食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

アルツハイマー病が感染する可能性がマウスの実験で明らかに

04fd9a8dcfc36bbfe4460a11c0f734c2f00afda8.72.2.9.2
バイオ個性で食べて、心と体をつないで健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

2016年3月16日のサイエンス誌『ネイチャー』のオンライン版に掲載された評論『アルツハイマー病の感染の可能性を巡る議論』について、当時、このブログでも紹介しましたが、

その時、ネイチャーの編集者が、「今はまだ可能性が議論されているだけであり、検証が待たれる」としたことについて、マウスの実験結果の報告がありましたので、改めて紹介します。

(なお、2016年に執筆したブログ記事は、下にそのまま掲載していますので、ご参考までご覧ください。)


(2018年12月13日発表の論文より)

マウスの実験で、脳変性疾患(アルツハイマー病やパーキンソン病等)に関連する粘着性タンパク質が伝達される可能性があるという確証が得られた。

神経変性疾患の顕著な特徴の1つである粘着性タンパク質は、特定の条件下ではヒトからヒトへ伝達される可能性があり、伝達された人の脳に新たな損傷を与える場合がある

という仮説を裏付ける神経科学的証拠だとのことです。

クロイチェルヤコブ病に感染して死亡した患者から採取した成長ホルモン(2016年のブログ参照)を再検証した結果、確かに、そのホルモンには

  • アミロイドβタンパク質(Aβ40、Aβ42)とタウタンパク質が相当な濃度含まれていた

とのことです。そして、アミロイドβタンパク質の前駆体と考えられている物質をマウスの脳内に接種すると、

  • アミロイドβタンパク質とアミロイド血管障害が発症する

ことを確認したと報告しています。

つまり、アルツハイマー病を発症しているマウスの脳内の成分(粘着性タンパク質)を、健常マウスの脳に移植したら、健常マウスもアルツハイマー病を発症したということです。

このことから、ヒトにおいても同様に、アルツハイマー病のヒトの脳の粘着性タンパク質を、健常者に移植すると、健常者もアルツハイマー病を発症するのではないかという懸念が強いという報告です。

ただしこれは、アルツハイマー病(に特有の粘着性タンパク質)が単なる接触でうつるということ意味しているわけではありません。アルツハイマー病のヒトにさわったらうつるわけではありません。

  • 特定の内科的、外科的手順によって、ヒトからヒトに伝播するリスクがあること、
  • それが数十年後に脳疾患を引き起こす可能性があること

を意味しています。

参考文献:”Transmission of amyloid-β protein pathology from cadaveric pituitary growth hormone“, Silvia A. Purro, Mark A. Farrow, Jacqueline Linehan, Tamsin Nazari, David X. Thomas, Zhicheng Chen, David Mengel, Takashi Saito, Takaomi Saido, Peter Rudge, Sebastian Brandner, Dominic M. Walsh & John Collinge, 13 December 2018, Nature volume 564, pages 415–419 (2018) 

研究者は、「ヒトでの可能性は低い」としていますが、既にヒトでも起こっていることを示す症例が報告されている(下の2016年のブログ参照)のですから、手術を受ける人は、安心はできませんよね。


議論の経緯・詳細については、2016年のブログ記事をご覧ください。

以下2016年3月24日のブログ記事を再掲

2016年3月16日のサイエンス誌『ネイチャー』のオンライン版にひとつの評論が掲載されました。その内容に驚きましたので、要約してお伝えします。

評論全文を原文でご覧になりたい方は、こちらをご覧くださいね。

2015年1月の『ネイチャー』で報告された『Can you CATCH Alzheimer’s?(アルツハイマー病は感染するのか?)』という研究論文は、

神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病など)が実は感染する病気かもしれないという事例を報告しています。

その直後から、現在、多くの検証研究・調査が行われているとのことです。

その論文の筆者ジョン・コリンジ神経学博士と病理研究者達は、成長ホルモンの投与を受けた4名の脳の検死を行っていました。コリンジ博士は、ロンドンの国立プリオン病クリニック(National Prion Clinic)の所長です。

1958年から1985年までの間、成長不良の治療のために、世界中で約3万人の子供が、この成長ホルモンの投与・注射を受けています。投与に使用された成長ホルモンは、亡くなった人の脳下垂体から抽出したものが使用されていました。日本でも行われています。

しかし、抽出した成長ホルモンの中には、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)に罹っていた人から採取し、異常なプリオン蛋白に汚染されていたものがあったことが後に判明し、結果、投与を受けた人の死亡が報告されています。2012年現在の統計では、成長ホルモンの投与を受けた人のうち既に226名が汚染された成長ホルモンによって死亡しているとのことです。

