ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

強力な抗酸化力をもつケンペロールを食事に加えるだけ。カロリーを気にするより簡単な方法

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

植物性の食品に含まれている抗酸化物質の話になると必ず出てくる言葉は、ポリフェノールとか、フラボノイドですよね。その他にも、アントシアニンとかカテキンとか・・たくさんあります。

きっと、ソフィアウッズ・インスティテュートの記事を読んでくださっている皆さんは、既にご存知の言葉ばかりだと思います。

では、

ケンペロール(kaempferol)とは?

ケンペロールも植物に含まれている抗酸化物質天然のフラボノールです。

日本語ではケンペロールとかケンフェロールと記載されますが、英語での発音に近いのは、キャンパーオールでしょうか。

ケンペロールは、1938年にハンガリーの化学者によって発見されました。当初は、ビタミンだと考えられていて、ビタミンPと呼ばれていました。

なぜ私が唐突にケンペロールの話を始めたのか不思議ですか?

世の中の健康的な食事についての議論に飽きてしまったからです。

  • やれタンパク質が多すぎるとか、足りないからタンパク質を添加した食品を食べた方が良いとか
  • やれ炭水化物を食べると太るから、抜いた方が良いとか
  • やれ脂肪はカロリーが高いから抜いた方が良いとか

こうした極論が正しかったことは一度もありません。でも未だに多くの人がこうしたデマを信じています。

ハーバード大学病院の肥満症専門医が「カロリーを数えるのを止めて、食の質と向き合うことから始めましょう」という理由

それに、炭水化物やタンパク質や脂質の量を考えながらする食事が楽しいわけがありません

それに、誰もカロリー計算なんてしたくありませんよね?私だって嫌です。

食生活指導士の資格を取得するためにカロリー計算を正しく学ばなければなりませんでしたが、あんなことをしながらお料理するのはちっとも楽しくありませんでした。

だから誰も長続きしないんです。

カロリーを気にするのをやめて、炭水化物やタンパク質や脂肪の量を気にするのを止めて、ただケンペロール豊富な食品をたくさん食べるようにすれば、問題は解決します。

ケンペロールの健康効果

2019年に発表されたレビュー論文は、現在までに報告されているケンペロールの作用・効用に関する研究を整理していました。その中で、ケンペロールに期待できるという研究報告のある作用は次の通りです。

ケンペロールに治癒効果があると考えられる疾患

  • 急性・慢性の炎症性疾患
  • 椎間板変性症
  • 大腸炎(赤痢)
  • 閉経後の骨粗鬆症
  • 急性肺損傷
  • 肥厚性瘢痕などの繊維増殖性の疾患

ケンペロールに改善効果があると考えられる疾患

  • がん(大腸がん、乳がん、前立腺がん)
  • 肝臓疾患
  • 肥満症
  • 糖尿病

ケンペロールに予防効果があると考えられる疾患

  • 血管内皮の炎症
  • 脳神経の保護(アルツハイマー病)
  • 心機能を保護

ケンペロールがペルオキシ亜硝酸/過酸化亜硝酸を無力化

過酸化亜硝酸は、体内で亜硝酸塩過酸化水素が反応することで発生します。

体内で過酸化亜硝酸の蓄積が過剰になると

  • 喘息
  • 自閉症
  • 関節炎
  • アルツハイマー病
  • 心疾患(動脈硬化など)
  • 腎臓疾患
  • 糖尿病

などとの関連が報告されています。

過酸化亜硝酸の蓄積が過剰になる原因

  • アルギニンの不足
  • 肉食中心の食事

アルギニンは、一酸化窒素合成酵素によって体内で酸化され、血行を促進し心疾患予防や生活習慣病予防、性ホルモンに係る不調改善に役立つ一酸化窒素(NO)とシトルリンになります。一方で、アルギニンが不足すると過酸化亜硝酸が発生することが判っています。

アルギニンは、アミノ酸の一種です。つまりタンパク質に多く含まれているため、不足させないためには、タンパク質豊富な肉類や豆類を食べなくてはなりません

一方で、肉には、変色を防ぐための発色剤(亜硝酸塩/亜硝酸Na)が食品添加物として使用されているのが一般的です。ハムや赤くないソーセージ、無着色たらこ、ボイルのカニなどにも添加されています。

亜硝酸塩が使用されていない肉類・魚介類もあります。ちゃんと「無塩責」と記載してある商品もあります。食品裏を確認しましょう。

ケンペロールは、非常に強い抗酸化力をもっているため、過酸化亜硝酸を無力化(中和)してくれることが報告されています。

(ただし、亜硝酸塩には他にも問題があります。ソフィアウッズ・インスティテュートのセルフドクターコースでお話しています。)

参考:『お肉が発がん性物質だという意味は?WHOによる発表をわかりやすく解説します

ケンペロールを食事に増やすには…

続きは、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録すると読めます。
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.