ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

アーユルヴェーダの薬草ホーリーバジル(トゥルシー)の効能はどこまで科学で裏付けられたのか

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

お気に入りのハーブティは何ですか?

私は静岡県で生まれ育ったせいか、お茶は緑茶が一番好きです。

そのためその他のハーブティは、気が向いた時や何か不調が気になる時に薬茶として飲むくらいです。そのレパートリーのひとつに、トゥルシーがあります。レモンと生姜を少し加えて飲みます。

ストレスを解消したり、何かに圧倒されてしまった時に現実に戻る助けをしてくれる素晴らしいお茶です。

バジルいろいろ

左:トゥルシー   右:スイートバジル

トゥルシーは、ホーリーバジル(聖なるバジル)として知られているアーユルヴェーダ(インド伝統医療)の貴重な薬草です。一方で、お料理に使われることの多いバジルは、スイートバジルと呼ばれるものです。葉っぱだけみたらまったく違う植物ですね(笑)

でも、どちらのバジルも同じシソ科の仲間です。

私がまだ高校生だった頃の日本では、フレッシュなバジルをレストランでもスーパーでも見かけることはありませんでした。当時、イタリアンレストランの多くが本物のバジルではなく、青紫蘇を代用して使っていました。18歳の時に初めて食べたボンゴレビアンコにもシソが使われていました。そのせいか、今でも、ボンゴレビアンコはシソの方が美味しいと思ってしまう私です(すり込み効果?笑)

紫蘇に青シソと赤シソがあるように、バジルにも紫色の赤バジルがあります。

スイートバジルの種(バジルシード)については『新たなスーパーシードかもしれないバジルシードを試してみませんか?』に紹介していますので合わせてご覧ください。昔の人は、水に浸してふやかしたバジルシードを目の汚れをとるために使っていたそうです。

スイートバジルのお料理への活用方法については『キッチンを薬局に|基本の15ハーブの効能と使い方』をご参照ください。

バジルの旬

バジルの旬は、7月~9月です。日本のスーパーなどには3月頃から出回り始めていますよね。

私は旬の時のバジルの葉や、それをペストソースにしたものを冷凍保存しておいて、季節が終わった後にも、イタリア風料理を作る時などに利用しています。

伝統的に用いられてきたバジルの効果

ここに関しては、スイートバジルについても、ホーリーバジル(トゥルシー)についても、科学的に検証した研究がほとんどなく、トゥルシーの茶葉を販売しているインドの企業がスポンサーになって行われたメタ分析調査には、「効能を裏付ける報告をしていた論文は、現在までに24本ある」と記載されていました。少ないですね。

ただ、効能を検証する研究が少ないからといって、効能がないという意味ではありません。漢方の多くの生薬と同様に単に未だ検証されていないというだけのことだと思います。

今回は、伝統的に言われているバジルの効果と、それについて行われた研究についてお伝えします。さて、伝統的な効能は裏付けられたでしょうか?

(裏付けとなる研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています。)

1. 肝機能保護

トゥルシーは、ミルクシスルと同様に、伝統的に肝機能の保護と改善に用いられてきた薬草です。未だ肝機能保護に有効な医薬品が存在しないため、トゥルシーの肝機能保護作用を検証しようとした研究が、マウスを用いた動物実験ですがありました。

ここでは、トゥルシーのフレッシュな葉を食べさせています。

マウスは次の5つのグループに分けられ、10日間を過ごします。

  1. 通常の餌+何もされない
  2. 通常の餌+8日目にアセトアミノフェン(体重1kgあたり2g)で肝機能障害にさせる
  3. トゥルシーの葉(1日に体重1kgあたり200mg)+8日目にアセトアミノフェンで肝機能障害にさせる
  4. シリマリン(1日に体重1kgあたり100mg)+8日目にアセトアミノフェンで肝機能障害にさせる
  5. トゥルシーの葉(1日に体重1kgあたり100mg)+シリマリン(1日に体重1kgあたり50mg)+8日目にアセトアミノフェンで肝機能障害にさせる

