ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

気になるまぶたのピクピクや脚のヒクヒクが起こる原因と解決法

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

今までに、目の周辺や足首やふくらはぎ、指やひじの周辺で、ピクピクする小さな痙攣(けいれん)が起きたことはありませんか?

たぶん、ほとんどの人が、そうした小さな痙攣を経験したことがあると思います。

小さな痙攣(ピクピクとかヒクヒクとか)は、しばらく不快ですが、気がついたら消えていることがほとんどで、普通のことです。

この症状には実はちゃんとした医学用語があり「良性線維束性収縮」といいます

「良性」とついているくらいですから、まぶたがヒクヒクしたり、太ももがつったりする、たまに起こる小さな筋肉の痙攣が、深刻な神経障害のサインであることは、めったにありません。

実際、症状がおさまる前までには、ヒクヒクしている大体の原因に見当がついているのではないでしょうか。

とはいえ、まぶたが3日間ずっと痙攣していたら、かなりウザいと思います(笑)症状が数日、場合によっては1〜2週間続くこともありますが、良性筋線維束の原因は、簡単に追跡できます。

もちろん、症状がそれ以上続く様な場合には、ちゃんと病院で診てもらってくださいね。

良性線維束性収縮の原因と解決法

カフェインの摂りすぎ

コーヒー、レッドブルやエスプレッソなどカフェインの含有量が多い飲み物を多く飲むことで起こります。

カフェインは、神経回路でカテコールアミンという種類のホルモン(神経伝達物質)を増加させます。ドーパミンアドレナリンのことです。これらの神経伝達物質は、センシティブな人の皮膚をピクピクさせたり、ヒクヒク痙攣させたりします。体内でカテコールアミンが分解されるまで、症状は続きます。

少しカフェイン飲料を控えましょう。

喫煙

タバコのニコチン成分の刺激によって、良性線維束性収縮が起こることがあります。

この理由だけでなく、その他のたくさんの理由から、タバコはやめた方が賢明です。

運動

有酸素でも無酸素でも、運動やワークアウトの最中や後で、良性線維束性収縮が起こることがあります。特に、前腕、ふくらはぎ、太もも、お腹、背中でよく起こります。

原因は、筋肉細胞への乳酸の蓄積です。乳酸が解消されれば、痙攣は止まります。乳酸を早く流してしまうような運動後のストレッチなど、アフターケアが大事ですね。

もちろん、痙攣が止まらない場合には、医師の診断を受けてください。

栄養バランス失調

特定の栄養素の不足や偏りによっても痙攣は起こります。

この後、良性線維束性収縮を起こす特定の栄養素について、また、その他の原因について「限定公開記事」でお伝えしてます。

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に、ご登録ください。
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.