

胃液の逆流を抑え、胃と食道の炎症を抑えます。ただし大量に飲むとお腹を下す場合がありますので、注意してください。

食前に、フレッシュなアロエの葉の皮をむき、ブレンダーで1/4カップの水といっしょに混ぜてスムージーにして飲みます。

アロエの成分アロインは毒か薬か?カリフォルニア州が発がん性物質としてリストに追加

5.亜鉛カルノシン

亜鉛カルノシンは、亜鉛カルノシンという2つの栄養素を融合させただけの物質です。カルノシンは、アミノ酸が2つ結合して造られているジペプチドの一種で、鶏肉馬肉に多く含まれている成分です。筋肉の中に存在して瞬発力を高める働きをしていると考えられています。人間にとってはアンチエイジング効果があり、疲労回復に効果があると言われています。

亜鉛カルノシンは、粘膜を補修して、消化器官の不快感炎症胃痛胸やけ消化不良吐き気膨満感を解消させ、臨床研究においても、胃腸疾患の患者に有効に働き、胃の共生細菌のバランスを保つことが報告されています。

亜鉛カルノシンは、サプリメントとして販売もされていますが、何も亜鉛とカルノシンを食品から食べても悪くないわけですから、一生、逆流性食道炎と付き合わなければならないピロリ菌除菌者の方々には、サプリメントよりも食事から摂っていただければと思います。

カルノシンは、鶏肉、馬肉、豚肉に多く含まれています。

亜鉛を多く含む食品

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.