(シリマリンについては『肝機能だけじゃない、母乳にも良いミルクシスル(マリアアザミ)の効果と危険性』をご参照ください)

研究で使用したマウスの体重が150g~200gだったとのことですから、マウスの体重の約0.2%のアセトアミノフェンが投与されたことになります。単純計算では、体重50kgの人が100gのアセトアミノフェンを摂取するのと同じなので、人間なら死にますね。(頭痛薬の用法容量では1日に1g、最高でも4gまで)

10日目に、グループ3、4、5のマウスは、

  • ALP(アルカリフォスファターゼ)|どの細胞にもある酵素。高濃度のALPは肝機能の異常、十二指腸への胆汁の動き、骨へのがんの転移などが可能性となる
  • A/G比|アルブミンとグロブリンの比で、肝臓や腎臓等の異常を知る簡便な方法
  • トランスアミナーゼ|血清GOT、血清GPT

の指標で、グループ2と比較して有意にグループ1(健康なマウス)の数値に近似していたと報告されています。更に

  • 洞様毛細血(肝臓の類洞に見られる毛細血管)
  • 混濁腫脹(肝臓、心臓、腎臓が光沢や透明性を失い、白く濁った状態となること)
  • 脂肪化(肝臓の中性脂肪含量が4%を超えて増加している状態)

に減少がみられ、肝細胞の再生が観察されたことが報告されています。グループ2においては、肝細胞の壊死しか観察されなかったとのことです。

2. 抗真菌性、抗菌性、抗ウイルス性

これはバジルのエッセンシャルオイル(精油)を用いた研究がいくつかあり、いずれも効果があることが示されています。

抗ウイルスについては、新型コロナウイルスへのトゥルシー精油の効果を調べた研究がありました。

試験管試験ですが、トゥルシー精油に含まれている様々な成分のうち、次の3つが新型コロナウイルスの増殖を抑制したことが報告されています。

  • ビセニン ・・ 8.97 kcal / mol
  • イソリエンチン4′-O-グルコシド2 ”-O-p-ヒドロキシベンゾアグテ ・・ 8.55kcal / mol
  • ウルソール酸 ・・ 8.52kcal / mol

記載している数値は、抗新型コロナウイルス作用を示したそれぞれの濃度です。

あくまでも試験管試験での結果ですから、お茶に数滴落として飲んだところで、感染後にウイルスが殺せるとは思われません。しかしジュースやコーヒーを飲む代わりに、トゥルシーティかトゥルシー精油をお茶に落として飲んだら、感染予防になるかもしれませんね。

3. 食欲増進・消化不良改善(胃潰瘍改善?)

バジルの香成分が食欲を刺激し、また、胃を強くし、胃の不調を改善する働きがあると言われています。香り成分の中でも、バジルに含まれているリナロールオイゲノール等の香り成分の効能ではないかと考えられています。

動物実験ですが、NSAIDと呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬(鎮痛剤、イブプロフェン系)によって胃炎にさせたマウスを次の4つのグループに分け胃潰瘍の状態を比較しています。

  1. バジル抽出油 ・・ 体重1kgあたり100mg
  2. バジル抽出油 ・・ 体重1kgあたり200mg
  3. 抗NSAID潰瘍剤(ミソプロストール、商品名サイトテック)・・ 体重1kgあたり50μg
  4. 何も与えない

何も与えられていないグループと比較し、バジル抽出油を与えられた2つのグループと抗NSAID潰瘍剤が与えられたグループで胃潰瘍の指標がそれぞれ 57%、76%、79%と、有意に改善したことが報告されています。また、その他の炎症性指標も改善を示していたとのことです。

医薬品ほどではなかったものの、それに近い、また統計的にも有意な差がバジル抽出油からも得られたとういうことは心強いですね。

この時使用されたバジルは、〇〇〇〇〇でした。

続きは、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録すると読めます。
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

更に

4. 生活習慣病予防
5. 糖尿病予防・改善
6. 通経作用(というよりも女性疾患予防?)
7. ストレス解消・うつ改善

についての検証が続きます。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.