ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

人間関係が煩わしく感じている人は○○が不足しているのかもしれません

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

睡眠不足の人は周囲を孤独にさせる

(裏付けとなる研究論文は、最後に参考文献として一覧にしています。)

睡眠が不足している人は、ひきこもりがちになり、接触した人をも孤独にさせることを報告した論文が、サイエンス誌『ネイチャー』に掲載されました。

しかし、被験者が18名と少ないため、また、男女比や年齢や人種などもわからないので、万人に当てはまる結果かどうかはわかりません。

と、断りを入れておきます。

研究では、健康な成人を一晩徹夜(断眠)させた後、社交性を調べる心理テストと脳の活動領域の検査を受けてもらっています。

断眠すると人を避けるようになり他者まで孤独にする

心理テストの結果、徹夜(断眠)した人は、他者との関りを避ける傾向を示しました。

脳の活動領域の検査の結果では、他人が接近すると警告を発する脳の領域が活性化しました。

被験者の様子をビデオ撮影して、睡眠不足ではない健常者1,000人以上に観てもらったところ、「断眠/徹夜した人は、孤独そうに見える」と、感じた人が多く、また、「自分の孤独感も増した」と、報告した人が有意に多かったそうです。

つまり、徹夜明けの人は、「近寄らないで」「放っておいて」「ひとりにして」という傾向が高まり、そのオーラが周囲の人に伝わるだけでなく、第三者の孤独感まで増幅してしまうわけです。

睡眠不足の人のネガティブなエネルギーは、かなり強そうです。

人間関係に積極的になれない人

人間関係が煩わしく感じている人、自分は人見知りだと感じている人、周囲の人達となかなか親しくなれないと感じている人は、もしかして睡眠不足あるいは睡眠の質が悪くありませんか?

もし睡眠時間が十分にとれていなかったり、就寝中に何度も目が覚めるなど睡眠の質があまり良くないために、親し気に近づいてくる人に対して、脳の警戒領域が不必要に発動しているために、無意識のうちに他者を警戒したり、他人との関係を煩わしく感じたり、人見知りになったりしているだけなのかもしれません。

また、緊張感は相手に届くものですから、あなたの無意識の警戒心による緊張を周囲が感じとり「近寄らないで」というサインのように受け取られてしまっている可能性もあります。そのため、なかなか周囲との距離を縮めることができないのかもしれません。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

もし睡眠不足あるいは睡眠の質が悪いのであれば、ぐっすりと良質な睡眠をとる工夫をしましょう。しっかり眠ることを習慣にしましょう。

睡眠をしっかりとるだけで、周囲の人達との関りが苦手ではなくなるかもしれません。知らない人への緊張感が減るかもしれません。近寄りがたいというイメージを払拭できるかもしれません。

たかが睡眠、されど睡眠。

睡眠が、私達自身の健康だけでなく、人間関係まで改善してくれるかもしれないという今回の研究成果は、とても嬉しい結果ではないでしょうか。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

参考文献:

Sleep loss causes social withdrawal and loneliness”, Eti Ben Simon & Matthew P. Walker, Nature Communications, volume 9, Article number: 3146 (2018), 14 August 2018

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.