異常プリオン蛋白が発生する機序はまだ判明していませんが、異常プリオン蛋白が脳に沈着すると脳神経細胞の機能が障害を受け脳がスポンジ状になり死亡します。プリオンの感染から異常プリオン蛋白が発生し病気を発症するまでには長い年月がかかりますが、一旦、異常プリオン蛋白が発生すると進行は早く、多くの人が40代で死に至る病気です。

検死対象の4名も40代から50代で死亡してしまった方々でした。

コリンジ博士達を驚かせたのは、異常プリオン蛋白による脳へのダメージではなく、彼等の脳に、アルツハイマー病患者に特有の白っぽいプラークが点在していたことでした。

まだ40代から50代の4名全員の脳でこれらのプラークが発見されたということは、成長ホルモンが投与された時に、プリオン蛋白といっしょに、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβ蛋白の“種”も、うつされてしまっていた可能性が疑われました。

もしこの疑惑が正しければ、

手術や輸血や臓器移植などの医療行為によって、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβ蛋白の“種”が人から人へ感染する危険性を意味します。

これが、アルツハイマー病がうつる可能性を示唆した最初の事例となりました。

この事例報告を受けて、米国の疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)と国立保健研究機構、フランスのピティエ=サルペトリエール病院(Pitié-Salpêtrière Hospital)が、保管している大量のデータベースの確認作業を開始しています。結果は、まだ報告されていません。

スイスのチューリッヒ大学病院内の国立プリオン病研究センター(National Prion Diseases Reference Center)は、スイスとオーストリアのプリオン病患者7名の脳の検査を行い、アミロイドβ蛋白のプラークを発見したと報告しています。また、日本の金沢大学の附属病院副病院長である山田正仁教授は16名の患者の脳を検査した結果、アミロイドβ蛋白のプラークを発見したと報告しています。

しかし、こうした疫学研究は、状況証拠を積み上げることはできても、アミロイドβ蛋白が注射や手術によって感染すると証明することはできません。なぜなら、対象者の脳には、初めからアミロイドβ蛋白の“種”が存在したのかもしれませんし、ライフスタイルや食生活による影響や、病歴などによる影響を排除することができないからです。

現在の科学では、アミロイドβ蛋白の“種”がどのような形をしているのかすら判明していないので、そもそも、見つけることもできません。アミロイドβ蛋白として発現した後にのみ発見が可能なのです。

ただ、2013年に発表された論文では、

アミロイドβ蛋白には、いくつかの種類があり、それぞれ3D(立体)構造に違いがあり、アルツハイマー病の進行度合いに違いを生じさせていることが報告されています。

こうした研究が進み、アミロイドβ蛋白の“種”についても、その形状や構造が判明する日が早く来ることを祈ります。

形や構造がわかれば、早い段階で“種”を発見し排除できるので、脳ドッグなどで処置できるようになる可能性があるそうです。

では、“種”の形が判明するまでの間、どうしたらいいのでしょうか。

アミロイド蛋白は、接着剤の様に手術器具に貼りつき、通常の洗浄・殺菌方法では洗い落とすことができない

そうです。特殊な方法が必要なのだそうです。

もし、本当に、アミロイドβ蛋白の“種”が、人から人へ感染するのだとしたら、せめて、その形が判明するまでは、手術器具は全て特殊な方法で洗浄するか、使い捨てにするかにしてほしいものです。日本では、ほぼ、使い捨てだと思うのですが、大規模な手術装置?器械などは、使い捨てができないように思うのですが、どのような扱いになっているのでしょう。心配ですね。

ちなみに、

アルツハイマー病の人と接触しても感染しません。

輸血や手術や臓器移植など、相手の蛋白質を自分の細胞内に取り込むような行為が行われなければ感染しないと研究者達は述べています。

ネイチャーの編集者も「あくまでも可能性が、現在、調査されている」ということを認識し、むやみにパニックに陥って、アルツハイマー病の方々への差別等につながらないように、冷静に対応してほしいと書いています。

感染を予防するために、私達ができることはあまりないように思います。

でも、これから輸血を伴う手術などを受ける予定のある方は、手術器具の取り扱いについて、病院に確認することはできますよね。これは、出所も判らないいい加減な噂話ではなく、ネイチャーに掲載された論文に基づく事実なので、必要があれば、医者に原文を見せて、相談することもできるように思います。

この事実を知っているか知らないかは、何十年後かに、大きな違いを生むように思います。

 

アルツハイマー病・認知症(1)予防と改善
アルツハイマー病・認知症(2)予防と改善の食事(つづき)
アルツハイマー病・認知症(3)予防と改善の食事(つづき)
アルツハイマー病・認知症(4)予防と改善のライフスタイル

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.