ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

ビタミンDには2種類あるんですよ

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

ビタミンDは、食品から摂取できるだけでなく、私達も日光浴し紫外線を浴びることで体内で造り出すことができるビタミンです。

ビタミンDの食物摂取基準

推奨値は、1日に8.5μg以上です。そして、上限値は、1日100μgです。

通常の食事から摂取する場合には、特に、問題はないと思いますが、サプリメントから摂取する場合には、くれぐれも上限値に気を付けてくださいね。

ビタミンDの副作用

はい。副作用です。ビタミンDは、脂溶性ビタミンです。

ビタミンには、ご存じのとおり、水溶性と脂溶性の2種類があります。

水溶性ビタミンは、食品から摂るのであれば、摂り過ぎたとしても、必要のない分は尿と一緒に排出されてしまいますから心配はいりません。(サプリメントから摂る場合は、やはり上限がありますから使用量に注意してくださいね。)

しかし脂溶性ビタミンは、食品から摂ってもサプリメントから摂っても、排出されずに体内にとどまってしまうので、不足しても問題ですが、多く摂りすぎても、体に変調が起こります。

ビタミンDの過剰摂取による副作用

ビタミンDの摂り過ぎは、

  • 高カルシウム血症
  • 腎障害
  • 軟組織の石灰化障害
  • 心疾患など

を起こすことが知られています。

ビタミンDの効能

  • 骨を造る
  • 大腸がん予防
  • うつ病予防
  • 非アルコール性脂肪肝の改善

など、詳しくは、『日光浴が必要な4つの理由|ビタミンDのドミノ効果』をご覧ください。

ビタミンDの多い食品トップ10

ビタミンDは、どんな魚にも必ず含まれています

が、その他の食品では、とても限定的な食品、例えばキノコ類と卵黄にしか含まれていません。

例えば、乾燥きくらげにはビタミンD が豊富に含まれ、1日約1g(乾燥黒きくらげ、4枚程度)で少し8.5μgを下回るくらいのビタミンDを摂ることができます。

海外でも注目のスーパー菌類-日本の椎茸

ビタミンDには2種類あるんですよ

  • 動物が作るビタミンDは、D3
  • 植物が作るビタミンDは、D2

で、型が異なります。

私達ヒトは、動物ですから、私達の体内で造られるビタミンDは、D3です。魚などの動物性食品に含まれているものも、当然、このD3です。

しかし、キノコ類などの植物性の食品に含まれているものは、D2という異なる型のビタミンDです。

厚生労働省の食品成分表では、D3とD2を区別していないことが残念です。ビタミンD2も私達の体内では、力は弱いものの D3と同様の働きをすると言われきましたので日常的には問題はありません。

しかし、病気治療目的での近年の臨床研究では、D3に限定した研究が多くなってきていることを鑑みても、やはり、型が違うということには意味があると思わざるを得ません。

私達が体内で作るものと異なる型のビタミンDであることから、キノコ類からだけでなく、動物性食品や日光浴することで、万遍なく、ビタミンDを摂りたいですね。

ビタミンDの多い食品11位以下

トップ10入りはしませんでしたが、1日の推奨量の8.5μgを楽にとれそうな食品群です。

 参考:

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.